広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

August 30,2021 (Mon)
舞台「Le Fils(ル・フィス) 息子」
舞台写真

「Le Fils(ル・フィス) 息子」
フォトセッション

本日8月30日(月)に舞台「Le Fils 息子」が開幕した。

2018年にパリのシャンゼリゼ劇場にて初演され、フランス最高位の演劇賞であるモリエール賞にて最優秀新人賞を受賞するなど高い評価を受けた「Le Fils 息子」。
本作は、現代においてもっとも心躍る劇作家といわれ、自身が初監督を務めた映画「ファーザー」では、第93回アカデミー賞脚色賞を受賞したフランスの若手劇作家フロリアン・ゼレール脚本、深い洞察による緻密さとスタイリッシュさを両立させる演出家、ラディスラス・ショラーが演出を手掛け、世界13か国で上演され、二コラ役は各国を代表する才能ある俳優により演じられて、若手俳優の登竜門と呼ばれている。
この傑作舞台が、日本で初めて上演される。

悩める17歳、本作の主人公二コラを演じるのは岡本圭人。両親の離婚により環境を変えた新しい生活の中で、悩み、迷い、傷つきながら、自分を再発見していく絶望した若者を演じる。共演には、ニコラの実の母親・アンヌ役に若村麻由美、ピエールと共にニコラと生活を始めるピエールの再婚相手・ソフィア役に伊勢佳世、さらに、浜田信也、木山廉彬という確かな実力で数多くの作品に出演している個性豊かなキャストが揃った。そして、ニコラの父親・ピエール役は、岡本健一が務める。

公演は9月12日(日)まで、東京芸術劇場 プレイハウスにて、その後、北九州・高知・能登・新潟・宮崎・松本・兵庫にて上演される。

【作】フロリアン・ゼレール
【翻訳】齋藤敦子
【演出】ラディスラス・ショラー
【出演】岡本圭人 若村麻由美 伊勢佳世 浜田信也 木山廉彬 岡本健一

【東京】2021年8月30日(月)~9月12日(日)東京芸術劇場 プレイハウス
【北九州】2021年9月17日(金)~19日(日)北九州芸術劇場 中劇場
【高知】2021年9月22日(水)~23日(木・祝)高知市文化プラザ かるぽーと 大ホール
【能登】2021年9月26日(日)能登演劇堂
【新潟】2021年9月29日(水)~30日(木)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
【宮崎】2021年10月3日(日)メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
【松本】2021年10月9日(土)~10日(日)まつもと市民芸術館 主ホール
【兵庫】2021年10月14日(木)~17日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

「Le Fils 息子」公式サイト

2021年アーカイブ

PAGE TOP
August 28,2021 (Sat)
フォトセッション
フォトセッション(撮影:岡千里)
検察側の証人・小瀧望
舞台写真
検察側の証人・瀬奈じゅん
舞台写真
検察側の証人・成河
舞台写真
検察側の証人
舞台写真

8月28日(土)から9月12日(日)まで、世田谷パブリックシアター、その後兵庫・大阪にて上演される「検察側の証人」の取材会が初日公演に先駆け行われた。

本作「検察側の証人」は、演劇の造詣も深いアガサ・クリスティによって書かれた、世界中で上演され世界最高峰と称賛される法廷ミステリーの決定版。ミステリーの女王であるクリスティにとっても、緊迫感あふれる応酬と観客の度肝を抜く展開の「検察側の証人」はお気に入りの戯曲の一つであったと語られている。
本作では、読売演劇大賞 優秀演出家賞など数々の演劇賞を受賞し注目を集めている、小川絵梨子が翻訳・演出を手掛け、新たな「検察側の証人」を創り出す。

主演は、独り身の資産家婦人の殺害容疑で起訴される、容姿端麗な青年・レナード役を演じる、小瀧 望。唯一のアリバイを証言するはずが検察側の証人として出廷する主人公の妻・ローマイン役は、多彩なステージで活躍し常に高評価される瀬奈じゅんが務める。また、大滝 寛、浅野雅博、寺西拓人、斉藤直樹、林 愛夏、西川大貴、阿岐之将一、さらに那須佐代子、梶原 善といった不朽の名作にふさわしい豪華な俳優陣が集った。そして、事件を担当する敏腕検事・マイアーズ役には、抜群の演技力で数多くの作品の芯を務めてきた成河が演じる。

あらすじ
物語は、容姿端麗な青年レナード(小瀧 望)が資産家で独り身の婦人を撲殺した殺人容疑で起訴されるところから始まります。
彼は全くの無罪を主張しているものの、状況証拠は不利なものばかり。
――被害者とレナードは、道で困っているところを彼に助けられて以来交流があり、事件当日も被害者宅を訪ねていたこと、
事件当時、彼は無職で金に困っていたこと、そして、彼には確実なアリバイが無いこと――。
レナードはあえなく逮捕され、敏腕検事のマイアーズ(成河)が事件を担当することに。
彼を裁く法廷が開かれ、法廷弁護人と検事の答弁が白熱の応酬となる中、唯一のアリバイを妻ローマイン(瀬奈じゅん)が証言する、はずだった。
しかし、法廷に立った彼女から口を突いて出た言葉は、彼から『婦人を殺した』と告白された、という検察側の証人、としてのものだった……。


【作】
アガサ・クリスティ
【翻訳・演出】
小川絵梨子
【出演】
小瀧 望(ジャニーズWEST)
瀬奈じゅん
大滝寛 浅野雅博 寺西拓人 斉藤直樹
林愛夏 西川大貴 阿岐之将一
那須佐代子 梶原善
成河
【東京】
2021年8月28日(土)~9月12日(日) 世田谷パブリックシアター
【兵庫】
2021年9月16日(木)~9月20日(月・祝) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【大阪】
2021年9月23日(木・祝)~9月28日(火) 枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール

2021年アーカイブ

PAGE TOP
August 27,2021 (Fri)
『狐晴明九尾狩』のライブビューイング

2021年9月17日(金)に公演初日を迎える劇団☆新感線の最新舞台、いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』の《ライブビューイング(生中継)》開催が決定。10月6日(水)に全国の映画館、約100館にて上映される。

劇団41周年の秋は、2020年春の『偽義経冥界歌』から約1年半ぶりに、いのうえひでのり演出、中島かずき描き下ろしによる安倍晴明を主役にした伝奇時代劇『狐晴明九尾狩(きつねせいめいきゅうびがり)』を上演する。

これまで小説、漫画、映画、ゲームと数多くの作品が生み出されてきた安倍晴明。“いのうえ歌舞伎”では晴明伝説にひと味もふた味もスパイスを加え、新感線らしいアクション、歌、ダンス、笑いを盛り込んだ伝奇ファンタジーとして創り上げる。

主役の安倍晴明は、映画・ドラマ・舞台と作品ごとに様々な表情を魅せる中村倫也が演じる。新感線には2016年の『Vamp Bamboo Burn~ヴァン! バン! バーン!~』以来5年ぶりの出演で、本企画は「中村倫也が安倍晴明を演じたら」という発想から誕生したという。

共演に、数多くの注目作に出演し、若手実力派女優として確固たる地位を築く吉岡里帆が、新感線初参加。九尾の狐と因縁のある霊を演じる。そして、2017年『髑髏城の七人』Season風以来2度目の参加となる向井 理は、陰陽師に化け日の本支配を企てる九尾の狐役。晴明との頭脳戦は必見だ。更に、心強い共演者たちに浅利陽介、竜星 涼、早乙女友貴、千葉哲也。そして、高田聖子、粟根まことら劇団員も出演する。

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【出演】中村倫也 吉岡里帆 / 浅利陽介 竜星 涼 早乙女友貴
千葉哲也 高田聖子 粟根まこと / 向井 理 他
【日時】2021年10月6日(水) 11:30 / 16:30 公演
【会場】新宿バルト9他、全国映画館 約100館にて上映(予定) 

詳細は『狐晴明九尾狩』ライブビューイング公式サイトにて

狐晴明九尾狩

PAGE TOP