広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

January 18,2019 (Fri)
ろご

これまでシーエイティプロデュースで上演されてきた演劇の作品を、映像作品としてスクリーンで楽しめる新演劇体験『シーエイティプロデュース「ステージ・シネマ コレクションvol.1」』。2月12日(火)~15日(金)、『ビリーバー』(2010年)、『テイク・ミー・アウト 2018』(2018年)、『マクガワン・トリロジー』(2018年)の三作品がDDD青山クロスシアターで上演される。チケットは1月19日(土)10:00より発売開始。ほか詳細は公式サイトへ。


ph_ビリーバー_00230
◎『ビリーバー』(2010年)
【作】
リー・カルチェイム
【演出・上演台本】
鈴木勝秀
【出演】
勝村政信 風間俊介 / 草刈民代 / 川平慈英
【ストーリー】
サンタクロースを信じる男とその妻、息子等の悲しくも心温まるお話。しかしそこには9.11以降の喪失感漂う現代社会を背景に、センチメンタルな気分は無く、社会の矛盾や家族の崩壊を乾いたタッチで綴る。ただ信じること。愛することの儚さ、その尊さが見事に描かれている。


ph_テイク・ミー・アウト_527A5333
◎『テイク・ミー・アウト 2018』(2018年)
【作】
リチャード・グリーンバーグ
【翻訳】
小川絵梨子
【演出】
藤田俊太郎
【出演】
玉置玲央 栗原類 浜中文一 味方良介 小柳心 陳内将
Spi 章平 吉田健悟 竪山隼太 田中茂弘
【ストーリー】
男たちの魂と身体が燃え滾る、「ロッカールーム」。彼らにとってそこは、すべてをさらけ出せる楽園だった。ひとりのスター選手による、あの告白までは-。黒人の母と白人の父を持つメジャーリーグのスター選手、ダレン・レミングは、敵チームにいる親友デイビー・バトルの言葉に感化され、ある日突然「ゲイ」であることを告白。それは、150年に及ぶメジャーリーグの歴史を塗り替えるスキャンダルであった。しかしダレンが所属するエンパイアーズ内には軋轢が生じ、次第にチームは負けが込んでいく……。


ph_マクガワン・トリロジー_0955
◎『マクガワン・トリロジー』(2018年)
【作】
シェーマス・スキャンロン
【翻訳】
浦辺千鶴
【演出】
小川絵梨子
【出演】
松坂桃李 / 浜中文一 趣里 /小柳心 谷田歩 / 高橋惠子
【ストーリー】
IRA=アイルランド共和軍の内務保安部長、ヴィクター・マクガワン。彼はその冷酷さから、組織の殺人マシーンとして出世してきた。1984年、ベルファストのバーにて、ヴィクターはIRAメンバーであるアハーンが敵に情報を漏らした疑いをもち、探りを入れる。尋問は、司令官のペンダー、バーテンダーを巻き込んで、エスカレートしていき……。IRA(アイルランド共和軍)の殺人マシーンとなったヴィクター・マクガワンの、暴力性と悲哀に満ちた三年の歳月を描く、コメディタッチの悲劇である―。


上映日程
2月12日(火)
16:00 マクガワン・トリロジー
19:00 テイク・ミー・アウト 2018
2月13日(水)
13:00 テイク・ミー・アウト 2018
16:00 マクガワン・トリロジー
19:00 ビリーバー
2月14日(木)
13:00 ビリーバー
16:00 テイク・ミー・アウト 2018
19:00 マクガワン・トリロジー
2月15日(金)
13:00 マクガワン・トリロジー
16:00 ビリーバー
19:00 テイク・ミー・アウト 2018

2018年アーカイブ

PAGE TOP
December 28,2018 (Fri)
ハル
上段左から 薮宏太(Hey! Say! JUMP) 北乃きい 安蘭けい
下段左から 栗原英雄 七五三掛龍也(Travis Japan) 梅沢昌代 今井清隆
作:高橋亜子、演出:栗山民也、作曲・音楽監督:甲斐正人といったトップクリエイターの起用と、Hey! Say! JUMPの薮宏太を主演に迎えることで話題となったミュージカル『ハル』が主要キャス発表。公演情報も更新された。

