広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
INFORMATION
COMPANY
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

谷賢一演出・古川雄大主演、前代未聞の “シラノ”メインビジュアル公開!

December 26,2021 (Sun)
シラノ

2022年2月に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールで上演する古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」。本日よりチケット一般発売がスタート、合わせてメインビジュアルが公開された。

「シラノ・ド・ベルジュラック」は17世紀フランスに実在した詩人にして剣豪で、勇気のあるシラノを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。壮麗で高潔無比で自由な精神を持つシラノの永遠の愛の物語は、1897年の初演以来、世界中でたくさんの人を魅了してきた。2019年秋~2020年までロンドンのプレイハウス・シアターでジェイミー・ロイドの演出によって上演された際に、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされ、前代未聞の全く新しい「シラノ・ド・ベルジュラック」が誕生。ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞するなど、世界中から絶賛されたこのマーティン・クリンプ脚色版の傑作を、谷賢一演出により日本で初めて上演する。

発表されたメインビジュアルは飾らない服装でスタイリッシュなシラノを初め、シンプルで新たな「シラノ・ド・ベルジュラック」の誕生を予感させる仕上がりになった。主演の古川雄大のほか、才色兼備のロクサーヌを演じる馬場ふみか、美しいが口下手なクリスチャンを演じる浜中文一、シラノの宿敵であるド・ギーシュ役の堀部圭亮、ロクサーヌを支えるマダム・ラグノ役の銀粉蝶ら、華と実力を兼ね備えるキャストが集結。“言葉で戦う演劇”はセリフだけでなく、ラップという表現を使って気持ちを綴り、それぞれの魂をぶつけ合う。一糸まとわぬ言葉の闘いに注目が集まる。上演スケジュール、チケット情報ほか詳細は公式サイトへ。


【作】エドモン・ロスタン
【脚色】マーティン・クリンプ
【翻訳】演出:谷賢一
【出演】古川雄大/馬場ふみか 浜中文一 大鶴佐助 章平 堀部圭亮/銀粉蝶 ほか
【東京】2022年2⽉7⽇(月)~2⽉20⽇(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【大阪】2022年2月25日(金)~2月27日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール

「シラノ・ド・ベルジュラック」公式サイト

2021年アーカイブ

PAGE TOP