広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

January 13,2022 (Thu)
『みんな我が子』

2022年5月に東京・BunkamuraシアターコクーンにてCOCOON PRODUCTION 2022 DISCOVER WORLD THEATRE vol.12『みんな我が子』-All My Sons-の上演が決定した。

『セールスマンの死』(ピューリッツァー賞・トニー賞受賞)、『るつぼ』などで有名な、20世紀を代表するアメリカの劇作家アーサー・ミラーの代表作の1つとされる戯曲『みんな我が子』。1947年にアメリカ・ブロードウェイで初演され、第1回トニー賞を受賞、その後世界各国で上演、1948年と87年には映画化もされた。近年では、2019年にイギリス・ロンドンのオールド・ヴィック・シアターで上演され、ナショナル・シアター・ライブで上映。同年ブロードウェイでのリバイバル公演は、第73回トニー賞の演劇リバイバル作品賞を受賞するなど、初演から70年以上の時を経ても色褪せることなく、世界中で上演され続けている。
第二次世界大戦後の一見円満そうなとある家族の葛藤と崩壊が描かれ、悲劇的なラストに至るまでにこめられた胸に刺さる台詞の数々は、今もなお多くの観客の心を揺さぶる。
演出は、リモートながらも高い完成度で上演した2020年のDWT vol.9『十二人の怒れる男』から、2度目の登場となるリンゼイ・ポズナーが務める。1991年に上演した『死と乙女』にてイギリス演劇の最高峰ローレンス・オリヴィエ賞作品賞を受賞し、多彩な現代劇作家作品の演出で評価を得ているポズナーが、2009年にイギリスで手掛けた『橋からの眺め』以来となるミラー作品をどのように手掛けるのか、期待が高まる。

本作は、幸せをつかむためのとある選択が、人生を狂わせ、家族を崩壊させる。アメリカの片田舎に暮らす家族と隣人、そして友人家族に起こるたった一日の物語。
家族のためにただひたすらに生きる父ジョー・ケラーには、DWT vol.1『るつぼ』から5作目の出演となり、舞台に留まらず、ドラマ・映画と映像でも作品ごとに独特の存在感を放つ堤真一。戦争から戻らない次男ラリーの無事を信じ、家族を愛する母ケイトには、舞台・ドラマ・映像で女優として活躍、近年はアーティスト活動も再開し2021年に開催したコンサートも大成功させた伊藤蘭。ケラー家の長男クリスには、2021年に長年活動してきたアイドルグループV6の解散という人生の大きな選択から、新たな俳優人生の第一歩として2年ぶりの舞台出演となる森田剛。ラリーの婚約者アンには、本格的な舞台には劇団☆新感線の『月影花之丞大逆転』に続き2作目、近年活躍目覚ましい若手女優・西野七瀬。アンの兄ジョージには、シリアスからコメディまで多彩な役を演じ分ける実力派俳優・大東駿介。そして、ケリー家の隣人ドクター・ジムには、『十二人の怒れる男』にてポズナーが信頼を寄せるベテラン山崎一。
文化や言葉の壁を乗り越えて、上演され続ける家族の物語が、2022年5月に再び幕を開ける。

【あらすじ】
第二次世界大戦後の特需景気に沸くアメリカ合衆国の地方都市の夏のある日。
ジョー・ケラー(堤真一)は、飛行機の部品工場を経営し、戦争特需によって財を成し、家族で幸せそうに暮らしていた。
しかし、戦争で行方不明となり、いまだ帰還しない次男ラリーの残像が、妻ケイト(伊藤蘭)をはじめ家族に暗い影を落としていた。
嵐の次のある晴れた朝。ジョーと隣人のフランクとドクター・ジム(山崎一)が談笑している。
しかし、前夜の強風により、ラリーの記念樹が倒れてしまい、ケイトは不吉な予感に錯乱気味であった。
そこに一家の幼馴染のアン・ディーヴァー(西野七瀬)が数年ぶりにケラー家を訪ねてくる。
長男クリス(森田剛)は、還らぬラリーの婚約者であるアンに密かに恋焦がれ、互いに弟と婚約者を失ったもの同士、躊躇いながらも次第に心を通わせていく。
そこへアンの兄ジョージ(大東駿介)の突然の来訪―――。
実のところケラー家とディーヴァー家には深い確執があり、ケイトがラリーの死を信じない本当の理由の根本もそこにあったのだ。
家族の知らない、知られたくない真実が語られ始める―――。

