広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
CONTACT
HOME


NEWS

生田斗真主演舞台『偽義経冥界歌』ゲキ×シネとなってスクリーンに登場!

July 23,2020 (Thu)
ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」宣伝画像______
(C)東京グローブ座/ヴィレッヂ

劇団☆新感線旗揚げ39周年にあたる2019年に“39サンキュー興行”と称して上演された生田斗真主演舞台「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」。大阪、金沢、松本公演を行い、明けて2020年に東京、福岡公演を予定していたものの、コロナ禍により残念ながら東京は一部中止、福岡は全公演中止となった本作が、ゲキ×シネとなってスクリーンに登場。

「偽義経冥界歌」のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経は、歴史上の一大事に大きく関わっているというだけではなく、その後、数多なる物語に登場しており、実は偽物説、影武者説等、ドラマティックな謎を多く抱えているという魅力的な人物でもある。その義経が実際に奥州に匿われていたという史実をベースに、奥州三代の盛衰の行方も絡めつつ、中島脚本ならではのファンタジーも散りばめたストーリーが展開。主人公の偽義経、<源九郎義経・みなもとのくろうよしつね>を演じるのは、新感線に4度目の出演となる生田斗真。繊細でナイーブな演技から、すべて振り切った強烈におバカな役柄までを完璧に演じ切る生田が、新感線の本格的な時代劇のど真ん中でも、華やかで魅力的な源九郎として、そして座長としても作品を牽引する。
今作は、主人公の偽義経を中心としながらもまるで群像劇のような、それぞれの人間ドラマをも堪能できる味わいの作品であり、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメント。《ゲキ×シネ》版では映像・音声ともにスクリーン用に編集・ミックスし、洗練されたクオリティと臨場感溢れる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができる。他では決して観られない極上のエンターテインメント時代劇を映画館の大スクリーンで楽しむことができる。

【作】 中島かずき  演出:いのうえひでのり
【出演】 生田斗真 / りょう 中山優馬 藤原さくら /
粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴 / 三宅弘城 / 橋本さとし 他
【時期】 未定
【会場】 新宿バルト9他、全国にて公開。
【配給】 ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
【著作】 東京グローブ座/ヴィレッヂ


ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP