広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

February 17,2020 (Mon)
プラネタリウムのふたご

注目の若手実力派俳優、永田崇人と阿久津仁愛のW主演する、音楽劇『プラネタリウムのふたご』のオールキャストが発表された。

この物語の主人公で、プラネタリウムに捨てられ、彗星にちなんで名づけられたふたごの兄弟、テンペルとタットルを永田崇人、阿久津仁愛が務める。

追加決定したキャストは、ふたごの育ての親になるプラネタリウムの解説員で、通称“泣き男”役に、昨年の舞台「hymns」で主人公の画家オガワ役を11年ぶりに演じて高い評価を得た佐藤アツヒロ。永田演じるテンペルが成長し、入団した手品師一座のテオ座長役には、二枚目役からコメディリリーフ、演出から振付までこなすマルチプレイヤーの大澄賢也。工場長役には、いしいしんじ×ウォーリー木下の一作目となった『つながる音楽劇 麦ふみクーツェ~everything is symphony!!』(15)にも出演した松尾貴史。
そのほか、前島亜美、菊池修司、彩吹真央、春風ひとみほか、さまざまな分野で活躍する面々が集結した。
また音楽は、いしいしんじ作品の音楽劇『麦ふみクーツェ』で、童話的な世界観を見事に彩ったトクマルシューゴが担当。作詞は、ミュージカル『リューン~風の魔法と滅びの剣~』でウォーリー木下演出と絶妙なタッグを組んだ森雪之丞。
さらにプラネタリウムのシーンには、日本で唯一の“プラネタリウムクリエイター”大平貴之の監修のもと、スーパープラネタリウム「MEGASTAR」が活躍する予定。そして、ミュージカル「リューン~風の魔法と滅びの剣~」を手がけたスタッフが再び総結集。ウォーリー木下の、唯一無二の世界を創り上げる。

チラシ2
■ストーリー
だまされる才覚がひとにないと、
この世はかさっかさの世界になってしまう。


星の見えない村のプラネタリウムで拾われたふたごの赤ん坊。
彗星にちなんで名前をつけられたふたごは、星の語り部の男に育てられ、
ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。
おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?


【原作】
いしいしんじ(講談社文庫)
【演出・脚本】
ウォーリー⽊下
【音楽】
トクマルシューゴ
【作詞】
森雪之丞
【出演】
永田崇人 阿久津仁愛/佐藤アツヒロ/
前島亜美 菊池修司 サイクロンZ 冨森ジャスティン
中山昇 山﨑秀樹 安田カナ 黒木夏海 谷啓吾 田鍋謙一郎/
彩吹真央 春風ひとみ 大澄賢也 松尾貴史
【愛知】
2020年6⽉27⽇(⼟)~6⽉28⽇(⽇) 東海市芸術劇場⼤ホール
【東京】
2020年7⽉1⽇(⽔)~7⽉5⽇(⽇) ⽇本⻘年館ホール
【大阪】
2020年7⽉9⽇(⽊)~7⽉12⽇(⽇)  COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
【チケット】
2020年5月16日(土)発売

2020年アーカイブ

PAGE TOP
February 16,2020 (Sun)
4Dビジュアル

5月8日(金)より東京・紀伊國屋ホール、5月23日(土)より大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演されるエン*ゲキ#05『- 4D -imetor』のメインビジュアルが発表された。奇術と謎解きと演劇の融合を謳う本作に相応しく、生駒里奈演じる少女ノアの不可思議さと、池田純矢演じる渡来の、とことん謎を追求し続ける冒険心あふれるビジュアルが完成した。

W主演を務めるのは、バラエティー番組などでマルチな才能を発揮し、近年は女優として益々存在感を増している生駒里奈と、作・演出に加えて大任に挑む池田純矢。そして、舞台「魔界転生」での妖艶な存在感や先日千穐楽を迎えた舞台「刀剣乱舞」での好演も記憶に新しい玉城裕規、配信ドラマ「仮面ライダーブレン」や舞台『崩壊シリーズ「派」』出演、OFFICE SHIKA PRODUCE「罪男と罰男」で主演を務める松島庄汰、柔らかな雰囲気ながら芯の強さを感じさせる佇まいと「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageの主演・緑谷出久役でのキレのあるアクションも披露した田村心。また、今作の四次元世界を表現するのに欠かせないイリュージョンの監修も担う新子景視といった個性豊かなキャストが揃う。さらに、硬軟自在に演じ分け、独特の存在感を醸し出す阿南健治も出演決定。ついにベールを脱いで動き始めたエン*ゲキシリーズ最新作に期待が集まる。チケットは3月22日(日)より一般発売。ほか詳細は公式サイトへ。

4D_チラシ

■ストーリー
私設研究機関「渡来超能力研究所」の所長・渡来暦は世間からオカルトマニアの変人と噂されながらも、超能力の解明に明け暮れていた。
ある日、研究所の壁面からまるでテレポーテーションのように突如出現する記憶を失った謎の少女・ノア。
ルーツを辿る唯一の手がかりは「ノア、必ず帰ってこい。渡来超能力研究所で待つ」と書かれた血まみれのメモ。
時を同じくして、首相官邸ではテロ組織が超能力でも無ければ不可能な手口で総理を人質にとり、立て籠もるという事件が発生。
渡来は、ノアやテロ組織ら超能力者を、三次元の肉体を持ちながら四次元世界に干渉できるように進化した新人類"4Dimetor"と推論し、事件の真相を追う。
一方、政府の「国立研究所」では何やら不穏な気配が立ち込めていた。
失われた記憶、血まみれのメモ、テロ組織の目的、国立研究所の闇...あらゆる謎が、パズルのピースを埋めるように次々と解き明かされていく。


【作・演出】
池田純矢
【出演】
生駒里奈×池田純矢
玉城裕規/松島庄汰 田村心 新子景視
藤澤アニキ 北村海 町田尚規 前田りょうが 相田真滉
阿南健治
【東京】
2020年5月8日(金)~5月18日(月) 紀伊國屋ホール
【大阪】
2020年5月23日(土)~5月24日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

–4D– i m e t o r

PAGE TOP
February 15,2020 (Sat)
舞台1
中央奥 りょう
(C)2020『偽義経冥界歌』撮影:田中亜紀

生田斗真主演の2020年劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』が東京・TBS赤坂ACTシアターにて2月15日(土)に開幕する。

舞台2
藤原さくら
劇団☆新感線は、旗揚げ39周年に当たる2019年から2020年にかけてを“サンキュー興行”と銘打ち、2019年の3月から4月にかけて大阪、金沢、松本にて、座付き作家の中島かずきによる脚本と、主宰のいのうえひでのり演出にて本作を上演。そして約10か月の時を経て、“サンキュー興行”の締めくくりとなる、東京、福岡公演を行う。
物語のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経の、偽物説、影武者説といったドラマティックなエピソードをベースに、義経が実際に奥州に匿われていたという史実と奥州三代の盛衰の行方を絡めつつ物語は展開。主人公の偽義経を中心としながらも、まるで群像劇のようなそれぞれの人間ドラマも堪能できる作品であり、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメントだ。

舞台3
左 粟根まこと
この劇団の記念すべき公演の主演は、新感線には4回目の参加となる生田斗真が務めます。共演には、りょう、中山優馬、藤原さくら、山内圭哉、早乙女友貴、三宅弘城ら豪華なゲストが顔を揃えた。さらに、2017年の『メタルマクベス』disc1にて退団以来21年ぶりに劇団公演に参加した橋本さとし、もちろん、粟根まことをはじめとする劇団員らも舞台を彩る。

舞台4
早乙女友貴
そして更に、本公演にて史上初、生田斗真が主演する舞台のライブビューイングの開催が発表された。ちょっとした小ネタや表情の機微といった、劇場では観ることができない役者の繊細な演技を大スクリーンで楽しむことができるのが魅力だ。


舞台5
左から 三宅弘城、橋本さとし、山内圭哉
劇団☆新感線主宰・演出:いのうえひでのりコメント
今回は昨年すでに公演をしているので、みんな役の深さやとらえ方などの役が自分の物となってからのスタートとなり、ゼロから作り上げるのとは違う、良い状態から稽古ができました。そんな中で(橋本)さとしは、(稽古期間含めて)昨年約半年やったよね?!(その経験はどこへ?)という新鮮な間違い方をして、稽古場を笑かせてくれました。
主演の(生田)斗真は、良くできた完璧な子。あの高校生がよくぞここまで育ってくれたな、と。オールマイティで何でもできる、カンパニーのこともきちんと考えてくれています。今回はセットが過酷なので、この先の長い公演で体を壊さないことだけが心配です。
『偽義経冥界歌』は“ザ・中島かずき”作品です。映画「プロメア」で新規のお客さんが増えて、初めて触れる生の中島節を楽しんでもらいたい。また、2014年の「蒼の乱」以来、東京では6年ぶりの王道“いのうえ歌舞伎”の新作でもあります。昨年の地方公演で確かな手ごたえを感じましたし、自信をもってお届けできる作品に仕上がっていると思います。
そして、新感線ならでは、老若幅広い世代が入り混じって漫画みたいな芝居をやっているカンパニーはあまりないと思うんです。39年の歴史があるからこそできる、こんなことばっかり何年もやってきた蓄積が出てるのではないかと思います(笑)
ライブビューイングはIHIステージアラウンド東京の公演では経験していますが、そこ以外では初めてのこと。信頼するウチの映像チームによる撮影なので、生放送の迫力や劇場と同じ臨場感や時間を共有してもらえると思います。ぜひこちらも楽しんで欲しいですね。

源九郎義経役:生田斗真コメント
ようやく東京、博多のお客様にみていただける時が来たなと思っています。かなり完成度の高い状態だと思うので、とにかく存分に楽しんで頂きたいです。劇団☆新感線史上最大の立ち回りの分量です。役者がとにかく走る!闘う!飛び回る!ここでしか体感できない興奮を是非味わってほしいです!
 今回ライブビューイングの開催が決定したんですよね。初めての舞台生中継体験です!ドキドキ!噛んだらどうしよう。全国の映画館に集まったお客さんにバレてしまう。。皆さんどの土地のどの映画館にいても気持ちは一つ!オラに力を!一緒に同じ時間を楽しみましょう!
 公演時間はそこそこ長いよ。厠(かわや)はお早めに。


偽義経冥界歌
(C)2019-2020『偽義経冥界歌』
【作】
中島かずき
【演出】
いのうえひでのり
【出演】
生田斗真/
りょう 中山優馬 藤原さくら/
粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴/
三宅弘城/橋本さとし

右近健一 河野まさと 逆木圭一郎 村木よし子 インディ高橋 
山本カナコ 礒野慎吾 吉田メタル 中谷さとみ 保坂エマ
村木 仁 川原正嗣 武田浩二 

狩野新之介 鈴木智久 山﨑翔太 渡部又吁 小板奈央美 後藤祐香 齋藤志野 鈴木奈苗
藤家 剛 川島弘之 菊地雄人 あきつ来野良 藤田修平 北川裕貴 紀國谷亮輔 下島一成


【東京】
2020年2月15日(土)~3月24日(火)TBS赤坂ACTシアター
※チケット情報は公式サイトにて
【福岡】
2020年4月4日(土)~28日(火)博多座
※チケット発売中
ライブビューイング
【日時】
2020年3月19日(木)12:30/18:00公演
※2回上映。映画館によってはどちらかの回のみの上映。
【会場】
新宿バルト9他、全国映画館 約100館にて上映(予定) 
※最新の上映館情報は公式サイトにて

偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)

PAGE TOP