広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

July 29,2019 (Mon)
お気に召すまま

2019年7月30日(火)から8月18日(日)に東京芸術劇場 プレイハウスにて、その後、豊橋、新潟、兵庫、熊本、北九州にて上演される、舞台「お気に召すまま」。本日マスコミ向けに公開ゲネプロが行われた。

代表者コメント

■ロザリンド 役/満島ひかり
これだけ永く愛され、たくさんの国で上演されている戯曲の言葉には、霊感が宿っているのを感じます。自分の内側からのエネルギーが、私たちを刺激している毎日です。 劇中ではかなり明け透けに、性的なことや恋することが語られますが、見て聞いている方それぞれにもきっと、違ったどきどきがあると思います(どきっとして欲しい)

■オーランド 役/坂口健太郎
3年ぶり2度目の舞台に、再び 熊林さんの演出で立てることをとても嬉しく思います。「かもめ」は初舞台で、何も持たぬまま無邪気に飛び込んでいけましたが、「お気に召すまま」は3年分の変化や成長も見せなければと思っています。性差を超えてさまざまな愛のカタチが描かれる今作、混沌としたアーデンの森で、自分が持っている肉体を、性的に純粋に駆使しながら、オーランドとして生まれてくる感情を大切に演じています。

■演出/熊林弘高
僕が演出を考える前提には、『役者の肉体』が大きくあり、作品と役に正しくはまる役者があって初めてスタートが切れるんです。シェイクスピアを演出するのは初めてです。シェイクスピアは、プロテスタントの時代に、カトリックの生まれなうえ、ゲイだったという説もある、つまり仮面をかぶって生きていた人なんですよね。だからこそ、作中で幾度も「自分とは何者か」と登場人物たちに自問させる。シェイクスピアのどこまでも続く問いかけに、いま われわれが何を感じ考えたかを提示し、あとは観て下さる方々に委ねるしかありません。お客様には存分に(舞台となっている アーデンの)森の混沌を味わっていただければと思っています。



演出を手掛ける熊林弘高は、念入りなリサーチと考察を重ねた上で、ひらめきに満ちた演劇的仕掛けをほどこし、優れた実績をあげている気鋭の演出家。2010年の「おそるべき親たち」、2015年の「狂人なおもて往生をとぐ」、2016年の「かもめ」など、作品を生み出すごとに高い評価を得てきた。そして本作は、熊林にとって初のシェイクスピア作品となる。一般的には牧歌的なユートピアとされている物語の舞台・アーデンの森を、熊林は”人間のあらゆる性的欲望がうごめく暗闇”と解釈。厳格な規範に縛られた宮廷生活から離れた森は、官能と性のカオスと化す。

そして、熊林の構想を体現するに相応しいキャストが揃った。
「かもめ」に続いて、満島ひかり、坂口健太郎、中嶋朋子、山路和弘、小林勝也と人気実力充実の面々、そして、満島真之介、中村蒼の熊林が信頼をおく若手男優陣も顔を揃える。また、初出演組としては、温水洋一、広岡由里子ら存在感ある個性派や、萩原利久、碓井将大らのフレッシュなメンバーが加わった。この顔合わせに、年齢や性別を大きくひねった、珍しく大胆な配役をほどこされる。「世界はすべて一つの舞台、人間はすべてこれ役者にすぎぬ」の名台詞で知られる厭世的な哲学者・ジェイクスの役を、まだ20代の中村蒼が演じ、萩原利久演じる羊飼いのシルヴィアスが恋するフィービーを演じるのは広岡由里子、碓井将大演じるウィリアムが恋するのはなんと小林勝也が演じるオードリー、と予想もつかないカップリングだ。
一筋縄ではいかない、意表を突く表現で知られる熊林が手がけ、存在感ある個性派から熊林作品初参加のフレッシュな顔ぶれまで多彩なキャストで贈る、これまでに見たことのない「お気に召すまま」になることだろう。


【作】
ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】
早船歌江子
【ドラマターグ】
田丸一宏
【演出】
熊林弘高
【出演】
満島ひかり 坂口健太郎 満島真之介 温水洋一
萩原利久 碓井将大 テイ龍進 Yuqi(UQiYO) 広岡由里子 久保酎吉
山路和弘 小林勝也 中村蒼 中嶋朋子
【東京】
2019年7月30日(火)~8月18日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
【豊橋】
8月22日(木)~25日(日)穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
【新潟】
8月 31日(土)~9月1日(日)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
【兵庫】
9月4日(水)~8日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【熊本】
9月11日(水)熊本県立劇場 演劇ホール
【北九州】
9月14日(土)~15日(日)北九州芸術劇場 中劇場

お気に召すまま

PAGE TOP
July 29,2019 (Mon)
トニセン

コンサートや、トークショー、ミュージカルとも違う、まだ出会ったことのない、音楽と演劇が融合した“Play with Music”=“新しい舞台のカタチ”を目指して誕生した、V6内ユニット・20th Century(トニセン)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦によるTWENTIETH TRIANGLE TOUR(“TTT”)。2017年に好評を得た『戸惑いの惑星』に次ぐ、第二弾『カノトイハナサガモノラ』がいよいよ開幕する。

メディアを超え、様々なジャンルで個々にも活躍している坂本昌行、長野博、井ノ原快彦が、ライブ以外にも三人で共演する舞台作品に積極的に取り組んでおり、これまでストレートプレイからミュージカルまで様々な作品を創り上げてきた。そんな彼らだからこそ、「未知の舞台表現を開拓し、観客と共に新たな旅に出よう!」という思いが沸き起こり、三人だけの舞台、“Play with Music”=TWENTIETH TRIANGLE TOUR(“TTT”)という新たなジャンルの作品作りがスタート。

2017年に上演された第一弾『戸惑いの惑星』は、作・演出に3人の魅力を知り尽くしたG2を迎え、坂本、長野、井ノ原それぞれのイメージや個性とリンクするようなキャラクターたちが夢を追い続け本当の自分に出会うという物語に、これまでに発表されたトニセンの曲が命を吹き込んだ。更にそれぞれが楽器演奏に挑戦するなど音楽が重要な要素を担い、3人が口を揃えて「誰も見たことのない舞台を創り上げた」と手応えを掴んだ作品となった。

そして2年半ぶりの公演が決まった本作。第二弾の上演の脚本・演出を手掛けるのは、兼ねてからV6のみならず、井ノ原のソロ曲の作詞をするなど親交の深い御徒町凧。詩人として数多くの詩集を出し、森山直太朗のほとんどの作品の共作者でもある御徒町は、これまで森山のライブステージや音楽劇場公演、自身の名義で上演した舞台などの作・構成・演出など、ライブ作品も数多く手がけてきた。
御徒町による“TTT” vol.2のタイトルは『カノトイハナサガモノラ』。すでに昨年の夏から御徒町とトニセンによるワークショップは繰り返され、御徒町の目線で深く追求された三人のパーソナリティが盛り込まれたストーリーとなっている。舞台上はリアルともバーチャルともつかないような雰囲気に包まれ、そこで繰り広げられる会話によって、普段の三人を覗き見るような不思議な世界へと誘われる。そして、楽曲はもちろんトニセンの曲をメインに新曲も書き下ろされ、三人だからこその世界が気鋭のアーティスト御徒町によって創り上げられるだろう。

【脚本・演出】御徒町凧
【出演】坂本昌行 長野 博 井ノ原快彦
【東京】2019年7月27日(土)~8月20日(火)/東京グローブ座
【北九州】2019年8月30日(金)~9月1日(日)/北九州芸術劇場 大ホール
【大阪】2019年9月7日(土)~10日(火)/梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【チケット】当日券情報などは公式サイト


『カノトイハナサガモノラ』公式サイト

カノトイハナサガモノラ

PAGE TOP
July 26,2019 (Fri)
gekisine_promare

ゲキ×シネと「プロメア」のコラボ上映イベントが8月5日(月)、新宿バルト9で開催決定。当日は早乙女太一と中島かずきが登壇、会場を盛り上げる。

アニメ界の今石洋之と演劇界の中島かずきが構想6年を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメント映画『プロメア』。規格外のテンション・スピード・革新的映像表現で異例のロングラン大ヒットを続ける本作の声優には、松山ケンイチ、早乙女太一のW主演が実現。さらに堺雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太など超豪華キャスト陣が集結した。主題歌とエンディング曲はSuperflyの描き下ろし作品。

一方のゲキ×シネは劇団☆新感線の人気舞台の映像を映画館で楽しむ話題の映像エンターテインメント。中島かずきは劇団☆新感線の座付き作家として数々の舞台脚本を手掛けており、今回『プロメア』とコラボする『蛮幽鬼』(2009年上演)も中島が脚本を手掛けた。早乙女太一、堺雅人も同舞台に出演しており、様々な繋がりから生まれた今回のコラボ上映では、早乙女と中島によるトークも行われ、ここでしか聞けない裏話が披露される。チケットは7月27日(土)より、バルト9公式サイトにて受付開始。

【日程】2018年8月5日(月) 16:00~22:00(予定)
【会場】新宿バルト9 スクリーン9
【上映作品】ゲキ×シネ『蛮幽鬼』、『プロメア』
【登壇者】早乙女太一 中島かずき

2019年アーカイブ

PAGE TOP