広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

September 28,2020 (Mon)
撮影:濱谷幸江
撮影:濱谷幸江

9月28日(月)東京・EXシアター六本木で開幕した『ハロルドとモード』。初日を迎えるにあたり、G2、黒柳徹子、生田斗真のコメントが届いた。

『ハロルドとモード』は、1971年にアメリカで公開された映画で、ブラックユーモアを随所にちりばめながら、79歳と、19歳という年齢差のあるちょっと変わった二人のラヴストーリーと、生きることの楽しさをコメディータッチに描き、映画の公開から約半世紀たった現在でも多くのファンを持つ作品。

1977年にジャン=ルイ・バローの演出により舞台化された後、同じくバローの劇団の来日公演が上演されるなど、ストレートプレイからドラマリーディング、ミュージカルと、キャストや上演形態を変え幾度となく上演され続けてきた。今作では、これまでに数多く脚本・翻訳・演出を手掛けてきたG2が、新たに脚本を書き下ろし朗読劇として上演する。

79歳のチャーミングな女性モードを演じるのは黒柳徹子、モードに恋する19歳のやんちゃな少年ハロルドに生田斗真、さらに趣里、浜田信也、相島一之、秋本奈緒美と豪華な顔ぶれで、型破りな二人の生き様と恋模様が繰り広げられる。

黒柳徹子

【ストーリー】
自分らしく生きる破天荒な79歳の女性・モード(黒柳徹子)と、狂言自殺を繰り返す愛に飢えた19歳の少年・ハロルド(生田斗真)という、真逆の死生観を持つ二人。共通の趣味である“赤の他人のお葬式への参列”で、何度か顔を合わせたことにより仲が深まり、ハロルドは次第にパワフルな生き方のモードに惹かれていく。周囲の人々は二人の交際にひどく反対するが、おかまいなし。生きることの楽しさをモードから学んだハロルドは、モードの80歳の誕生日パーティーを開くのだが……。 

【上演台本・演出:G2】
Q稽古の手応えはいかがでしょうか?
黒柳さんはとてもキュート。周囲への気遣いもとても自然で、場がとても和らぎます。斗真くんはとてもナチュラル。芝居へかける静かな情熱を持つジェントルマン。他の皆さんも楽しく、かつ、しっかりと物語空間を創り上げようとする姿勢が素晴らしく、稽古場は私にとって癒やしの場。本番が始まれば、次は客席が癒やし空間に早替わりすることでしょう。

Q.作品の魅力を教えてください。
1971年に書かれた原作ですが、今の時代にも古くさくなく新鮮に響くセリフが多く、コロナで疲れた心に、なにか新しい明日へのエネルギーを注ぎ込んでくれるに違いありません。

Q.お客様へメッセージをお願いします。
朗読劇ゆえに俳優は動きませんが、どうか、皆さんの想像力をフル稼働してイメージしてみてください。そこには、人生が豊かになる秘訣がいっぱいある、はず。

【モード役:黒柳徹子】
Q舞台初共演の生田斗真さんの印象をお願いします。
生田さんは、とても大人っぽく男性的なので、私はひきずられっぱなしです。何歳なのかは伺ってないのでわかりませんが、堂々としていて、魅力的です。こういうかたと芝居できてラッキーです。

Q.作品の魅力を教えてください。
よほど人間というものを、よくわかってないとこういう脚本は書けないと思います。重たい死というものをひきずりながら軽々と生活していくハロルドとモード。どれだけ明るくやっていけるか、私は79歳のモードより年上になってしまいましたが、まだ、脚本のモードの心の底はわかっていません。面白い脚本ですね。

Q.お客様へメッセージをお願いします。
朗読劇の面白さを楽しんでくださいませ。みなさまの想像力を沢山、発揮させてハロルドとモードの関係がどうなっていくのか、笑いながら、はらはらして頂けるとありがたいです。相手役の生田斗真さんが男性らしく、魅力的なので、私は、ひきずられっぱなしです。私は稽古中、毎回、終わりのほうで、胸をつまらせています。

【ハロルド役:生田斗真】
Q舞台初共演の黒柳徹子さんの印象をお願いします。
日本にテレビが普及した時から今日に至るまで、たくさんの日本人に愛されて続けている、日本のヒロイン。そんな黒柳徹子さんと恋人役をさせて頂けるなんて夢にも思わなかった事です。稽古場でもいつも可愛いお洋服をお召しになっています。ご自身の信念と誇りを持って毎日を過ごされている姿に沢山のエネルギーと勇気を貰えます。

Q.作品の魅力を教えてください。
なんと言っても、黒柳さん演じるモードが可愛らしい事!そして、人生の色々な事を教えてくれるお芝居です。

Q.お客様へメッセージをお願いします。
人との接点を持ちにくい現在です。それでもお芝居を求めて劇場に足を運んで下さる皆様に全力でお応えしたいと思います。同じ時代に生きて、同じ空間を共有できる喜びと、舞台に立てる喜びを感じたいです。


【作】コリン・ヒギンズ
【上演台本・演出】G2
【出演】黒柳徹子 生田斗真  趣里 浜田信也  相島一之 秋本奈緒美
【東京】2020年9月28日(月)~10月3日(土)EXシアター六本木
【大阪】2020年10月14日(水)・15日(木)シアター・ドラマシティ


『ハロルドとモード』公演情報


2020年アーカイブ

PAGE TOP
September 24,2020 (Thu)
ボンクリ・フェス

作曲家・藤倉大がアーティスティック・ディレクターを務める、伝統音楽から電子音楽まで世界中の”新しい音”が聴けるフェスティバル「ボンクリ・フェス2020」が9月26日に東京芸術劇場で開催される。
コンサートホールでおこなう出演者勢揃いのスペシャル・コンサート、アーティストの「好きなこと」を詰め込んだワークショップ・コンサート、そして、もちろん誰でも楽しめる無料プログラムも用意されている。

詳細は公式サイトへ

「ボーン・クリエイティヴ」、略して「ボンクリ」。これは、「人間は皆、生まれつきクリエイティヴだ」という意味で。このフェスティバルを通じ、より多くの人々が「新しい音楽」に触れ、子どもの頃の感性を呼び戻し、今後も「新しい音楽」への興味を持ち続けるようになれば、と行われ2020年で4回目を迎える。
今年は新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置により、一部のアーティストの出演を見送ることになってしまったが、この「特別な状況」を生かして、日本にいる常に新しい音を追求しているアーティストたちが参加する。

アーティスティック・ディレクター:藤倉大

【出演】
アンサンブル・ノマド(現代音楽アンサンブル)
佐藤紀雄(指揮・ギター・語り)
吉田誠(クラリネット)
八木美知依(筝)
ダースレイダー (声)
大久保利奈(グラスハープ)
永見竜生[Nagie](エレクトロニクス)
大友良英
ノマドキッズ
東野珠実(笙)
山田文彦(篳篥)
石丸耕一(「トーンマイスター石丸の部屋」講師)
藤原道山(尺八)
本條秀慈郎(三味線)
木村麻耶(箏)
磯貝真紀(箏)
高橋弘子(箏)
野口貴子(箏)
長谷川将山(尺八)
笠原道樹(尺八)
庄野文山(尺八)

…and more!

都合により出演者が変更になる可能性あり

【作曲】
天野千亜紀
アレハンドロ・ビニャオ
池田拓実
牛山泰良
エリアーヌ・ラディーグ
エリオット・シャープ
大塚勇樹
大友良英
岡田智則
蒲池愛
カールハインツ・シュトック・ハウゼン
カローラ・バウクホルト
北爪道夫
ケヴィン・ヴォランズ
コリー・スマイス
坂本龍一
佐藤亜矢子
ソフィー・ドラフォンテーヌ
田代啓希
永松ゆか
永見竜生[Nagie]
新美術
ニック・ドレイク
ハイナー・ゲッベルス
檜垣智也
藤倉大
フレデリック・ジェフスキー
ポール・ラマージュ
マ・ユンジュ
八木美知依
山下裕美
リヴィア・ジョバニネッティ
渡辺愛

…and more!
(誰でも楽しめる!無料プログラム)
★アトリウム・コンサート
★電子音楽の部屋
★大友良英の部屋
★藝大COIの部屋
(アーティストの「好きなこと」を詰め込んだワークショップ・コンサート!)
★ノマドの部屋
★トーンマイスター石丸の部屋
★尺八の部屋
★箏の部屋
★コンサートホールでおこなう出演者勢揃いのスペシャルなコンサート!!!
★大人ボンクリ


【日程】
2020年9月26日(土) 東京芸術劇場


2020年アーカイブ

PAGE TOP
September 23,2020 (Wed)
ミラクルワールド アドベンチャーコンサート
©宮西達也/DreamQuest Sound

絵本作家の宮西達也が描くキャラクターを軸に展開する「ミラクルワールド」シリーズの映像配信型コンサート「ミラクルワールド アドベンチャーコンサート~ひょうたん小僧ヒョッコリン音さがしの旅」。ユッコ・ミラーも登場するSeason2「ニューオーリンズ篇」が10月8日(木)に開催される。

前回のハワイ篇に続いて次にヒョッコリンが降り立つ地は、アメリカ合衆国のニューオーリンズ。ここでは本作の音楽監督も務める赤塚謙一率いる“ミラクル音楽隊”が登場し、ジャズの聖地・ニューオーリンズを舞台にジャズアレンジによる家族で楽しめる音楽を繰り広げる。スペシャルゲストには人気ジャズサックスプレイヤーのユッコ・ミラーが登場。ミラクル音楽隊とのコラボレーションで、クラシックジャズからモダンジャズまでの進化を見せる。ニューオーリンズ篇のライブ配信は10月8日(木)、その後アーカイブ視聴も可能になる。

なお、本作もインターネットのライブ配信、アーカイブ配信が主となり、公演はコンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金の交付を受けて、収録動画の一部が各国言語に翻訳され、後日海外に配信される予定となっている。

MWチャンネル

そしてさらに、ミラクルワールドのラジオ番組が9月20日(日)よりInter FMで放送されることが決定。毎週日曜日の午前10:29~10:58の30分番組で、番組ナビゲーター(DJ)は本作のキャストでもあるマイク・ガイリー、Toco、ヒョッコリン(天野亜希子)の三人が務める。教科書には載っていない、ちょっとためになるワクワクウキウキ冒険音楽紀行をテーマに、毎週ゲストを招いて世界の楽しい音楽を紹介する。来週の放送には、次回公演のスぺシャルゲストでもある、ユッコ・ミラーらも登場予定。どんな番組になっていくのか、こちらにも期待が高まる。


絵本作家・宮西達也  
1956年、静岡県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒。NHKの人形美術、グラフィックデザイナーを経て絵本を描き始める。『きょうはなんてうんがいいんだろう』で講談社出版文化賞絵本賞受賞。『おおきな絵本・にゃーご』で第38回造本装幀コンクール展・読者推進運動協議会賞受賞。『ふしぎなキャンディーやさん』で日本絵本賞読者賞受賞。
主な作品に『おまえうまそうだな』(けんぶち絵本の里大賞受賞)他の「ティラノサウルス」シリーズ『パパはウルトラマン』(けんぶち絵本の里大賞受賞)他の「ウルトラマン」シリーズ、『うんこ』(けんぶち絵本の里大賞・びばからす賞受賞)『おかあさんだいすきだよ』『パパおかえり』、『ちっちゃなトラックレッドくんとグリーンくん』他の「ちっちゃなトラックレッドくん」シリーズなど多数。童話・紙芝居・プラネタリウム・エッセイなども手がける人気絵本作家。

■Season2
「ミラクルワールドアドベンチャーコンサート~ひょうたん小僧ヒョッコリン音さがしの旅」
Season2 ミラクル音楽隊のふるさと~ニューオーリンズの音楽篇


【ライブ配信】
2020年10月8日(木) 開場16:30 開演17:00
(40分+アフタートーク15分予定)
【アーカイブ配信】
生配信終了後~2020年10月15日(木)23:59
※後日、オフィシャルサイトにてディレクターズカット配信有り
【発売期間】
発売中~10月15日(木) 23:00まで
【出演】
演奏/赤塚謙一 ミラクル音楽隊
ゲスト/Yucco Miller
キャスト/天野亜希子(ヒョッコリン 役)
Mike Guiry
Toco

2020年アーカイブ

PAGE TOP