広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
CONTACT
HOME


NEWS

July 10,2020 (Fri)
プレイタイム7
撮影:大久保惠造

新型コロナウイルス感染拡大の影響による休館から約4ヶ月、シアターコクーンが、岸田國士の戯曲で2020年7月12日(日)に劇場初のライブ配信に挑む。
配信に先立ち行われた舞台稽古にて森山未來と黒木華が意気込みを語った。

プレイタイム1

その再始動作はシアターコクーンでの上演が初めてとなる岸田國士の数々の戯曲。岸田國士の「恋愛恐怖病」を軸に、とある男女が、他愛ない会話を重ねスリリングに関係を変えていく様を、シアターコクーンでは『プルートゥ PLUTO』や、『メトロポリス』『オイディプス』などに出演、国内外のアーティストと挑戦的な作品作りを続ける森山未來と、確かな演技力と柔軟な発想力で幅広く活躍、多くのクリエイターから厚い信頼を得ている黒木華が演じる。

プレイタイム2

「劇場から演劇を発信したい、劇場の空気を感じてほしい」と考えていたシアターコクーンと、ICTを活用した文化芸術振興にかねてから取り組んでいるNTT東日本の協力により実現したこの企画は、今までの舞台中継とは一味違う、“ライブ配信のための演劇”を模索し、映像とライブパフォーマンス両方の“いいとこ取り”な作品を目指す。その鍵を握るのは、シアターコクーン初登場の若きアーティストたち。歌舞伎から現代劇まで多彩な演目にシャープな目線で斬り込む杉原邦生。劇場機構を大胆に使ったパフォーマンス作品「インターンシップ」を始め、空間の環境的文脈を辿り、その根幹にあるものを描き出す梅田哲也。さらにBaobabの北尾亘、ミュージシャンの角銅真実ら7名の生演奏も加わって、劇場に新しい風を吹き込む。

プレイタイム4

【『プレイタイム』作品について】
眠っていた劇場に次第にスタッフが集まり仕事を始める。すると、空っぽの劇場に俳優の声が響き渡り、岸田國士の作品世界が立ち上がっていき……。
本作では観客の記憶にある劇場、カメラが捉える劇場、演劇に満たされていく劇場など、シアターコクーンの多彩な表情にアプローチ。映像と演劇の境界を泳ぎながら「演劇とは何か?」に迫る。

プレイタイム3
【森山未來コメント】
普段シアターコクーンさんと仕事をさせていただく時は、脚本があっていろいろ決まっていることの中に入っていくのが基本。でも今回は、立ち上げから関わらせていただいて、何を作るかみんなで話し合うというところから作ってきました。フレミングがはっきりして作るものは硬質なイメージだけど、今回は生まれたての何かしらの柔らかさがあるような、そういったものを扱っている感触があります。
この作品は、配信と謳っていますが、当日は観客もいて僕としては不思議な感覚になると思います。いわゆる演劇を映像用に収録する作品ではないので、映像として楽しめる作品になっていると思います。その中で、華ちゃんと作り上げている言葉の世界、演劇の世界をどう体感してもらえることになるのか。まだ作り途中ですが(!)、生で見る、体感することが演劇体験なのならば、それって何だろうと一緒に考える時間になって欲しいなと。
観劇に食指が動かない人や、演劇というものに抵抗がある人、いろんな角度の人からこの作品を見てもらってどう感じるのかを僕は知りたいです。 

プレイタイム5
【黒木華コメント】
本番への手ごたえはまだわからないのですが、初めてご一緒する梅田さん、杉原さんと、これまで立たせてもらっていたシアターコクーンで、劇場のあらゆるものを使って一つの新しいかたちの作品が出来上がっていく、動き出していくのを体感できることがすごく楽しく、自分の中になかった新しい発見もあることがとても面白いです。
未來さんとの共演は、未來さんにどういう風に見られているのかちょっと怖いです(笑)。
未來さんが面白がってくれることをやりたいけど、自分も楽しんでいなければいけないし、観ている方をハっとさせたいし、そういう方が面白いと思うんです。
劇場に来たくても来られない方たち、舞台が好きな方たちにはもちろんそうですが、お芝居を観たことのない方が映像で観て、生でいつか観てみたいなとも思ってもらいたいです。
パソコンや携帯、テレビなどの平面の中でもそこに座っているかのように劇場の空間を感じてもらえるように、頑張りたいです。

プレイタイム6

【原作】岸田國士「恋愛恐怖病」ほか
【構成・演出】梅田哲也
【演出・美術】杉原邦生
【出演】森山未來、黒木華、北尾亘
【演奏】角銅真実、秋生智之、ハラナツコ、竹内理恵、巌裕美子、千葉広樹、古川麦

【ライブ配信日】2020年7月12日(日)
【チケット発売日】2020年7月9日(木)10:00~7月12日(日)23:59
【会場】Bunkamuraシアターコクーン
 
詳細は「プレイタイム」公式サイトにて

2020年アーカイブ

PAGE TOP
July 10,2020 (Fri)
村上信五

村上信五による『If or…』(読み:イフオア)を、東京オリンピック2020が開幕予定であった“スポーツの日”に一夜限りの生配信公演『If or…NEO』として開催する。

『If or…』とは、関ジャニ∞としての活動のみならず、個人としてもバラエティー番組やラジオのMCなど多方面で活躍する村上信五が2009年から2018年まで、作・演出・出演全てを担当しセルフプロデュースして上演した一人舞台だ。
タイトル通り、“もしも村上が○○だったら~”という設定のもと、多彩なエンターテイメントの要素を用いて毎年新しい演目に挑戦し、1人舞台の可能性の限界を超えるべく、10年にわたり意欲的に取り組んでいる。
シリーズ通算公演回数300回を迎えた『If or…X』でファンに惜しまれながらも一旦幕を下ろしたが、約2年半の充電期間を経て『If or…NEO』として、生配信という新たなフィールドで『If or…』の聖地・東京グローブ座にて1夜限り復活する。

今回の『If or…NEO』は、「今できることを、できる限りやってみよう」というコンセプト。
配信視聴チケットを購入後、村上考案のアンケートに事前投稿しておくと、当日、舞台上の村上信五が画面越しに掛け合うなど臨場感満載の演出も用意されている。観客の声も直接取り入れ、これまでの公演とも一味違う、村上ならではのエンターテイメントに挑戦する。また、生配信を視聴しながら村上考案オリジナルグッズが購入できるという試みもある。

新生『If or…』といえど、あの“先生“は今度はどんな事をするのか?
定番のジャニーズイジリネタは繰り出されるのか?など気になる要素も盛りだくさん。村上による新たな『If or…NEO』に期待が膨らむ。


【村上信五コメント】
こういう世の中であっても、新しいエンターテイメントの形を模索していくのが僕らの役割だったりもするので、僕に今できることは何かな・・・と考えて『If or…』の生配信をやってみることにしました。生配信ならば、日本全国の皆さんとリアルタイムでコミュニケーションを取ることができますし、『If or…』で作ってきた舞台の空気感も表現できるのかな、と思いまして。せっかくなので、新しい映像システムも取り入れてみたりしながら、配信を見終わったあとに、「まぁ、なんか楽しかったな~」と言ってもらえるような作品にできればと思っています。肩に力は入ってませんので(笑)。タイムラグや回線トラブル、皆さんの通信環境も違ったりもすることで、全部が全部計算通りにはいかないかもしれませんが、それもこれも今回ならではの楽しみ方として受け入れてもらえると嬉しいです。


【配信概要】

【作・演出・出演】村上信五
【ライブ配信日時】2020年7月24日(金・祝)20:00~ (約90分予定)
【チケット発売】7月10日(金)12:00~7月24日(金)21:00まで
※見逃し配信なし。
【チケット料金】会員2,500円 一般3,000円
※会員価格はジャニーズファミリークラブ 関ジャニ∞会員が対象


詳細は公式ホームページにて

2020年アーカイブ

PAGE TOP
July 03,2020 (Fri)
十二人の怒れる男
一人の少年の命を懸けた、12人の陪審員たちによる緊迫の法廷劇 COCOON PRODUCTION2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.9『十二人の怒れる男』が2020年9月11日(金)~10月4日(日)までBunkamuraシアターコクーンで上演される。

1957年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作であり、アカデミー賞作品賞・監督賞・脚色にノミネートされた“法廷もの”の最高傑作『十二人の怒れる男』。1954年に放送されたアメリカのテレビドラマだった作品を、ヘンリー・フォンダが惚れ込んで脚本のレジナルド・ローズと共同で製作し映画化。2007年には、ロシア人監督ニキータ・ミハルコフによって舞台設定を現代のロシアに置き換えて映画化、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞やアカデミー外国語映画賞にノミネートされ世界的に高い評価を得るなど、新鮮で多様な視線は色褪せることなく、世界各国で影響を与え続けている。日本でも、筒井康隆作『12人の浮かれる男』や三谷幸喜作『12人の優しい日本人』をはじめ、インスパイアされた作品が数多くあり、日本の劇作家にも多大な影響を及ぼしている。

シアターコクーンでは、日本で“裁判員制度”が始まった2009年、当時の芸術監督・蜷川幸雄演出で上演し、ストーリーを身近に感じることが出来るタイムリーな作品として話題を呼んだ。今年11年の時を経て、シアターコクーンが海外の才能と新たな視点で挑む演劇シリーズ、DISCOVER WORLD THEATREの第9弾としてリンゼイ・ポズナーが演出を担う。
日本初演出となるイギリス人のポズナーは、演劇だけでなく、オペラやテレビの演出も務めるなどマルチな才能を持ち、過去に『死と乙女(Death and the Maiden)』にてローレンス・オリヴィエ賞2部門を受賞するなど英国屈指の実力派だ。

舞台は陪審員室。部屋には陪審員の12人の男たち。
父親殺しの罪で裁判にかけられた17歳の少年は、有罪が確定すると死刑が待っている。
この審議に12人中11人が有罪で一致しているところ、陪審員8番が無罪を主張する。人の命を左右することに疑問を持った8番は、議論することを提案したのだった……
映画では名優ヘンリー・フォンダが演じたカリスマ性溢れる、鋭い知覚を持ち思慮深い陪審員8番を堤真一が演じる。そして、率直で礼儀正しいが仲間意識を好む陪審員長(陪審員1番)にベンガル。型にはまった思考を持つ控えめな陪審員2番に堀文明。騒々しく興奮しやすく息子との関係に問題を抱える陪審員3番に山崎一。雄弁な自信家、冷静沈着で論理的に意見を主張する陪審員4番に石丸幹二。厳しい労働階級の環境で育ち自分の考えに自信を持てない陪審員5番に少路勇介。人情に厚い塗装業者で公平性の持ち主だが自分の鋭い意見はない陪審員6番に梶原善。シニカルな冗談好きで野球の試合に間に合うことばかり考えている陪審員7番に永山絢斗。謙虚で公平な分別を持つ一番の年長者陪審員9番に青山達三。自己中心的で威張り屋、人種差別な側面を持つ陪審員10番に吉見一豊。教養がある知的な紳士だが気難しさを持つ陪審員11番に三上市朗。見た目は良いが調子のよい広告マン、裁判にもあまり真剣に取り組む気がない陪審員12番に溝端淳平。
お互いの名前も知らぬまま、激論の果てに、それぞれが虚栄心を引き剥がされ、弱みをさらけ出し、ぶつかり合うことになる男たち。日本屈指の俳優が一堂に会し、緊迫の会話劇に挑む。

《ストーリー》
蒸し暑い夏の午後、一人の少年が父親殺しの罪で裁判にかけられる。
無作為に選ばれた12人の陪審員たちが、有罪か無罪かの重大な評決をしなければならず、
しかも全員一致の評決でないと判決はくだらない。
法廷に提出された証拠や証言は被告である少年に圧倒的に不利なものであり、
陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。
予備投票が行われる。
有罪11票、無罪1票。
ただ一人無罪票を投じた陪審員8番が発言する。
「もし、我々が間違えていたら……」
陪審員室の空気は一変し、男たちの討論は次第に白熱したものになっていく……

【作】
レジナルド・ローズ
【翻訳】
徐賀世子
【演出】
リンゼイ・ポズナー
【衣裳・美術】
ピーター・マッキントッシュ
【出演】
ベンガル(1番) 堀文明(2番) 山崎一(3番) 石丸幹二(4番) 少路勇介(5番) 梶原善(6番) 永山絢斗(7番) 堤真一(8番) 青山達三(9番) 吉見一豊(10番) 三上市朗(11番) 溝端淳平(12番) 〈陪審員番号順〉
【日程】
2020年9月11日(金)~10月4日(日) Bunkamuraシアターコクーン
【チケット】
前期[9月11日(金)~22日(火・祝)]:2020年8月9日(日)発売
後期[9月24日(木)~10月4日(日)]:後日発表

十二人の怒れる男

PAGE TOP