広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

October 20,2021 (Wed)
RHS1
(上段左から)小池徹平、ISSA、昆夏美
(中段左から)フランク莉奈、古田新太、峯岸みなみ
(下段左から)武田真治、ROLLY、岡本健一

1973年の舞台初演から間も無く50年。未だカルト的⼈気を誇りファンを熱狂させるロックミュージカルの⾦字塔「ロッキー・ホラー・ショー」5年ぶりの再演が決定、発表された。

前回2017年上演版では古⽥新太のフランク・フルターをはじめ、いのうえひでのりからバトンを受け取った演劇界きってのロック狂・河原雅彦が演出、振付をMIKEY(from 東京ゲゲゲイ)が⼿がけ、演奏には⽇本版RHSの伝説“ROLLY”を中⼼に、バンド「⼥王蜂」、武⽥真治が参加するなど、新たな要素を盛り込んだライブ感溢れる演出で熱狂を呼んだ。

今回5年ぶりとなるパーティーに、小池徹平、ISSA、ROLLY、武田真治、さらに岡本健一と、これまでのRHSを支えたユニークな実力派キャスト達が豪華に集結。加えて昆夏美、フランク莉奈、峯岸みなみとフレッシュな女優陣が初参加と、2022年初頭、清濁合わせ呑むようなキャスト陣で、舞台と客席が一体となる演出もそのままに、新たな「ロッキー・ホラー・ショー」を生み出す。

はまり役、古⽥新太のフランク・フルターは三度⽬にして今回がラスト。過去の「RHS」キャスト、また今回新たにパーティーに加わるニューキャストが⼊り混じり、フランク・古⽥ーのラストランを盛り上げる。詳細は「PARCO STAGE」へ。

▼河原雅彦/演出
R.H.Sは演劇じゃない。
最高ロックなお囃子に乗せて変態を愛でる祭り。それ以上でも以下でもない。古田さんがまたまた フランクとしてステージに帰還する。変態好きにはたまらないやね。なので今回のテーマは『変態祭りの集大成』。これで決まりだ。祭りとコロナの相性は言うまでもなく最悪だ。
だからなんだ。
こちとら自慢の変態揃えて騒いでやる。客席から騒ぎ返せる術は俺が考える。
もういいよ、せっかく劇場に来てるんだから。心にまでマスクすることないんだぜ。

▼古田新太
三度目の正直 R.H.Sよ
私もう56才よ 四捨五入で60よ
いやなフランクね 世界中探してもいないわよ
でも大丈夫 またもや最強の面子を集めたから
キッチュでファンキーなワクチン受けに来て
レッツ Do The Time Warp AGAIN!!

RHS2
撮影:引地信彦

▼ストーリー
友人の結婚式の勢いに乗せられ、自分たちも婚約してしまったブラッド(小池徹平)とジャネット(昆夏美)。ふたりは恩師に報告しようと、嵐の夜、車を走らせていた。しかしタイヤがパンク。助けを求めた彼らは、人里離れた荒野に建つ古い城にたどり着く。

困り果てた二人の前に現れたのは、不気味な執事リフラフ(ISSA)と使用人のマジェンタ(フランク莉奈)やコロンビア(峯岸みなみ)たち。その異様な雰囲気に呑まれて戸惑う二人をそっちのけに、城の中ではノリノリのパーティーが始まる。さらに、黒いガーター&ストッキング姿も妖艶な城の主・フランク “N”・フルター(古田新太)が登場。いかにも性倒錯者然の彼は、この城で秘密の実験を行っている科学者であると言う。その実験とは、人造人間を創り出すこと。まさにこの夜は、彼の輝かしい実験が最終段階を迎えようとしていたのだった。困惑する二人にフランクは、人造人間誕生の瞬間に立ち会うよう強要する。

誕生したのは…フランク好みの美形の筋肉マン・ロッキー(武田真治)。城の住人たちが成功を喜んでいるところに、今度はつぎはぎだらけの謎の男・エディ(岡本健一)が乗り込んで来る。50年代のロッカー・スタイルでキメたエディだったが、身長が足りないため、あえなくフランクに始末されてしまう。邪魔者は消した。フランクはロッキーに抱かれ、新婚のカップルのように寝室へと消えていく。

夜は静かにふけてゆく…はずだったが、ロッキーと寝室に消えたはずのフランクは、いつの間にかジャネットの寝室に押し入り…、かと思うと今度はブラッドのベッドに現れ…。混乱したジャネットが城の中をさまよい歩くうちに、フランクから逃げ出したロッキーに出会い…、そんなこんなで城の中は愛と欲望の大混戦。

ドタバタの騒ぎの中、リフラフが城への侵入者を発見する。広間に誘導されてきたのはスコット博士(岡本健一)。彼はブラッドとジャネットの恩師であり、UFOを研究する科学者であり、なおかつエディの叔父でもあるというサービスぶり。だが、ロッキーをジャネットに盗られて怒り狂ったフランクは、スコット博士をブラッド&ジャネットもろとも捕らえてしまう。

3人の運命は?フランクの目的とは?
そして執事にしては何か一癖ありそうな、リフラフの正体とは?


【脚本・作詞・作曲】
リチャード・オブライエン
【演出】
河原雅彦
【翻訳】
高橋ヨシキ
【訳詞・音楽監督】
ROLLY
【振付】
MIKEY(from 東京ゲゲゲイ)
【出演】
古田新太 小池徹平 ISSA 昆夏美
フランク莉奈 峯岸みなみ 東京ゲゲゲイ
武田真治 ROLLY 岡本健一 ほか
【横浜】
2022年1月13日(木)~1月16日(日) KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉
【東京】
2022年2月12日(土)~2月28日(月) PARCO劇場(渋谷PARCO 8F)
【大阪】
2022年1月20日(木)~1月23日(日) 森ノ宮ピロティホール
【広島】
2022年1月29日(土)・1月30日(日) 上野学園ホール
【北九州】
2022年2月4日(金)~2月6日(日) 北九州芸術劇場・大ホール

2021年アーカイブ

PAGE TOP
October 16,2021 (Sat)
ボーン・トゥ・ダイ

ふぉ~ゆ~(福田悠太/辰巳雄大/越岡裕貴/松崎祐介)主演舞台、「BORN 2 DIE」の配役が、発表された。

先般上演が発表された、ふぉ~ゆ~主演舞台「BORN 2 DIE」。本作の原作は、「TOKYO TRIBE」や「隣人13号」などで知られる井上三太により1995年から98年にかけて連載された伝説的な漫画「BORN 2 DIE」。

― シャッターが下ろされ密室と化したコンビニエンスストアで、バイト、暴走族、オバサン、お巡りさん、チーマーという、一見関連性のない複数の死体が発見される事件が発生。現場には、少年がたった一人生き残っていて……。うだるように暑い夏の一夜、閉塞的な空間で抉り出される、ひりつく青春の鬱積、リアルで手近な狂気、生きる人間の性 ―。

ヒップホップやストリートといったカルチャーを散りばめ、世相や風俗なども色濃く織り込んだ唯一無二の強烈な世界観で、多くの読者を虜にしてきた。

主演するふぉ~ゆ~は、既存の枠組みにとらわれない自由な活躍に“異色のジャニーズ”と注目を集め、初のテレビ冠番組「ふぉ~ゆ~の王道テレビ~これにかけてるんで!」(10/8よりCS日テレ)のスタートや、新曲での初MV「大丈夫さ」発表など、今、まさに破竹の勢い。これまで幾多のステージで実力を磨き上げ、2015年からは毎年主演舞台を上演、ソロとしてもそれぞれ舞台・映像とジャンルレスに活動しているメンバーが、井上三太の世界に挑む。

演出を手がけるのは、小林顕作。ふぉ~ゆ~とは、2018年から2020年まで、3作品にわたって、作家・秋川滝美による人気小説「放課後の厨房男子」の舞台化作品を上演してきた。惜しまれながらの“卒業”公演で終幕した「厨房男子」シリーズの面々が再集結を果たし、まだ誰も観たことのない、踊って歌う♪密室殺人事件!?を届ける。チケットは10月16日より一般発売。チケット情報ほか詳細は公式サイトへ。

BORN 2 DIEキャラ紹介

ベアー:福田悠太
ハシーム 他:前野朋哉
吉武少年:辰巳雄大
ビビンバ 他:野澤祐樹
森川数芝巡査:越岡裕貴
タエ子 他:楢󠄀木和也
バイブ:松崎祐介
ユッケ 他:田中穂先

色々な役の声の出演 三倉茉奈 三倉佳奈

■ストーリー
『大都会”トーキョー”のコンビニ・・・密室に散らばるいくつもの死体ー。
バイト、暴走族、オバサン、お巡りさん、チーマー...
一見関連性のない複数の死体が発見された謎の事件。
現場には少年がたった1人生き残っていた。
うだるような夏の一夜、コンビニという名の密室で一体何が起こったのか?』
マンガのような衝撃の展開に、ある日突然引きずりこまれたら・・・・・・。
日常が一瞬にして非日常に変わる時、一つの決断を迫られることになる。
生きたいのか、死にたいのか、どっちだ!?

