広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
INFORMATION
COMPANY
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

February 08,2021 (Mon)
プラネタリウムのふたご
左から:佐藤アツヒロ、阿久津仁愛、永田崇人、松尾貴史
撮影:桜井隆幸

2月6日(土)に東京芸術劇場 プレイハウスにて初日を迎えた、音楽劇『プラネタリウムのふたご』のキャストらのコメントが到着した。

本作は2004年、三島由紀夫賞候補にもなった、いしいしんじ氏の同名傑作小説を、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』、『リューン』などでも活躍する気鋭の若手俳優・永田崇人(ながた たかと)と、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンで越前リョーマ役を演じた阿久津仁愛(あくつ にちか)の二人をW主演とし、さらに実力派俳優佐藤アツヒロらが出演している。

プラネタリウムのふたご1

星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、星座にちなんで名付けられたふたご、テンペルとタットル。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部に。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは……。
ファンタジック且つリアルな心情が深く描かれる、いしいしんじの独特な物語世界が、ウォーリー木下の演出により、音楽、衣装、美術、照明、映像が融合し鮮やかで贅沢に表現されている。
本作は、ふたご(永田、阿久津)が、育ての父(佐藤アツヒロ)をはじめ、周囲の人々との関わりの中でで経験していく成長記。相手を想うがゆえの”やさしい嘘”をめぐり時に哀しみ、時に救われる様子が描かれ、暖かくも不思議な感覚に包まれる。

プラネタリウムのふたご2

■永田崇人コメント
延期という形で初日を迎えられること、とてもありがたく、そして幸せに思っております。僕はこの原作を、戯曲を読んで、いくつかの人間である喜びのようなものを見つけました。皆さんもこの作品から、何かを、見つけてもらえたら嬉しいです。

■阿久津仁愛コメント
ついに、音楽劇「プラネタリウムのふたご」開幕です!!!
ものすごく緊張していますが、僕自身約一年ぶりに舞台に立てることにすごくワクワクしています!
豪華なキャストの皆さんに囲まれて稽古場では沢山のことを感じ、学ばせていただきました。
素敵な演出、楽曲全てを楽しんで頂けるように精一杯頑張ります!

■佐藤アツヒロコメント
この不思議な世界観を持つ、ファンタジックな音楽劇、『プラネタリウムのふたご』。全スタッフ、キャスト皆で、"辿り着く場所"に向かって、今までも、これからも頑張っています。このようなご時世ですがとても心温まる世界観、人情味溢れる物語になっています。
今なかなか劇場に足を運ぶことも難しい部分があるかもしれませんが、今出来ることを、演劇として、エンターテイメントとして、僕たちも、一つ一つやっていきたいと思います。

プラネタリウムのふたご3

■松尾貴史コメント
いしいしんじさんの世界観は、私たちの世界の根源的な問題を寓話の形で気づかせてくれます。仏教の教えに「諸行無常」という価値観があります。存在はすべて、姿も本質も常に変化するもので同一性を保てない。そこで何を見つめ直すべきか、そのための望遠鏡を覗くチャンスを与えてくれているように思います。

■ウォーリー木下(演出)コメント
ついに開幕です。僕が20年以上前にかかった演劇というマジカルな表現。
その正体が知りたくてずっとやってきて、今回少しだけそのマジカルな何かに近づけた気がします。
感染対策も含めて、スタッフキャストの総力戦でできあがったこの舞台。
今だからこそ見て欲しいものになりました。旅に出られない分、劇場でぜひトリップしてください。

プラネタリウムのふたご4

プラネタリウムのふたご5

プラネタリウムのふたご6


【原作】いしいしんじ 「プラネタリウムのふたご」(講談社文庫)
【演出・脚本】ウォーリー木下
【音楽】トクマルシューゴ
【作詞】森雪之丞
【出演】永田崇人 阿久津仁愛 佐藤アツヒロ
前島亜美 菊池修司 サイクロンZ 冨森ジャスティン
齋藤桐人 山﨑秀樹 安田カナ 黒木夏海 谷啓吾 田鍋謙一郎
壮 一帆 春風ひとみ 大澄賢也 松尾貴史
【プレビュー公演】2021年2月6日(土)~7日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【大阪】2021年2月13日(土)~14日(日) 梅田芸術劇場 メインホール
【東京】2021年2月19日(金)~23日(火) 日本青年館ホール


音楽劇『プラネタリウムのふたご』公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP
January 13,2021 (Wed)
文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス
Ⓒ舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」メインビジュアルとキャストのソロビジュアルが発表された。

「文豪ストレイドッグス」は、2013年にヤングエースにて朝霧カフカ(原作)・春河35(漫画)によりコミックス連載が開始された、架空の都市[ヨコハマ]で繰り広げる異能力アクションバトル漫画。コミックスは現在20巻まで刊行、シリーズ累計で800万部を突破した大ヒット作だ。

舞台化の第一弾は、TVアニメ第一シーズンをもとに舞台「文豪ストレイドッグス」(2017)を上演。演劇ならではの俳優の身体的な表現や、プロジェクションマッピングを駆使した映像演出など、多彩な演出手法は高い評価を得た。これまでに「文豪ストレイドッグス 黒の時代」(2018)、「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」(2019)、「文豪ストレイドッグス 序 探偵社設立秘話・太宰治の入社試験」(2020)と4作品、それぞれ様々なキャラクターと時代にスポットを当てたエピソードで舞台化されている。

第五弾となる今作では、2018年に劇場版として公開された映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」を舞台化。
登場するのは、異能力を持つ探偵集団「武装探偵社」の中島敦、太宰治、泉鏡花ら、ヨコハマの裏社会に巣食う「ポートマフィア」の芥川龍之介、中原中也ら、地下組織の盗賊団「死の家の鼠」の頭目であるフョードル・D、今作の鍵を握る謎に包まれた異能力者・澁澤龍彦。
異能力者たちが自ら命を断つという不可解な「異能力者連続自殺事件」の発生に端を発する、過去から現在まで、それぞれの思惑、悔恨、因縁が重層的に絡み合う、霧深き物語が描き出される。

演出は、「文豪ストレイドッグス」を第一弾から手がけ、その世界を知り尽くす中屋敷法仁。
出演は、第一弾から中島敦役を演じ、その魅力を余すことなく体現する鳥越裕貴、泉鏡花役に桑江咲菜、芥川龍之介役に橋本祥平、中原中也役に植田圭輔、太宰治役に田淵累生、フョードル・D役に岸本勇太、澁澤龍彦役に村田充と、実力派の俳優陣が集結した。


演出・脚本/中屋敷法仁コメント
舞台『文豪ストレイドッグス』が、新たな境地に突入します。これまでのシリーズとは比較にならない程、どこまでも深く、壮大な物語に挑みます。魅力あふれる俳優陣と素晴らしいクリエイターチームで、原作の底知れぬ魅力をお届けします。深い霧の中に飛び込むようなスリリングな高揚感、どうぞお楽しみに。

【文豪DA】中島 敦
鳥越裕貴(中島敦役)コメント
今年もやって来ました。待望の楽しい楽しい演劇の時間。沢山のバトンが繋がれて来ました、文ステ。
新しいキャストも加わり、わくわくしております。
原作が面白いのは勿論の事、キャスト&スタッフ陣も面白い、このカンパニー!
いつも通りにいかない事も多々あると思いますが演出の中屋敷さん筆頭に今だからこそ出来る演劇を爆発させられるカンパニーだと思っています!そして、この演劇熱を天にまで届かせます。

【文豪DA】泉 鏡花
桑江咲菜(泉鏡花役)コメント
泉鏡花役をまた演じられる事が素直に嬉しかったです。これだけ作品が続けられるのは、応援してくださっているみなさんや、色々な方の支えのおかげだと思います。
今回はDEAD APPLEという事で、澁澤とフョードルと太宰のシーンや、自分の異能と戦うシーンなど、どうなるのかワクワクしています。鏡花が探偵社と出会い変化した、表情や思考や敦、芥川との関係性にも注目です!文ステの勢いは止まりません!みなさんお楽しみに!

【文豪DA】芥川龍之介
橋本祥平(芥川龍之介役)
ビジュアル撮影で改めて衣裳に袖を通した時、あぁ戻ってきた。と感じました。
初演が2017年に上演されそこから数々の物語を芥川龍之介として歩ませて頂きました。今回のDEAD APPLEでも芥川を演じさせて頂けること、とても光栄です。
文豪ストレイドッグス DEAD APPLEの最大の敵は、自分自身の異能力。
これまでとはまた違った戦いを文ステらしい演劇の力で表現し、原作の様に情熱に溢れた作品にしたいと思います。舞台文豪ストレイドッグスの新たな物語を是非体感してください。

【文豪DA】中原中也.jpg
植田圭輔(中原中也役)
三度目の中原中也!
今回は少数精鋭で挑みます。
共に戦ってきた異能者たち、そして新しい仲間。
DEAD APPLEの世界をステージ上に体現してお魅せしたいです。

【文豪DA】太宰 治
田淵累生(太宰治役)
まさか自分が太宰治を演じる事ができるとは思ってもみなかったので、本当に光栄です。自分の未知な部分をたくさん引き出して、自分なりの太宰治を創造するのが楽しみです。初めて衣裳を着させて頂いた時も、あまりの格好良さに興奮しました。今回の白の衣裳に隠されている物語の意味も含め、芝居を構築していきたいと思います。原作のストーリー展開や他のキャラクターとの関係性に感動しており、どのように舞台で表現されるのかとても楽しみです。

