広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
INFORMATION
COMPANY
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

6/27開幕!阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子、池田成志ら出演、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥

June 27,2017 (Tue)
髑髏鳥1
(C)2017『髑髏城の七人』鳥/TBS・ヴィレッヂ・劇団☆新感線、【撮影:田中亜紀】

公演第一弾として上演された“Season花”に続き、2017年6月27日(火)~9月1日(金)までONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBSがいよいよ開幕する。

髑髏鳥2

豊洲にオープンした1300人以上もの観客を乗せて360°回転する円形の客席を「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として上演される演目『髑髏城の七人』は、いのうえひでのりによる演出、座付き作家・中島かずきが手掛けた脚本で1990年、1997年、2004年、2011年と7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作。2017年から7年ごとの年にあたる2018年までを“花・鳥・風・月”の4シーズンに分け、シーズンごとに全て異なるキャスト、脚本・演出も練り直され、全く違ったアプローチの『髑髏城の七人』を上演している。

髑髏鳥3

主演は、新感線には4回目の参加となる阿部サダヲ。これまでの硬派なイメージをがらりと変えた捨之介を演じる。また、2011年版『髑髏城の七人』と同じ配役で参加の森山未來、早乙女太一や、これまで新感線本公演でさまざまなジャンルに出演してきた松雪泰子、更に粟根まこと、福田転球、少路勇介、清水葉月、梶原善、池田成志と、実力派、個性派役者が顔を揃え、歌、踊りの要素を際立たせショーアップした新しい『髑髏城の七人』が誕生した。

公演に先駆けてキャストがコメントした。


髑髏鳥5

阿部サダヲ
---初日を迎えるにあたっての意気込み
不安もすっごくありますけど、楽しみの方が多いです。とにかく殺陣頑張ります。

---おススメポイント
自分が出てないシーンを観てて、歌と踊りがこの劇場にとても合ってる気がします!
髑髏城の七人という1つの作品がここまで変わるの!!

---お客様へメッセージ
今までに無い髑髏城の七人が観られると思います。お楽しみに!!

髑髏鳥6

森山未來
---初日を迎えるにあたっての意気込み
まずはとにかく怪我のないように、75公演走り抜けられたら。個人的には4度目の劇団☆新感線、そして2度目の天魔王。
力強く魅力的なスタッフ、キャストとともに、『夏の髑髏城チャンピオン祭り』を盛り上げていきます。

---おススメポイント
“鳥”は第2シーズン目にあたります。
(演出の)いのうえさんにとってもまだ可能性を秘めた劇場なので、前シーズン“花”と比べてもこの劇場をより  効果的に使った演出になっています。そして、それは“風”“月”と継続されていくことでしょう。
特に今回は歌と踊りがふんだんに散りばめられているので、例えば蘭兵衛との口説きのシーンは、6年前の 『(通称)ワカドクロ』に比べてより幻惑的なものになっていますね。
天魔王に関しては、全体に歌と踊りが入ったことにより、公演時間の都合上(台詞が)間引かれているところが ありますが、逆に省かれてシンプルになったともいえるでしょう。その上で、天魔王の残虐性や不条理感が薄まっているようにも見えますが、天魔王がもつ天魔王なりの正義がより浮き彫りになったように感じています。
捨之介、天魔王、蘭兵衛のこの3人の宿命から発生する、「各々の正義」というものが天魔王にも見えたら…。
単なる★「悪役」とならないように演れたら面白いなと。

---お客様へメッセージ
触れ込みにもあるように、歌あり、踊りあり。楽しい舞台になる事は間違いないです。
劇場の周りには何もありませんが(笑)、『髑髏城の七人』Season鳥をぜひ楽しんでほしいです。

髑髏鳥7

早乙女太一
---初日を迎えるにあたっての意気込み
とにかく怪我がないように最後まで頑張ります!

---おススメポイント
今回、特にショーアップされたチームになりエンターテイメント性がものすごく強く、歌・踊り・殺陣、かなり華やかな演出になっていて、見どころは盛り沢山です。

---お客様へメッセージ
この夏一番のお祭りが、豊洲のこの劇場で行われております。
是非、見に来てください。

髑髏鳥4

松雪泰子
---初日を迎えるにあたっての意気込み
良い意味での緊張感を持ってのぞみたいと思っています。

---おススメポイント
今回は、“Season花”にはなかった要素である、歌やダンスがありますので、よりエンターテイメント色の強い演出になっています。何より、捨之介の描かれ方が今迄にはない表現になっていまして、蘭兵衛、天魔王との3人の関係性も、より際立っているように感じます。

---お客様へメッセージ
華やかで、楽しんでいただける“Season鳥”。是非劇場で体感してください。お待ちしております。


髑髏城の七人
【作】
中島かずき
【演出】
いのうえひでのり
【出演】
阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/
粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 他
【日程】
2017年6月27日(火)~9月1日(金) IHIステージアラウンド東京(豊洲)
※当日券販売あり

2017年アーカイブ

PAGE TOP