書影

【原作】
井上三太「BORN 2 DIE」
【演出】
小林顕作
【脚本】
川尻恵太(SUGARBOY)
【出演】
ふぉ~ゆ~(福田悠太/辰巳雄大/越岡裕貴/松崎祐介)
前野朋哉 野澤祐樹(ジャニーズJr.)  楢󠄀木和也(梅棒) 田中穂先(柿喰う客)
掛川僚太 図師翔太郎 藤村聡
声の出演 三倉茉奈 三倉佳奈
【東京】
11月3日(水・祝)~11月8日(月) よみうり大手町ホール
【東京】
11月17日(水)~12月1日(水) 銀座・博品館劇場
【大阪】
2021年12月4日(土)~12月5日(日) 松下IMPホール

2021年アーカイブ

PAGE TOP
October 15,2021 (Fri)
「ハウ・トゥー・サクシード」メインビジュアル

2021年11月20日(土)より東京・東急シアターオーブ、12月14日(火)より大阪・オリックス劇場にて上演する増田貴久主演ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」再演。公演ビジュアルが完成、発表された。

1961年にブロードウェイで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てた傑作ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」。翌1962年のトニー賞では7冠を達成、2011年にはダニエル・ラドクリフ主演で再び上演され、トニー賞8部門にノミネートされるなど、世代を超えて愛される名作となった。

2020年9月、増田貴久主演で、2011年版クリエイティブチームの一人であるクリス・ベイリー氏の演出・振付による新演出のもと上演。初めて海外ミュージカルに挑んだ増田は、抜群の歌唱力と表情豊かなダンスを十二分に魅せ、ポジティブなエネルギーに満ちたフィンチ役を好演、大好評を博した。

共演には「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役や「天保12年のシェイクスピア」「VIOLET」などミュージカル作品に多数出演、躍進目覚ましい唯月ふうか。アーティスト“YOUYA”としても精力的に活動する松下優也。舞台・ドラマ・バラエティと幅広く活躍する女優・雛形あきこ。俳優だけではなく振付師としても多くの作品を手がける黒須洋嗣、劇団四季「マンマ・ミーア!」など近年ミュージカル作品からもひっぱりだこの林愛夏。アーティストや俳優として無二の存在感とユニークさの光るブラザートム。さらに、元宝塚歌劇団花組トップスターで、緩急自在な演技力と歌唱力が高く評価される春野寿美礼。ミュージカルを中心に舞台や映像作品など幅広いジャンルの作品で、卓越した安定感といぶし銀の魅力の石川禅と、多彩なキャストが集結。

ビルの窓ふき清掃員から大企業の幹部へ……と出世街道をひた走る若者のストーリーにふさわしい、思わず口ずさんでしまうようなポップで力強い楽曲、軽快でパワフルなダンス!スタイリッシュなコメディミュージカルを華やかなキャストが彩る。チケット情報ほか詳細は公式サイトへ。

増田貴久
再演が決まってとても嬉しく、幸せに思っています。
僕の演じるフィンチという役は、これまでに沢山の方が演じ、愛されてきた役で、映画版も含めて色々なフィンチがいます。そういった役を演じるのは、どんな感じなんだろう、と思っていましたが、前回は、お稽古場で共演の皆さんが作ってくださる空気だったり、歌やダンス、色々なものがどんどん体に入っていく中で、少しずつ僕なりのフィンチを作ることが出来たかなと思います。フィンチが明るくまっすぐな人であるのは今回も変わらないですが、再演なので、また違ったアプローチもできるかなと思っています。今回から新しくご一緒する方もいらっしゃいますし、前回より成長したところをしっかり活かせる事ができればと思います。共演の皆さんと一緒に、エネルギーを全力で出しきらないとできないほどパワフルな作品なので、稽古場の熱量がすごいんです。今回も、フィンチは上手に会社のトップまで上り詰めないとけないので毎公演戦いです。
ぜひ、劇場に遊びに来ていただければと思います。

唯月ふうか
出演が決まって、私自身コメディミュージカルが初めてなのでとても嬉しいです。音楽が踊ってしまうくらい楽しい曲ばかりなので、早く作品に飛び込みたい気持ちでいます。
ローズマリーはピンクがモチーフになっている役なのでとてもテンションが上がりますし、恋が結ばれる役は久しぶりなので、とても楽しみです。素敵な奥様像を想像しながら曲を歌いたいと思います。再演からの参加でドキドキしていますが、初演から見てくださっているお客様に受け入れてもらえるように作品についてより深く知っていきたいと思っています。
見に来てくださった方にとにかくハッピーに、もう一回見たい!楽しかった!と思ってもらえると幸せです。ぜひ劇場にお越しください。

松下優也
バド役が決まったとき、前回やれる事はやり切ったので、再演するにあたって前回と同じことをするのは違うな、と。 バドは周りをひっかきまわす存在なので、見ている方には嫌な奴だと思ってもらえるよう、そして共演者の皆さんにも前回以上にムカつくなと思われるよう嫌われ役を楽しみたいと思います。バドという役は個人プレーの場面が多いですが、今回から参加される皆さんに感化されるものは大いにあると思うので、楽しみです。前回まっすー(増田貴久)が差し入れしてくれたお弁当美味しかったので、今回も...!!
この一年間で自分も成長したと思うので、稽古場で新たなアプローチを試したりして、初めて観劇する方にも、前回観てくださった方にも楽しんでもらえるよう頑張ります。進化した作品、そして2021年版のバドを楽しみにしていて下さい!

雛形あきこ
又この作品に携われること、ヘディを演じられることをとても嬉しく光栄に思います。最初に台本を読んだ時、ヘディは自分とは全く違う性格なので戸惑いがありましたが、実際に演じてみると愛着が湧き幸せになってほしいと思いながら演じていました。セクシーさだけでなく皆から愛される可愛らしさも出せたらと思っています。前回もコロナ禍でしたので皆で食事にも行けず、お喋りもできなかったのに
仲良くとてもいい空気感でした。人柄の良い方達に囲まれて幸せでした。
素敵なカンパニーでした。今回の再演にあたっては、初演の時にご一緒だった方とは新鮮な気持ちで挑みたいですし、新しいキャストの方との共演も楽しみです。
新たな「ハウ・トゥー・サクシード」をご覧頂き、沢山笑って楽しいひとときをお過ごいただけたらと思います。劇場でお待ちしています!

黒須洋嗣
僕自身、ミュージカルに出演するのが5年ぶりなので、とてもワクワクしています。演じる人事部長のブラットは、人柄は良さそうですが、社長のいいなりの世あたり上手なザ・ビジネスマン。ダンスの見せ場が多いと聞いているので楽しみでもあります。今回、まっすー(増田貴久)と一緒に共演できることも、とても嬉しく思っています。以前、彼の出演したミュージカルの振付を、僕が担当したことがありまして。とても真摯で熱心だったのを覚えています。そしてキャラクターの濃い素敵な皆様との共演もとても楽しみです。全力で挑みますのでどうぞ楽しみに期待していてください!

林愛夏
前回の公演の大千秋楽のとき、共演者の方たちとまたこの作品をやりたいね、と話していたので、再演が決まってとても嬉しいです。またスミティとして戻ってこられて高揚感でいっぱいです。
スミティはローズマリーをとても大切に思っていて、彼女が上手くいったら自分も嬉しくなれる、友達思いなスミティを素敵だなと感じています。今回から参加されるキャストの方々とは初めての共演になりますが、明るくて楽しい作品なのですぐに打ち解けられるだろうなと思っています。感染対策のために距離をしっかり保ちつつ、心のコミュニケーションはしっかり取って、チーム一丸となって作品に挑みたいです。
前回より歌や踊りをパワーアップするために身体づくりをしっかりしていきたいと思います。このような状況下なので、お客様にご協力していていただくこともあると思いますが、明るくてハッピーで面白くて楽しいがたくさん詰まったこの作品を皆様と共有できる、素敵な時間を作っていきたいので、一生懸命お稽古も頑張りたいと思います。劇場でお待ちしております。

ブラザートム
どのミュージカルよりも一番好きで、この作品こそエンターテインメントだと思っているので、再演が決まってとても嬉しいです。
前回の公演を終えて、もっと癖をつけてもいいなと思ったので、今回はとことんオリジナリティーをつけてもっと人種をはっきりさせていきたいと思っています。声の使い方や、栃木と茨城の間くらいのなまりを入れて言葉の表現の仕方を変えていきたいです。きっとみんな「こんなことがやりたい」を1年間溜め続けてきたと思うので、みんなのパワーがみなぎった面白い作品になると思います。
前回はコロナ禍で上演して無事に千秋楽を迎えられた作品で、お客さんの前で演技できることの素晴らしさを実感しました。
ガラッといい顔になった増田君と松下君ともっと深い演技ができるのではないかと今から楽しみです。声を出せない状況なので、ハンドサイン、決めておきましょうか。「キャー!!」と言いたいときは手をCに。「まっすー!!」と言いたいときは手をMに。「優也―!!」と言いたいときは手をUに。舞台からちゃんと見えてます。トムのTは“タイム”になってしまうのでなしで。

春野寿美礼
一年足らずで再演が決まり、この作品が偉大であること、増田さんのフィンチが素晴らしいこと、何よりお客様が盛り上げて楽しんでくださったことが大きな力になったのだと思います。再びジョーンズを演じられることを大変嬉しく思います。
コメディミュージカルならではのキャスト同士のテンポ感や間を、より感じながら、大事に演じていきたいと思います。ジョーンズは長年勤めあげた会社のお局的な存在ではありますが、フィンチに振り回される一人の女性です。ボウリングの玉を投げる真似をするシーンでフォームが綺麗だと言っていただけたので、ボウリングに命を懸けているミス・ジョーンズにも注目していただけたらと思います。
個性あふれる方々とご一緒できて今からワクワクしています。この作品の世界観を大切にしながら、自分を解き放ってジョーンズを演じたいと思います。この作品をご存知の方も、そうでない方も、十分に楽しめるパワフルな作品です。今回もコロナ禍での上演となりますが、皆様に楽しんでいただきたいと思っております。ぜひ、劇場に足をお運びください。

石川禅
ハウ・トゥー・サクシードの日本初演はちょうど東京オリンピックの年で、僕が生まれた年でもあります。そんな大作に社長役として出演するなんて、年を重ねたんだなというのが率直な感想です。コメディの芝居を熟知されているベテラン俳優が受け継いできた役なので、全力を尽くして演じたいと思います。ダンスも全力で頑張ります!再演から参加させていただくのは初めてではないので、緊張感なく、役を精一杯演じることに集中していこうと思います。
大変な世の中になりました…。皆さんの心に、心休める時間、楽しい時間をお届けしたいと思います。
どうぞ、お楽しみに。

◆STORY
ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田貴久)は、ある日「努力しないで出世する方法」という本を読んで感化され、出世を強く意識するようになる。“入るべきは大企業”という本の教えに沿って、ワールドワイド・ウィケット社に飛び込んだフィンチは、偶然出会った社長のビグリー(石川禅)に直談判。そんな彼を一目で気に入った秘書のローズマリー(唯月ふうか)は友人である秘書のスミティ(林愛夏)とともに何かと世話を焼く。人事部長のブラット(黒須洋嗣)に社長の関係者だと勘違いされたフィンチは首尾よく入社、トゥインブル(ブラザートム)が郵便室長を務める郵便室に配属される。そこには社長の甥で出世を狙うバド(松下優也)がいた。本の教えに沿って行動するフィンチは、社長秘書のミス・ジョーンズ(春野寿美礼)にも気に入られ、ヘディ・ラ・ルー(雛形あきこ)という専属秘書も付き、出世はトントン拍子。ローズマリーとの恋も上手く運んで、全てが順調…だったある日、重大なアクシデントが発生。果たして、フィンチの幸運もこれまでなのか…!?

【脚本】
エイブ・バローズ、ジャック・ウェインストック、ウィリー・ギルバート
【作詞・作曲】
フランク・レッサー
【原作】
シェパード・ミード
【演出・振付】
クリス・ベイリー
【翻訳・訳詞】
高橋亜子 
【音楽監督】
荻野清子
【演出補】
荻田浩一

【出演】
増田貴久 唯月ふうか 松下優也 雛形あきこ 黒須洋嗣 林愛夏 ブラザートム
/春野寿美礼 石川禅
青山航士 武藤寛 風間由次郎
大村真佑 工藤広夢 坂元宏旬 柴原直樹 MAOTO 松本和宜 りんたろう
天野朋子 熊澤沙穂 咲良 田口恵那 笘篠ひとみ 米島史子


【東京】
2021年11月20日(土)~12月7日(火) 東急シアターオーブ
【大阪】
2021年12月14日(火)~16日(木) オリックス劇場

2021年アーカイブ

PAGE TOP