ボクシングに夢中で、ハルの生き方に大きな影響を与える真由役に北乃きい。初舞台のロック☆オペラ『サイケデリック・ペイン』で歌唱力の高さを実証し、近年は映像作品のみならず舞台作品にも積極的に出演する北乃演じるヒロインに期待が集まる。そしてハルの母親・石坂千鶴役には元宝塚歌劇団星組トップスターで注目作への出演が続く安蘭けい。ボクシングジムのオーナー・神尾役には大河ドラマ「真田丸」で話題を呼んだ栗原英雄。ハルの幼馴染の修一をジャニーズJr.として活躍する七五三掛龍也、ハルを見守る祖母役には演技派女優の梅沢昌代、千鶴が働く会社の社長・高野役にミュージカル界に欠かせない存在の今井清隆。若手からベテランまで実力派キャストが一丸となって、現代の日本で懸命に生きる人々への応援歌となるようなオリジナル・ミュージカルを作り上げる。チケットは2月16日(土)発売!ほか詳細は公式サイトへ。

★北乃きい
私が生まれて初めて観劇した作品がミュージカルでした。幼少期から音楽が大好きでしたので、音と共にその作品の世界に入って行ける感じが楽しくて、その時に受けた衝撃を今でも忘れられません。そんなミュージカルに自分が出演できること、とても嬉しく思います。これから自分が演じる真由、そして作品に深く向き合っていく時間を大切にしていきたいです。現段階の台本でも、それぞれの人間の生の歩みが様々な形で表現されていて、とても興味深く、気付いたら、あっという間に読み終わっていました。読み終わった後もいろいろなことを考えさせられる物語でした。高橋さんの脚本、甲斐さんの音楽、そして栗山さんに演出していただけること、薮さんをはじめ大先輩の皆様と作品作りに参加出来ること全てが貴重で、大変嬉しく思います。“舞台だからこそ出来ること”というのがたくさんあると思います。生ものにしかない緊張感や達成感、そういったものを感じられる場所であり、改めて言葉の大切さやその場の空気の大切さに気付かされます。私はまだまだ舞台経験が少ないので、これからもっと舞台の魅力に気付かされていくと思います。真由もボクシングをする役なので、ボクシングの練習、歌の稽古、お芝居の稽古…と課題はたくさんありますが、課題がある程燃えるので楽しみです!


★STORY
主人公は小さな田舎町に住む高校生、ハル(薮宏太)。子供時代に患った大病を乗り越え、母・千鶴と共に暮らしている。高野が経営する会社で働きながら、女手一つでハルを育てる母からの期待と裏腹に、ハルは本音を話せる友人もおらず、虚しい日々を過ごしていた。流星を見に行くために同級生たちと集まった場でも、ハルが合流するとなぜか空気が変わってしまう。しかし幼馴染の修一だけはいつもハルの味方だった。思い悩んでいる様子のハルに、祖母は「心から楽しいって思うことを探したらいいよ」と優しい言葉をかける。ある日、ハルはボクシングに夢中になっている少女・真由と出会う。自分とは全く違う価値観でキラキラと輝いている真由と話すうち、だんだんとハルの中で何かが動き始める。「ボクシング…。好きになれるか分からないけど、やってみたい…。」真由に誘われ、ハルは神尾が経営する寂れたボクシングジムに通う様になる。
少しずつ自分の人生に向き合い始めたハルに、試練が訪れる……。


【作】
高橋亜子
【演出】
栗山民也
【作曲・音楽監督】
甲斐正人
【出演】
薮宏太(Hey! Say! JUMP) 北乃きい 安蘭けい
栗原英雄 七五三掛龍也(Travis Japan) 梅沢昌代 今井清隆 ほか
【東京】
2019年4月1日(月)~14日(日) TBS赤坂ACTシアター
【大阪】
2019年4月22日(月)~28日(日) 梅田芸術劇場メインホール

2018年アーカイブ

PAGE TOP
December 26,2018 (Wed)
『ソーホー・シンダーズ』

ロンドン・ソーホーを舞台に繰り広げる現代版“シンデレラボーイストーリー”『ソーホー・シンダーズ』。日本初演となる本作は、主人公・ロビーと、彼の恋人で市長選の候補者・ジェイムズを中心に展開する“本当の幸せ”を見つける真実の愛の物語。恋人同士の役を演じる林翔太(ジャニーズJr.)と松岡充の仲睦まじい姿を収めたビジュアルが完成、発表となった。

翻訳・訳詞は、「ビリー・エリオット」「メリー・ポピンズ」など数多くのミュージカルの訳詞を手掛けてきた高橋亜子。演出には、劇団エムキチビートを主宰し、演出家・脚本家、また演出助手として活躍し急伸を続ける元吉庸泰。近年では「錆色のアーマ」「妖怪アパートの幽雅な日常」の演出を手掛けるなど注目を集めている。

主人公・ロビーを演じるのは林翔太(ジャニーズJr.)。近年、「喜劇 有頂天一座」や「滝沢歌舞伎2018」への出演で存在感を示し、ブロードウェイ・ミュージカル「Rodgers/Hart(ロジャース/ハート)」では初主演を務めた林が、現代ロンドンの“シンデレラ”に扮する。ロビーの恋人で、ロンドン市長選に立候補するジェイムズ・プリンスには松岡充。ロックバンド・MICHAELのヴォーカリストとして、また俳優として、多彩なフィールドで輝き続ける松岡が、またひとつ新しい顔を魅せる。

また、「Honey L Days」のヴォーカリストとして、映像・ミュージカルでも活躍中の東山光明、元劇団四季のヒロインとして脚光を浴びた谷口あかり、若手実力派俳優の西川大貴、2008年の「アニー」で主役に抜擢され、以後舞台を中心に活躍している豊原江理佳、ダンスボーカルグループのメンバーとしてデビューし、2016年よりダンスエンターテインメントショー「THE CIRCUS!」シリーズにも出演する菜々香、2017年にミュージカル「RENT」でヒロイン役に抜擢され、好評を博した歌手の青野紗穂ら、ミュージカルを中心に活躍する個性派も名を連ねる。さらに圧倒的な歌唱力と表現力、チャーミングさを兼ね備えるマルシア。そして「FOSSE」「CICAGO」の来日公演で唯一の日本人ダンサーとして出演、俳優・振付家と幅広く活躍する大澄賢也と、確かな実力と華のあるキャストが顔を揃えた。チケットは1月26日(土)発売。ほか詳細は公式サイトへ。

■元吉庸泰(演出)
この物語は、シンプルでありながら、とっても生きる力に溢れた物語です。躍動的なロンドンのソーホーは枝打ちされずというか、伸びやかに進んでいく街。そこに彩溢れる希望と絶望に溢れる音楽。素晴らしいキャスト陣。
とてもキュートな、それでいてある意味人間賛歌であるこの物語を上演できることを幸せに思います。なんて、楽しみ!きっと、心動き、温かいものを抱きしめられる作品になります。ご期待くださいませ。

■林翔太(ロビー役)
まずこの作品に携われること、そして豪華な共演者の皆さんと共に主演という立場で舞台に立たせていただける事。驚きと感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございます!
ビジュアル撮影の時にロビーの恋人役である松岡充さんと初めてお会いしました。凄く優しくてお会いしてすぐに「絶対に良い人だ!!!!」と安心したと共に確信しました。(笑)
楽曲も台本も素晴らしくて、曲を聴いてはワクワクし、台本を読んではワクワクして、ワクワクしっぱなしです!
今回の作品で演出家である元吉さんをはじめ、豪華な共演者の皆さんからたくさん勉強させていただき色々な事を吸収出来ることが楽しみです!
日本初上演なのでみんなで力を合わせて、大成功させたいと思います!

■松岡充(ジェイムズ・プリンス役)
人と人は、固まった価値観を壊して惹かれ合うことができる。
男女という性別や世代を超越してでも…

「そんな世界ではもっとたくさんの笑顔が生まれるんじゃないか?」
「ふたりを見ているとそんな人間としての可能性を感じられる」
観劇された方が、そんな風に思える作品になればと願います。


■ストーリー
 ロンドンの街、ソーホーで洗濯屋を経営するロビーは、店のオーナーである義姉妹にしばしばいじめられ、家賃を上げられて追い出されてしまう。

 お金に困ったロビーは、経済界の大物・ベリンガム卿からお金の援助と求愛を受けるが、実はロビーには密かに本命の恋人がいた。お相手はロンドン市長選立候補者、ジェイムズ・プリンスである。

 ある日、ベリンガム卿は市長選資金集めのためのパーティーを企てる。そうとは知らず、高価な衣装やお金を贈られパーティーに招待されたロビー。気乗りしないまま、親友のヴェルクロやリキシャ屋のサイドサドルの応援で、夜中の12時に会場を抜け出す作戦を立て、パーティーへ出向くことに。しかしこのパーティーでロビーはジェイムズと鉢合わせてしまう! 二人の仲がばれ、ひとたび大スキャンダルとなり……!?

【翻訳・訳詞】
高橋亜子
【演 出】
元吉庸泰
【出 演】
林 翔太(ジャニーズJr.) 松岡 充
東山光明 谷口あかり 西川大貴 豊原江理佳 菜々香 青野紗穂
マルシア 大澄賢也
【東 京】
2019年3月9日(土)~3月21日(木・祝) よみうり大手町ホール
【大 阪】
2019年3月23日(土)・24日(日) 森ノ宮ピロティホール
【金 沢】
2019年3月26日(火)・27日(水) 北國新聞 赤羽ホール
【愛 知】
2019年3月28日(木) 刈谷市総合文化センター アイリス
【神奈川】
2019年3月31日(日) やまと芸術文化ホール メインホール

2018年アーカイブ

PAGE TOP