広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
CONTACT
HOME


NEWS

『バーン・ザ・フロア』合同記者会見に日本人初のスペシャル・ゲストシンガー西川貴教が登壇!

February 27,2020 (Thu)
BTF1

ブロードウェイを始め、世界30ヵ国以上で観客を魅了し、日本では過去10回の来日公演で約50万人を熱狂の渦に巻き込んできた『バーン・ザ・フロア』。ワルツやタンゴ、サンバにルンバなどをはじめ、ストリートダンスやコンテンポラリーダンスの要素まで、バラエティに富んだジャンルのダンスが、多彩な楽曲にのせて繰り広げられるパワフルなステージは、まさに“ダンスのフルコース”。究極のダンスエンタテインメント集団が2020年、さらなる進化を遂げて日本に帰ってくる。

2年ぶりとなる本公演では舞台と客席の距離が近い会場に変更し、『Bohemian Rhapsody』や『We Will Rock You』などQUEENのヒットナンバーが新登場。誰もが知っている名曲に乗せて世界トップレベルのダンサーたちが鍛え抜かれた肉体を駆使し、卓越したダンステクニックを披露する。さらに、スペシャル・ゲストシンガーとして出演する西川貴教と、『仮面ライダーゼロワン』主題歌『REAL×EYEZ』(J×Takanori Nishikawa)のコラボ演出も決定。日本の楽曲が『バーン・ザ・フロア』で披露されるのは今回が初となる。チケットは好評発売中!ほか詳細は公式サイトへ。

BTF2

◎ピータ・ロビー(演出・振付家)
最初に、11回目の日本公演を温かく迎えてくれる日本の友人、サポーターの皆さんに感謝します。いつも私たちにインスピレーションを与えてくれ、新たな高みに導いてくれる、“ホーム”である日本でショーが出来る事を嬉しく思います。
今回のツアーではダンサーたちに、勇気を持って自分の心の奥深くに入りなさいと言っています。そして、その心の痛みや喜びといった感情をダンスというパフォーマンスを通して観客の皆さんとシェアしなさいと。
ひとりひとりのダンサーが、そしてカンパニー全体が、魂を解放し、皆様をあっと驚くような旅にいざないます。
ショーのタイトルである“BE BRAVE. NO LIMITS.”“勇気を持て! 限界はない!”を恐れず体現したいと思います。
また、今回は、素晴らしく特別な才能を持った西川貴教さんにショーに加わってもらい、ステージで共演できることをとても光栄に思います。今回のためにとても素晴らしいダンスナンバーも新しく作りました。ファンタスティックなコラボレーションにできると思っています。
ぜひショーを楽しみにしていてください!

◎西川貴教(スペシャル・ゲストシンガー)
ナント!この度、「BURN THE FLOOR」のゲストシンガーを務めさせていただくことになりました!世界的カンパニー「BURN THE FLOOR」に自分が参加することになるとは夢にも思っていませんでしたし、長いカンパニーの歴史の中でも日本人シンガーの参加は初ということで、すでに緊張しております。
近年はこれまで以上に、舞台やドラマなど様々な活動をさせていただいておりますが、海外のカンパニーに参加することは初めてのことなので、どんなショーができ上がるのか今から楽しみにしています!次々と新しいチャレンジの機会を与えていただき、本当に感謝しかありません。
今年7月に韓国公演を観劇し、キャスト、スタッフのみなさんにご挨拶させていただいたのですが、みなさんのこのショーにかける熱量に大変感銘を受けました。プレッシャーはとても大きいですが、これからも止まることなく挑み続ける「西川貴教」にご期待ください!

BTF3

◎バーン・ザ・フロアとは?
競技ダンス界でトップクラスのダンサーを世界各国から集めたダンスカンパニー。1997年、エルトン・ジョンの誕生日パーティに出席していたハーレー・メドカフ(現BTFプロデューサー)が、そこで披露された20分間のボールルームダンサー達によるパフォーマンスに魅了されたことから始まった。ボールルームダンスとショービジネスを融合させた新たなダンスエンタテインメントとして誕生し、イギリスでの初演(1999)以来、ニューヨーク・ブロードウェイ公演(2009)、ロンドン・ウエストエンド公演(2010/2013)で成功を収め、日本でも過去10度の公演で約50万人の動員を果たしている。


【東京】2020年5月28日(木)~6月1日(月) 日本青年館ホール
【大阪】2020年6月3日(水)~8日(月) クールジャパンパーク大阪 WWホール

『バーン・ザ・フロア』公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP