広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
CONTACT
HOME


NEWS

脚本・演出 鈴木勝秀による「能と現代劇の融合」を目指す新作シリーズが幕開け!6回目のタッグとなる佐藤アツヒロと新作会話劇に挑む!『YARNS』~紡ぎ糸/作り話~

August 05,2020 (Wed)
『YARNS』

10月7日(水)~11月8日(日)まで東京:浅草九劇にて、11月21日(土)~23日(月・祝)まで大阪:シアター・ドラマシティにて、会話劇『YARNS』~紡ぎ糸/作り話~の上演が決定した。

脚本家・演出家の鈴木勝秀(スズカツ)は、2014年に『ハナガタミ』(花筐)という能楽を現代的に蘇らせる試みをして以来、「能楽と現代劇の融合」を模索し続け、“スズカツ能楽集”としてシリーズ化を目標としてきた。
このシリーズの基本的なスタイルは、カウンセリングを受けに来る精神的に少し疲れた現代人と、その患者の話を聞くカウンセラー(精神科医)の静かな会話劇。患者は記憶の糸を手繰りながら、自分の過去を物語、無意識の中に眠る真実に向き合っていき、最終的に未来から差し込んでくる光を感じていく……

今回の『YARNS(ヤーンズ)』は“スズカツ能楽集”のスタートとなる作品。「ヤーンズ」とは、英語で「紡ぎ糸」という意味で、さらに、「作り話」「大げさなホラ話」といった意味も。果たして患者の語る物語は「真実」なのか「作り話」なのか……。カウンセリングや告解を覗き見ているような不思議な雰囲気を創り上げ、人々の繊細な心情を描く。

主演は、今作でスズカツとは6回目のタッグとなる佐藤アツヒロ。2004年に舞台『LYNX(リンクス)』(90、98にも上演)で二人が出会ったことにより、その後『MYTH(ミス)』(06)、『HYMNS(ヒムス)』(08)と、人間の内面を描いたスズカツ×アツヒロによる三部作が生まれ、昨年には『hymns(ヒムス)』(19)で11年ぶりに再タッグを組んだ。お互いの信頼も厚く、また、スズカツへ大きな影響を与えている佐藤が、見知らぬ女を夢に見て苦しみカウンセリングを受けに来る患者を演じる。さらに、夢の中に出てくる詩人の男を、映像でも活躍する鈴木裕樹が、精神科医ランバシの息子のトオルを2.5次元舞台などを中心に活躍の場を広げている前田隆太朗と大山将司がWキャストで、精神科医・ランバシを数々の作品でバイプレーヤーとして活躍する中村まことと劇団「花組芝居」主宰の加納幸和がWキャストで演じる。

さらに今回は新型コロナウイルス感染予防対策として、検温や消毒などはもちろんのこと、・アクティングエリアと客席の距離をとる ・舞台と客席間を透明素材で区切る ・お客様同士の間隔を確保する ・役者は地声ではなくマイクを通す ・上演中に搬入口を開けたままとする ・役者同士も距離を保って演技を行う ・ロビーも密を避けるために公演パンフレットなどはオンライン販売を行う 等、世界観を損なうことなく、出来る限りの対策を実施予定。

【STORY】
高校の同級生との再婚を考えているスガヌマは、ある日から見知らぬ女の夢を見るようになる。この夢に苦しむスガヌマは、精神科医・ランバシの勧めにより、夢日記と箱庭療法を始めた。ランバシの実子であるトオルは激しいマザーコンプレックスで、時々カウンセリング・ルームに現れてはランバシを困らせる。
夢日記と箱庭療法によって、奇妙なスガヌマの夢の細部が次第に浮かび上がってくる。箱庭に表現された灯台のある風景は、スガヌマの幼少時に描かれた絵と同じものだった。これは前世の記憶かもしれないと疑うランバシと、にわかには信じられないスガヌマ……。そしてふたりは、さらにスガヌマの深層へと下りていく――

脚本・演出 鈴木勝秀コメント
「コロナ感染予防対策と上演に関して」
僕個人としましては、7月に演劇公演が再開されてから、リーディング公演として、無観客配信(『シスター』)、観客30% VR配信(『ディファイルド』)、観客50%(『日本文学の旅』)といった形で上演をしてきました。そして今回、ついに演劇作品の公演にたどり着きました。戦争や災害で劇場がなくなったわけではありませんし、芝居を作りたいというキャストもスタッフも、そして観客がいなくなったわけでもありません。むしろ芝居に対する欲求は、とても高くなっているように感じます。しかし、感染予防対策は万全を期さなければなりません。劇場が以前の状態に戻るには、まだしばらく時間がかかります。そのために劇作・制作ともに、いろいろと制約を受けることになります。ですがあらゆる表現活動には、さまざまな制限・制約があるものです。その制限・制約の中で、いかに自由を獲得するか、ということが、表現者に求められていることだと思います。そして少なくとも私は、この制限・制約のある状況だからこそできる演出の仕方があると考えています。感染予防対策からスタートしていたにしても、作品としてのクオリティーを高めることに結び付けることが重要です。舞台を透明ビニールで囲うことと、小劇場空間なのに、あえてキャストがマイクをつけることは、感染予防対策だけではなく、少なくとも僕にとって演劇的「実験」です。そして僕は「実験」が大好きなので、モチベーションはかなり高まっています。

佐藤アツヒロコメント
今回の出演にあたって、再びスズカツさんの世界観を体感し、舞台上で表現できることを幸せに思います。スズカツさんとは、今までの作品を通していろいろな価値観を共有し、物の捉え方や感じ方に僕は常にワクワクドキドキしていました。
これまでも、ほとんどセッションのような、その場その場で起こる物語を体感し表現してきたので、今回も二組のダブルキャストや、物語の軸となる深層心理によって、何が起こるかわからない新たに濃い演劇的セッションが生まれることがとても楽しみです。
自分自身の中にあるスズカツさんへの思いと、共存し合う価値観、そして更なる探究心を持ち、このキャストで新たなスズカツワールド「YARNS」に挑みたいと思います。そしてこの新しいスズカツワールドに挑戦してスズカツさんがニッコリしているところを見たいです。

【脚本・演出】鈴木勝秀
【出演】佐藤アツヒロ/鈴木裕樹 前田隆太朗・大山将司(Wキャスト)/中村まこと・加納幸和(Wキャスト)
【東京】2020年10月7日(水)~11月8日(日) 浅草九劇
【大阪】2020年11月21日(土)~23日(月・祝) シアター・ドラマシティ
【チケット】2020年9月19日(土)発売

『YARNS』公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP