広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

第三弾キャスト解禁!山崎大輝、風間由次郎、近藤頌利、木戸邑弥が決定!ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』

November 01,2019 (Fri)
山崎、風間、近藤、木戸
写真左から 山崎大輝、風間由次郎、近藤頌利、木戸邑弥

2020年4月に明治座にて上演する本格ミュージカル作品、ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』。
明治座創業(1873年)以来、“初”のオーケストラピットを稼働するという。骨太な本格ミュージカル製作を目指し、中川晃教、藤岡正明、今拓哉、丘山晴己、横山だいすけ、岡幸二郎、そして別所哲也といった歌唱力はもはや折り紙付きの実力派キャストが出演する。

そして、映画やドラマ、自身の劇団活動や人気の2.5次元ミュージカル作品での活躍を通して、その実力が徐々に知られ始め、着々とキャリアと人気を集める選り抜きの若手俳優たちにも、ダブルキャストの形で本作に参加する。

本日発表されたのは、チェーザレの属する学生団・スペイン団とライバル関係にある学生団・フィオレンティーナ団の団員で、アンジェロ・ダ・カノッサ役に、「宇宙戦隊キュウレンジャー」で注目され、舞台ではミュージカル『忍たま乱太郎』や『ツキステ。』などに出演し人気を集めた山崎大輝。
名門家の次男でフィオレンティーナ団団長ではありながら、チェーザレとは長い付き合いの親友、ジョヴァンニ・デ・メディチ役には、自ら脚本・演出を手掛けるなどマルチな才能を持ち、近年では『ドリアン・グレイの肖像』、『キンキーブーツ』などミュージカル作品に出演して実力が認められた風間由次郎。
同じくフィオレンティーナ団員のドラギニャッツォ役には、関西を拠点とする劇団Patchのメンバーで、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の演技で一気に人気を広げた近藤頌利。やはりフィオレンティーナ団の情報通・ロベルト役には、テレビドラマ「チョコミミ」、「ごくせん」、「37.5℃の涙」での演技や、ミュージカル『テニスの王子様』、舞台『弱虫ペダル』、昨年の『ドリアン・グレイの肖像』の活躍で注目された木戸邑弥がそれぞれ抜擢された。
4人ともまだ気鋭の若手とはいえ、中川晃教を筆頭とする実力派キャストたちと肩を並べるに値する演技力、歌唱力を伴う俳優陣として、堂々本格ミュージカルに参加する。


『チェーザレ 破壊の創造者』

「チェーザレ 破壊の創造者」 とはー
15世紀に活躍し、32歳の若さで亡くなったイタリアの軍人であり政治家・チェーザレ・ボルジアの理想に燃えた戦いを、惣領冬実が描いた歴史大河コミック。講談社発行のコミック誌・週刊モーニングにて2005年から不定期連載の形で現在も連載中で、コミックスは19年10月現在12巻刊行され、累計発行部数は140万部を超える大ヒットコミックスとなっている。ダンテ研究者を原作監修に、貴重な資料の収集やそれらの整理に膨大な時間がかけられた歴史大作であり、フィクションではあるものの極力史実に沿って描かれている。


【原作】
惣領冬実『チェーザレ 破壊の創造者』(講談社「モーニング」連載)
【原作監修】
原 基晶
【脚本】
荻田浩一
【演出】
小山ゆうな
【音楽】
島 健
【出演】
中川晃教
山崎大輝 風間由次郎 近藤頌利 木戸邑弥
藤岡正明 今拓哉 丘山晴己 横山だいすけ 岡幸二郎
別所哲也 ほか
【日程】
2020年4月13日(月)~5月11日(月) 明治座

ミュージカル「チェーザレ」

PAGE TOP