【演出:リンゼイ・ポズナーコメント】                                           アーサー・ミラーは主に家族の物語を描いた偉大な劇作家です。『みんな我が子』は75年前の作品ですが、そのテーマは時代を超えて今の私たちに切実に響いてきます。
父と息子、夫と妻といった家族内での役割や関係性から、社会における責任までが描かれているのです。ある個人の犯した罪が、ひいては社会全体の腐敗や罪をもあぶり出し、人間の不完全さや脆さを浮き彫りにします。お客様も自分のことを振り返り、考えることができる作品になるのではないかと思います。
『十二人の怒れる男』はリモートでの演出でしたが、非常に楽しく仕事ができました。今度は俳優の皆さんと直接話をしながら、同じ空間で創作のプロセスを共にできることをとても楽しみにしています。

【堤真一コメント】
アーサー・ミラーなら面白いに違いない、そう思って戯曲を読みましたが、こんなに難しい作品とは想像していませんでした。第二次大戦後のアメリカを舞台とした物語で、この父親の行為は、1947年の初演当時と現代とでは見方がまったく違って来るだろうと思います。「家族のためには仕方がなかった」という意見もあったであろう昔に比べ、今では絶対に許されない。それでも、この父親を単なる悪として表わすのはどうなのか。一昨年の舞台『十二人の怒れる男』をリモートで演出されたリンゼイ・ポズナーさんと、今回こそは稽古場で直に作品作りがしたいですし、存分に話し合って稽古を進めていきたいですね。とてもヘビーな挑戦になるだろうと思います。
 許されないはずのことが、まかり通っている。それは今の社会にも感じることだし、自身の生き方と照らし合わせてドキッとする人もいるかもしれません。見えているのに見ようとしないものが世の中にはたくさんある、そう気づける作品に出来たらいいなと思っています。

【森田剛コメント】
役者人生において大きく変わるタイミングに、この作品に出会えたことを嬉しく思っています。戯曲を読んで、家族だから許せることと許せないことがあり、近くにいるから見えるものと見えないものがある…、そういったことに強く惹かれました。親子や兄弟だからこその複雑な心情を、稽古場で演出の方や共演の方々とじっくり話し合い、作品を立ち上げていければと思っています。文化や宗教などの違いはありますが、そこは意識することなく、同じ人間として、とても身近に感じられる話ではないかなと思います。
自分が思うこと、感じていることをはっきりと提示するのは苦手なほうではありますが、稽古ではそこをちゃんとやっていきたいですね。そうして皆さんの話を聞き、演出を受けながら、崩したり、構築したりを楽しんでやっていきたい。最終的に、この家の息子に見えたらいいなと、それだけですね。楽しみに待っていていただけたらと思います。

【西野七瀬コメント】                                   まだ一度しか舞台経験がない中で、お話をいただいた時は、私で大丈夫なのかな!? とかなり驚きました。機会があればまたぜひ舞台をやりたいとは思っていたのですが、こんなにすごいお話をいただけるとは……。それでも、この作品をやることで絶対に多くを得られると思いましたし、私に、と言ってくださったことがとても嬉しくて、挑戦したいなと思いました。
共演の皆さんも初めてご一緒させていただく方が多く、舞台で確かな実績を積まれて来られた方々の中に、私が入ってどうなるんだろう!?と想像のつかないことばかりですが、稽古場の空気にも出来るだけ早く慣れたいですね。演出のポズナーさんはとても優しい方だとお聞きしているので、少しホッとしています(笑)。初の会話劇で、海外戯曲ももちろん初めて。たくさんの“初めて”を楽しみながらやれるよう、頑張りたいと思います。