【文豪DA】フョードル・D
岸本勇太(フョードル・D役)
多くの方から愛されている舞台「文豪ストレイドッグス」に出演させていただけることに、嬉しい気持ちでいっぱいです。敬意と感謝を持って作品に向かい合いたいと思っております。
衣裳を着用させていただき、スタッフさんの愛と気合いを体感し、撮影当日も良い緊張感で挑むことが出来ました。只今、絶賛勉強中ですが、原作の世界観に引き込まれています。登場人物や関係性、物語の背景を突き詰め、稽古に挑みたいと思います。
新参者ですが、宜しくお願い致します。

【文豪DA】澁澤龍彦
村田充(澁澤龍彦役)
鳥越君が主演だから、という理由で三年前に渋谷で観劇をした。当時私は休養中であり復帰することすら想像できなかったが、鳥越君と共演できるとしたら文ステしかないと思った。そして今回それが叶った。いただいた役は澁澤だ。プライベートでは仲の良い高校の先輩後輩だけれど、舞台では敵対する関係のようだ。この縁に感謝し、原作ファン舞台ファンに失礼のない演技をしたい。よろしくお願いいたします。


【演出】中屋敷法仁
【脚本】中屋敷法仁・内田裕基
【協力】朝霧カフカ・春河35
【出演】鳥越裕貴 桑江咲菜 橋本祥平 植田圭輔 田淵累生 岸本勇太  村田 充
大石 樹 岡村 樹 山中啓伍 有光麻緒 浦島優奈 小野塚茉央 小林らら 美守 桃
【大阪】2021年4月16日(金)~18日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
【東京】2021年4月23日(金)~5月5日(水・祝)日本青年館ホール

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP
December 16,2020 (Wed)
EDGES -エッジズ-

12月に新国立劇場 中劇場にて上演されたミュージカル『EDGES-エッジズ-』のオンデマンド配信が決定した。

本作は、日本でも大変な注目を集めて高い評価を得た、映画「ラ・ラ・ランド」の作詞、「グレイテスト・ショーマン」の楽曲を手掛けた作詞・作曲デュオ、パセック&ポールこと、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが学生時代に生み出したデビュー作。出演者は4人のみで、一つのテーマのもとに1曲1話完結の楽曲をオムニバス形式で綴る、“ソングサイクル”という新しい形のミュージカルだ。

BLUE2
左から:【チームBLUE】増田有華、太田基裕、矢田悠祐、菜々香

RED2
【チームRED】藤岡正明、梅田彩佳、実咲凜音

日本初演となる今回は、クリエイティブスタッフ・出演者を2チームに分けた形で連続上演するという、競作に挑戦している。
物語に登場する若者たちは、日々を精一杯生きながらもふとした瞬間に、抱えた胸のモヤモヤに懊悩する。「自分は誰?何になりたい?」「これは愛だと思うから あなたも私を愛して欲しい」……感情の爆発、周囲の期待からの逃避、人間関係の軋轢。大人になるってどういうこと……? 愛、責任、アイデンティティ、人生の意味を正直に問う作品だ。
【チームBLUE】は若々しく生きる中での悩める情景と舞台全体をふんだんに使った演出、【チームRED】はよりアダルティ―な雰囲気で音楽と調和した演出され、きらきらしく瑞々しくそれぞれのチームに色付けされている。

BLUE
【チームBLUE】
【演出】
元吉庸泰
【音楽監督】
園田 涼 
【出演】
太田基裕 矢田悠祐 増田有華 菜々香
【演奏】
ピアノ:松井トモコ  シンセサイザー:桑原まこ
パーカッション:野崎めぐみ  ギター:大月文太
※チームBLUEオンデマンド配信:12/5(土)13:00/17:00公演回を収録・編集した内容

RED
【チームRED】
【演出】
荻田浩一
【音楽監督】
奥村健介
【出演】
林 翔太 藤岡正明 実咲凜音 梅田彩佳
【演奏】
ピアノ:中原裕章  ギター:YUTAKA
ベース 瀬戸圭介  ドラム:李 令貴
※チームREDオンデマンド配信:12/9(水)14:00/18:30公演回を収録・編集した内容

★オンデマンド配信について =両チーム共通=
【配信期間】2020年12月24日(木)20:00~12月30日(水)23:59まで
【販売期間】2020年12月19日(土)10:00~12月30日(水)22:30まで
【チケット料金】各3,500円(税込) ※視聴されるチームごとにチケットの購入が必要。

【配信プラットフォーム(チケット販売&配信先)】
チケットぴあ 「PIA LIVE STREAM」
 ※詳しくはチケットぴあサイトにて

イープラス「Streaming 」
 ※詳しくはイープラスサイトにて

ミュージカル『EDGES -エッジズ-』公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP