広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

April 28,2019 (Sun)
WILD

Hey! Say! JUMPの中島裕翔が舞台初主演、初ストレートプレイに挑戦となる「WILD」が4月28日(土)にいよいよ開幕する。初日公演前にはマスコミ向けに公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

本作は、2016年にイギリス・ロンドンで上演された英国気鋭の劇作家マイク・バートレットによる社会派戯曲「WILD」の日本初演。
物語は、2013年にアメリカ合衆国政府の個人情報収集の手口を内部告発しロシアに亡命した、アメリカ国家安全保障局(NSA)の元局員エドワード・スノーデンの事件に着想を得て書かれた。エドワード・スノーデンの事件が象徴する現代世界がさらされている倫理的・社会的脅威、テクノロジーがプライバシーの概念を侵食する社会に対して、バートレットは軽妙さの中で鋭い警鐘を鳴らしている。

出演者はたった3人。
舞台はとあるホテルの一室。
アメリカ人男性アンドリューのもとを訪ねてくる女と男との巧みな会話劇の中で展開するミステリースリラー
何が真実なのか、何を信じる事が出来るのか。

演出は、アメリカ・アクターズスタジオ大学院の演出学科を日本人で初めて卒業したという異色の経歴を持ち、2018年より新国立劇場の新芸術監督に最年少で就任した小川絵梨子が務める。
舞台の初主演を務める中島は、近年、ドラマや映画など映像作品に多く出演し、存在感と演技力で若手実力派俳優として注目を集めている。 そして本作が2012年から13年にかけて上演された「JOHNNYS' World」以来約6年ぶりとなる舞台出演となる。
共演は、舞台・ドラマ・映画でコメディからシリアスまで幅広い作品に出演し、存在感を発揮している太田緑ロランスと、舞台を中心に活躍し、演出を手掛ける小川絵梨子作品にも多数出演し信頼も厚い斉藤直樹。実力派が顔を揃え、あらゆる情報が交錯する現代社会に鋭く共鳴する濃密な会話劇を繰り広げる。

中島裕翔コメント
舞台初主演で、初めてのストレートプレイだったのですが、豪華な面々に囲まれてすごくいい環境でのびのびとやらせてもらっています。
グローブ座の景色、におい、感覚、温度、すべてが新鮮で、毎日が発見の連続で、とても楽しい日々です!
太田さんと斉藤さんのお二人にすごく翻弄される役なのですが、それも楽しみたいし、お二人に負けないように僕も仕掛けていきたいと思っています(笑)。
少しでも関連する情報を入れて観に来ていただけたら嬉しいですが、目の前で起きていること一秒一秒を感じ取って頂きたいです。少し長い公演期間ですがなかだるみせず続けていけるようにまだまだ刺激しあっていきたいです。

 WILD2

太田緑ロランスコメント
セリフも多いですし、中島さんをどう翻弄していったらいいのかとても苦労しました…。でも、演出の小川絵梨子さんがとても丁寧に導いてくださり、今では余裕もできていろんな手で中島さんを翻弄しようかと考えています(笑)。
中島さんはとても素直で柔軟でセンスも良く、一か月の稽古期間で尊敬する役者仲間になっていたので、シャッター音の大きさで「トップアイドルだった…!」と思い出しました(笑)。


 WILD3
撮影:阿久津知宏

斉藤直樹コメント
中島くんは、最初の印象通りのさわやかな好青年で、謙虚な姿勢だし、どんなに忙しくても疲れを見せないタフガイでした(笑)。ハンバーガーを食べながら本読みをするほど雰囲気もいい座組です。稽古場にはいろいろな差し入れが日々あり、座長からもたくさん頂きました。


【作】
マイク・バートレット
【演出】
小川絵梨子
【出演】
中島裕翔 太田緑ロランス 斉藤直樹
【東京】
2019年4月28日(日)~5月25日(土) 東京グローブ座
【大阪】
2019年6月2日(日)~5日(水) シアター・ドラマシティ
【チケット】
当日券情報などは「WILD」公式サイト

2019年アーカイブ

PAGE TOP
April 26,2019 (Fri)
メインビジュアル
Ⓒ舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」製作委員会

「文豪ストレイドッグス」舞台化第三弾、舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」のビジュアルが完成。さらに好評を受けて、2019年7月5日(金)14:00~の東京追加公演が決定、発表された。

「文豪ストレイドッグス」は、2013年にヤングエースにて朝霧カフカ(原作)・春河35(漫画)によりコミックス連載が開始された、架空の都市[ヨコハマ]で繰り広げる異能力アクションバトル漫画。コミックスは現在16巻まで刊行、シリーズ累計600万部を突破している大人気作品となっている。

2017年12月、初の舞台化にもかかわらず全席完売の大ヒットを記録し、翌年には、続編「黒の時代」を上演。いずれも好評を博した。第三弾となる今回も初演、第二弾に続いて演出は中屋敷法仁、作を御笠ノ忠次のタッグが担当。劇中、アンサンブルのダンスを効果的に配した演出や、映像を効果的に使用してより立体的に奥行きのある劇空間を表現、舞台ならではの息吹を与える。アニメ、漫画、文学作品として、そして演劇作品という四方向の視点から楽しめる舞台「文豪ストレイドッグス」に注目が集まる。

本作の舞台は、エピソード0として上演された第二弾「黒の時代」から再び四年後に。異能力を持つ探偵集団「武装探偵社」と、ヨコハマの裏社会に巣食う「ポートマフィア」、そして新たに現れた、北米の異能者集団「組合(ギルド)」、三組織の生き残りをかけた抗争を描く。

出演に、第一弾で舞台初主演を務めあげた鳥越裕貴が、再び「武装探偵社」の中島敦役を演じる。また、初演・第二弾引き続いて太宰治役には多和田任益が、「ポートマフィア」の芥川龍之介役に橋本祥平、中原中也役に植田圭輔をはじめとするキャストのほか、新たに現れた「組合」の団長、フランシス・F 役を君沢ユウキが務め、さらに和泉宗兵、窪寺昭ら気鋭の若手俳優から実力派俳優たちが、架空の都市[ヨコハマ]を舞台に、異能力アクションバトルを繰り広げる。チケット情報ほか詳細は公式サイトへ。

サブビジュアル

▼ストーリー
軍や警察の管轄を越えた荒事を担う「武装探偵社」。
港湾を根城とし、裏社会を取り仕切る「ポートマフィア」。
常人ならざる〝異能の力〟を持つ者たちが
日夜駆く街・ヨコハマ。

そこへ、大国より襲来したる黒船――「組合(ギルド)」。

政財界や軍閥の要職にありながら密謀を働き
都市伝説ともいわれた北米の異能者集団である。

不遜強欲なる団長の名は、フランシス・F。
白虎と化す少年・中島敦に莫大な懸賞金を掛けた
誘拐事件の黒幕でもあった。

政府が秘密裏に発行する「異能開業許可証」の
買収を目論む彼らだが、その実、真に求めるものとは……?

三組織の生き残りを掛けた巨大異能戦争が勃発する!


【原作】
テレビアニメ「文豪ストレイドッグス」
【演出】
中屋敷法仁
【作】
御笠ノ忠次
【協力】
朝霧カフカ、春河35
【出演】
鳥越裕貴 多和田任益 輝馬 長江崚行 桑野晃輔 堀之内 仁
桑江咲菜 今村美歩 齋藤明里 和泉宗兵 橋本祥平 植田圭輔
正木航平 倉知あゆか 夢月せら 窪寺 昭
君沢ユウキ 川隅美慎 村松洸希 香取直登 砂塚健斗
エリザベス・マリー 富樫世羅
永田紗茅

岡村 樹 田中博士 ニノ戸新太 碧 さやか 小林らら
鈴木彩乃 長岡ありさ 山本 華

【岩手】
2019年6月8日(土)~6月9日(日) 北上市文化交流センター さくらホール 大ホール
【福岡】
2019年6月14日(金)~6月16日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【愛知】
2019年6月21日(金)~6月22日(土) 名古屋市公会堂 大ホール
【大阪】
2019年6月27日(木)~6月30日(日) 森ノ宮ピロティホール
【東京】
2019年7月3日(水)~7月10日(水) 日本青年館ホール

2019年アーカイブ

PAGE TOP
April 26,2019 (Fri)
★COL_0074
撮影:岡千里

5月1日(水・祝)から27日(月)まで東京・DDD青山クロスシアターにて上演されるNew Musical『Color of Life』。本日は神奈川・相模女子大学グリーンホール 多目的ホールにてプレビュー公演が行われ、脚本・作詞・演出の石丸さち子、キャストの東啓介、青野紗穂がコメントを寄せた。

演出家・石丸さち子と音楽家・伊藤靖浩のタッグにより初演された本作は、New Yorkで開催されるオフ・オフ・ブロードウェイ演劇祭で、最優秀ミュージカル作品賞、最優秀ミュージカル演出賞、最優秀作詞・作曲賞、最優秀ミュージカル主演女優賞を受賞するなど大好評を博した。2016年には、シアターイーストにて日本初演を果たし、第24回読売演劇大賞上半期「作品賞」と「演出家賞」のベスト5にノミネートされるなど高い評価を獲得。2017年には銀座の博品館劇場でも上演されている。

今回はミュージカルのみならずストレートプレイでも活躍、ノゾエ征爾演出の舞台「命売ります」の主演を務め好評を博した東啓介、パワフルで確かな歌唱力で、ミュージカル作品に多数出演をしている青野紗穂をキャストに迎え、2019年版のNew Musical「Color of Life」を届ける。ほか詳細は公式サイトへ。

★COL_1666r

■石丸さち子(脚本・作詞・演出)
令和初日の開幕を控えて、本日プレビュー公演の幕が開きます。対面客席での上演という大胆な変更で、今まで愛されてきたこのミュージカルは、全く新しい魅力を放ちはじめました。懸命に自分を探したり、愛しい人を思ったり、未来を模索したり、運命を乗り越えようとする時。笑っていても、泣いていても、人間はなんて美しいのだろう、と感じます。
登場人物と俳優、和也/東啓介、レイチェル/青野紗穂、この四人が本当に美しい。様々な場所に変貌する小空間と七枚の絵で、色と光と影の輝かしい瞬間も生まれています。
新しい「Color of Life」に、どうぞご期待ください。

★COL_0878

■東 啓介(画家・和也役)
いよいよNew Musical『Color of Life』が始まります。約一か月間濃密な稽古をしてきました。果敢に挑み、時には沈む時もありましたが、今日まで上を目指して創り上げてきました。初共演となる青野紗穂さんと共にこの作品を盛り上げていきたいと思っています。
この作品は出会いの奇跡と自分探しの話だと僕は思っています。今何かを抱えている人や、これから頑張りたいと思っている人に、誰かと出会いたいという気持ちや、暖かい気持ちになって頂けたらと思います。そしてこの作品の楽曲が本当に素晴らしいので、楽しみにしていただきたいです。
劇場にてお待ちしております!

★COL_1381

■青野紗穂(女優・レイチェル役)
舞台の初日を迎える前、いつもはリラックスできているのですが、今回は、程よい緊張感を楽しんでいます!稽古場でも程よいピリッとした緊張感に包まれ、新しい何かを毎日発見できていたので、幕が開いても毎公演新しい何かが生まれると思っています。
石丸さんは一つ一つの表現に対して、いつも率直に「Yes」か「No」かを丁寧に教えてくださり、そのおかげで毎日新鮮な気持ちで”レイチェル”を生きることができています。
幕が上がるのが本当に楽しみです!この素敵な「出会いの物語」をぜひ沢山の方に届けられたらと思います。

★COL_1543

■ストーリー
男は画家・和也(東啓介)。大震災を機に、画題を見失ってしまった。
女は女優・レイチェル(青野紗穂)。心から愛した同性の恋人と死に別れたばかり。
二人は、飛行機で偶然隣りあわせになり、惹かれあい、N.Y.の彼女の部屋で一緒に暮らし始める。

二重国籍で同性愛者の彼女と、絵を描くこと以外に世界とつながる方法のなかった彼は、相手に向き合い、自分と向き合っていく。パレットの上で混じりあう絵の具のように、人生が響き合い、新しい色が生まれていく。でも、やがて観光ビザの決めた90 日の猶予が近づいてきて……。

★COL_1116

【脚本・作詞・演出】
石丸さち子
【作曲・編曲】
伊藤靖浩
【出演】
東 啓介 青野紗穂
【プレビュー公演】
2019年4月26日(金) 相模女子大学グリーンホール 多目的ホール
【東京公演】
2019年5月1日(水・祝)~5月27日(月) DDD青山クロスシアター

2019年アーカイブ

PAGE TOP