【大東駿介コメント】                         堤真一さんは、いつかステージをご一緒できたら…とずっと夢見ていた大先輩です。森田剛さんは以前、『金閣寺』という舞台でご一緒して、多くを教わりました。森田さんのとてつもない集中力に痺れ、その背中に作品の核のような情景が見えた。あの体験は僕にとってすごく大切で、今の自分の基準になっていると感じますね。憧れのお二人とシアターコクーンの舞台に立てる、こんな夢のようなことが!と興奮しています。
僕は海外の戯曲も外国人の演出家も、とくにイメージを持ってやることはないですが、よりスムーズに進めるために、自分の人となりや考えは早めに伝えておきたいなと思っています。今回、いい意味でしんどい芝居になるんじゃないかなと(笑)。僕、芝居の疲労感が大好きなんですよ。精神を集中させていくその時間が好きで、カンパニーの皆さんとそれを共有出来るのが本当に楽しみですね。足を引っ張らないように頑張ります!

【山崎一コメント】                   新年を迎えてすぐ、僕がプロデュースする劇壇ガルバでアーサー・ミラーの『ザ・プライス』をやるんです。ここ数年、日本でもミラー作品の上演が本当に多くなりましたよね。世界的にも『セールスマンの死』などはしょっちゅう上演されていて、僕が思うに、ミラーは今の資本主義社会の崩壊を、70年以上も前に予兆した作家だからじゃないかと。この『みんな我が子』は、人間は間違いを犯すけれど、その後にどういう行動をとるかが大切なんだな…と感じた作品です。この素晴らしいメンバーでやったら、きっと面白くなるだろうなと。そして『十二人の怒れる男』ではリモート演出だったリンゼイ・ポズナーさんが、今回は直に来てどういう演出をされるか。すごくワクワクしていますね。
アーサー・ミラーの作品は、見終わった後に人生を感じさせ、さまざまなことを考えさせてくれます。その豊かな時間をぜひ劇場で体感していただきたいですね。

【伊藤蘭コメント】
時代背景も、文化も違う物語の中で生きるのはとても難しく乗り越えなければならない課題も多いですが、それだけやりがいのある舞台になると確信しています。今まで色々な母親役を演じてきましたが、今回はより等身大で人間味のある母親のように思います。ただ一見普通に見える母でも抱えている問題はかなり根深いのかなと。堤真一さんとは初共演です。いつも若々しいイメージの堤さんが父親役と聞いてとても新鮮に感じました。その役作りを間近で見られるのも楽しみです。
海外の演出家とのお仕事は過去にイギリス人のエイドリアン・ノーブルさんとご一緒した機会がありました。その時に学んだこと、日々の稽古で得たことは今でも私の指針となる事も多いので、今回もリンゼイさんとの貴重な経験を糧にできるよう心して稽古に臨みたいと思います。


【作】アーサー・ミラー
【翻訳】広田敦郎
【演出】リンゼイ・ポズナー
【美術・衣裳】ピーター・マッキントッシュ
【出演】堤真一 森田剛 西野七瀬 大東駿介 栗田桃子 金子岳憲 穴田有里 山崎一 伊藤蘭
【東京】2022年5月10日(火)~30日(月) Bunkamuraシアターコクーン
 2022年3月27日(日) チケット発売
【大阪】2022年6月3日(金)~8日(水)森ノ宮ピロティホール
 2022年5月8日(日)チケット発売

2022年アーカイブ

PAGE TOP
January 13,2022 (Thu)
ントゥ・ザ・ウッズ舞台写真4

ントゥ・ザ・ウッズ舞台写真5

2022年1月11日(火)より2日間のプレビュー公演を経て、いよいよ13日(木)に東京・日生劇場にて初日を迎えるミュージカル『INTO THE WOODS -イントゥ・ザ・ウッズ-』の開幕レポート及び出演者コメントが届いた。

【ストーリー】
村の小さなパン屋の夫婦には、子どもが授からない。なぜなら、魔女の呪いがかけられていたから。
「呪いを解きたければ、森へ行ってとってきな。―、ミルキーな白い牛、二、血のように赤いずきん、
三、黄色いコーンの髪、四、きらめく金の靴。三日後の真夜中の、鐘が鳴るまでに」。
森を目指したパン屋夫婦が出会うのは、赤ずきん、シンデレラ、ジャックと豆の木、ラプンツェルほか、
それぞれに充たされない人生の宿題を抱えた、おとぎ話のおなじみの登場人物たち。
彼らの前には、魔女の呪い、巨人族の怒りが立ちはだかるが、それだけではない。
本当の敵は、誰もが自分だけの幸福を願うがゆえの、ジェラシー、妨害、うそ、策略のわな…。
チャーミング、ファンタスティック。だけどちょっぴりシニカルでダークなミュージカルをあなたに。

【公演オフィシャルレポート】
1月10日(月) ゲネプロ(本番仕様で行われる最終通し稽古)観劇

人間のドラマが刻印されたミュージカル

ントゥ・ザ・ウッズ舞台写真3

ントゥ・ザ・ウッズ舞台写真6

ントゥ・ザ・ウッズ舞台写真1

ントゥ・ザ・ウッズ舞台写真2


このミュージカルは、昨年11月に91歳で惜しまれつつ世を去ったブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムが1986年に発表した、彼の生涯を飾る傑作のひとつ。作詞・作曲を兼ねるソンドハイムはひねりの効いたさすがの題材選びで、「昔むかし」で始まる有名なおとぎ話の登場人物たちが、暗い森で体験する人生模様を描き出している。

演出を手がけるのは、熊林弘高。徹底した戯曲の読み込みとするどい人間観察で、家族劇を中心に成果を上げてきた人だ。これまでストレートプレイのスペシャリストだった彼にとって、初めてのミュージカル、しかもソンドハイム作品で、どのような手腕を発揮するのか。きらびやかなキャストチームへの期待とともに、わくわくして客席に座った。

まず最初に、この作品のHPで熊林弘高が宣言している「普通のミュージカルではありません!」という、その言葉通りの舞台だったと言っておこう。

通常、ミュージカルという言葉からは、多くの人が、ピンスポット独占のうっとりソロナンバーや、ショーアップされたダンスシーンなどを思い浮かべるだろう。だが、この森のミュージカルには、それがない。もちろん、美しいソンドハイムの歌曲はあちこちに散りばめられている。だが、この作品の登場人物たちは、うずくまり、しゃがみ込み、引っ張り合い、はたき合い、ぶつかり合って、身体いっぱいの泥くさい自己主張を、最初から最後まで止めない。

例えば、羽野晶紀の赤ずきん。物語の進行役・パン屋の夫(渡辺大知)が彼女の赤い頭巾をだまし取ろうとしたとき、彼女のキックはパン屋の急所を直撃する。また、例えば、パン屋の妻(瀧内公美)とシンデレラ(古川琴音)は、金の靴の奪い合いで格闘技そのままのバトルになる。さらにまた、例えば魔女役の望海風斗。パフォーマーたちに抱え上げられ、リフト状態のまま空中でぐるぐる回転を強いられてもなお、バシッと関西弁のタンカを吐く。言いたいことは言わせてもらう、の勢いで。

森の中にさまよい込んだ登場人物たちは、それぞれにままならない人生の悩みや憂いを抱え、それでもなお、自分たちの欲望を貫こう、それぞれのわがままを通そうと戦う。1幕は、奇跡的に、それぞれがそれぞれの欲望を手に入れた。だが、続く2幕では、全員のかりそめの幸福が危機に陥る。背景の森以外、ほとんど何も置かれていない、がらんと広い舞台に登場人物たちが座り込み、もう一度、自分たちの生き方を見つめ直す。

「もうたくさんだ!!!」。ソンドハイムの歌詞(翻訳・訳詞は早船歌江子)とメロディは、慰撫するように、優しく切なく、折れてしまいそうな彼らの真情を紡ぎ出す。しかし、その足は、歌詞とは裏腹に、もう一度、逆境に向かって一歩を踏み出す。

まるでストレートプレイのように、人間のドラマが刻印されたミュージカル。そんな形容がぴったりの舞台だった。もう一度言おう。普通のミュージカルでは、ありませんので!

舞台写真:©2022「INTO THE WOODS」 撮影:岩田えり

【望海風斗コメント】
宝塚歌劇団を卒業してから初めてのミュージカル作品で、お稽古中は不安と緊張と興奮の連続でした。刺激的なカンパニーの中で、まだ自分を出しきれない歯痒さも感じてました。しかし舞台に来た途端、この感覚!知ってる!大好きな空間!と、息を吹き返した自分に驚きました。きっとここから更に作品が深まっていくのだと思います。千秋楽まで何が起こるかわからない!森を彷徨いながらも楽しみたいです。

【古川琴音コメント】
約2ヶ月の稽古期間、森の中をシンデレラに誘われるように彷徨い続けてきました。幕が上がればこの森を抜けられると思っていましたが、抜けた先に見えてきたのは、また深い森でした。一瞬の絶望、そして何とも言えない希望のようなエネルギーが湧いてきました。とんでもない作品に出会ってしまったようです。
そんな物語へ皆さんを招き入れるのは少し緊張しつつ、正直ゾクゾクしています。一緒に楽しみましょう!

【羽野晶紀コメント】
あー!いよいよ始まりますね!赤ずきんって、マジやばいかも!と、赤いずきんをかぶってしまい、気がついた!でも行くわ!森の中のおばあちゃん家へ!行って来まーす♪♪♪日比谷公園の前にある日生劇場の中の森の中でお待ちしています!あー!その後、大阪にある梅田芸術劇場の中の森まで行きたいの!
絶対!絶対!行きたい!と、願うっ!  赤ずきんより。

【福士誠治コメント】
ジャック役を演じます福士誠治です。僕にとって久々の熊林さん演出!ミュージカル!そして初めての日生劇場!と興奮する材料がたくさん。更に、初めてがもうひとつ。オーケストラでのお芝居です。初めてが多い作品の初日を迎えられること、楽しみしかありません。童話の中のキャラクターがたくさん出てきますが、簡単にはめでたしめでたしにはさせてくれないこの世界。可愛く、そして欲深く、舞台の上ではじけていこうと思います。
是非楽しみにしていてください!

【瀧内公美コメント】
初日を迎えることが出来、大変嬉しく思っております。笑いすぎて?ふざけすぎて?イヤ真面目に試行錯誤をし続けたお稽古期間。毎日笑顔が絶えない稽古場で、熊林さんや皆さんと過ごす時間がとても愛おしい日々でした。時に情熱的、チャーミング、シリアスにと展開が早すぎて、何よりキャラクターがぶっ飛びすぎていて、皆さん本当にあのおとぎ話のキャラクターなのかとさえ疑ってしまうあっという間の3時間。皆さまと共に劇場という森の中を彷徨う毎日を楽しみにお待ちしております。

【渡辺大知ココメント】
本格的なミュージカル作品に参加するのは初めてでわからないことだらけでしたが、2ヶ月半の稽古を経て、なぜ登場人物たちがセリフだけではなく、気持ちを歌に乗せるのかが少しだけわかったような気がします。
それぞれに欲を抱えた人物たちが苦悩や葛藤の中で幸せを見つけようともがく様を、音楽の中で生き生きと伝えられたらと思います。


【東京】2022年1月11日(火)~31日(月) 日生劇場 ※11・12日はプレビュー公演
【大阪】2022年2月6日(日)~13日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【作曲・作詞】スティーヴン・ソンドハイム
【作】ジェームズ・ラパイン
【演出】熊林弘高
【出演】*物語ごとの50音順
赤ずきん……羽野晶紀(赤ずきん)
シンデレラ……古川琴音(シンデレラ)/毬谷友子(継母)/湖月わたる(継姉)/朝海ひかる(継姉)/廣瀬友祐(王子)/花王おさむ(執事)
ジャックと豆の木……福士誠治(ジャック)/あめくみちこ(母親)
塔の上のラプンツェル……鈴木玲奈(ラプンツェル)、渡辺大輔(王子)
ナレーター・謎の男……福井貴一
パン屋……渡辺大知(夫)/瀧内公美(妻)
魔女……望海風斗
巨人(声の出演)……麻実れい

https://www.umegei.com/itwoods2022/

2022年アーカイブ

PAGE TOP
January 10,2022 (Mon)
『淡海乃海(あふみのうみ)-現世(うつしよ)を生き抜くことが業なれば-』の舞台を彩るメインキャスト

今年5月に上演される、大人気の転生歴史大河『淡海乃海(あふみのうみ)-現世(うつしよ)を生き抜くことが業なれば-』の舞台を彩るメインキャストが決定した。

スラーフィールの小説家デビュー作で、書籍版は累計70万部を突破(電子書籍含む)し、書籍化以外にもこれまでに、コミカライズ、オーディオブック化、そして二度の舞台化を実現してきた『淡海乃海』シリーズ。
舞台化初演版作品を大胆にアレンジしてお贈りする本作は、『淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~』(TOブックス刊)を原作とした転生時代劇ドラマだ。
演出には松多壱岱を迎え、本作が単独初主演となる小川優(ジャニーズJr.)を主人公役とする本作のメインキャストは、光GENJIの元メンバーで、現在は舞台を中心に俳優として活躍する内海光司、さらに仮面ライダーアギトで注目され、ドラマ『はぐれ刑事純情派』や『ドールハウス』、大河ドラマ『義経』などに出演する実力派俳優の賀集利樹、映画劇場版SOARA『LET IT BE -君が君らしくあるように-』でデビュー後、俳優以外にもミュージシャンとして活躍する堀田竜成、劇団扉座のメンバーで、劇団作品以外にもミュージカル『刀剣乱舞』シリーズや、舞台『鬼滅の刃』などでの客演や、テレビドラマで活躍する高木トモユキ、アイドルグループHKT48のメンバーで、舞台『奇跡の航路を行け!』以来、約2年半ぶりの舞台出演となる武田智加(HKT48)、劇団だるま座を主宰しつつ、連続ドラマ、大河ドラマなど数々の作品にも出演し続けるベテラン、剣持直明が新たに決定した。

現代日本の中年サラリーマンが突如戦国時代に転生してしまい、現代の記憶を持ちながらも、戦国武将の一人としてその時代を必死に生き伸びていくという本格時代劇。転生した先の肉体となる武将・朽木基綱役を小川優(ジャニ―ズJr.)が、転生する前の歴史好き現代人「俺」を内海光司が演じ、同一のアイデンティティーを持ったこの二役を二人が演じる。

【あらすじ】
一五五〇年。足利将軍家が三好家に追放され、室町幕府の崩壊が始まった歴史的な年、近江にある小領地・朽木に、わずか二歳にして当主へ就任した少年がいた。
その名は朽木基綱【竹若丸】(小川優)。だが彼の中身は、歴史好きな現代日本人の「俺」(内海光司)の生まれ変わり。天下布武に想いを馳せる彼の前に、財政難、人材不足、狡猾な他領の計略など数々の試練が立ちはだかる。だが、歴史を知る基綱は屈しない。圧倒的な知識と交渉術、豪胆さを武器に乱世を駆け抜けていくのだった。史実に埋もれた、稀代の軍略家が今、日本史を塗り替える! 戦国武将・朽木基綱の生涯を、大胆に描く大河ドラマが誕生!


【原作】イスラーフィール
『淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~』(TOブックス刊)
【イラスト】碧風羽
【漫画】もとむらえり
【脚本】西瓜すいか 
【演出】松多壱岱
【映像】ダイナモピクチャーズ
【出演】小川優(ジャニーズJr.)
賀集利樹 堀田竜成 高木トモユキ 武田智加(HKT48) 剣持直明 / 内海光司 ほか
【日程】2022年5月20日(金)~29日(日)東京ドームシティ シアターGロッソ

『淡海乃海-現世を生き抜くことが業なれば-』公式サイト

2022年アーカイブ

PAGE TOP