広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

May 17,2019 (Fri)
恐るべき子供たち1

明日5月21日(火)に本公演がスタートする、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『恐るべき子供たち』。5月17日には、プレビュー公演前に公開けいこと囲み取材が行われ、南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大、馬場ふみかと演出の白井晃が意気込みを語った。

本作はKAAT芸術監督・白井晃が手掛ける“近現代戯曲シリーズ”最新作。先月同劇場にて上演した『春のめざめ』同様、思春期の少年・少女を主人公に、フランスの詩人・小説家・劇作家ジャン・コクトーが1929年に上梓した中編小説で、コクトーの代表作のひとつ。小説だけでなく、詩、映画、批評などあらゆるジャンルの文学に精通しているコクトーの作品の中でも、古典文学の悲劇を思わせるという点で最もコクトーらしい作品とも言われている。
今公演では、第56回岸田國士戯曲賞を受賞し、自身が主宰する劇団はえぎわでの作・演出のほか、舞台、映画、テレビドラマなどでの俳優としての出演など、様々なジャンルで活躍する劇作家・演出家・俳優のノゾエ征爾が戯曲を手がける。

出演は、外界を知らずに成長し、弟との“王国”を守ろうとし続ける美しい姉・エリザベート役には南沢奈央。姉と共に幼稚で享楽的な価値観のまま成長していく弟のポールに、幅広い役柄を演じて‘カメレオン俳優’とも呼ばれる柾木玲弥。物語の語り部的役割を担うポールの友人・ジェラール役で、今回初のストレートプレイ出演となる松岡広大。ポールが密かに思いを寄せるエリザベートの友人・アガート役と、ポールが憧れる同級生の男子生徒・ダルジュロス役の男女二役を、ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の新人看護師役で注目を集めた馬場ふみかが演じる。そして、子供たちを時に見守り、時に抑圧する”大人達”として、デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二ら実力派俳優陣らが出演し、白井とともにジャン・コクトーの名作小説の舞台化に挑む。

本公演は、5月21日(火)~6月2日(日)までKAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ>にて上演される。

南沢奈央
■南沢奈央(エリザベート役)コメント
カンパニーとしては和気あいあいで、皆さんが今回適役で、普段のポジションも役のポジションに沿っているようで、例えば柾木さんは本当の弟のようで、ちょっと優しくしようとすると照れて、のど飴あげると言ったのに「いらない」と返されて、「受け取ってよ~」というやりとりがあったり(笑) 松岡さんは最年少なのにしっかりしていて、皆の間を取り持ってくれて本当に助かりました。馬場さんは、異なる二役を演じているのですけれど、まったく違う雰囲気で、私も楽しませてもらっていますし、お芝居がとても好きなのだなあと感じます。
私が演じるエリザベートは、これまであまり演じたことのない役柄なのですが、稽古が始まってキャストの皆さんと打ち解けて、遠慮しなくなったころから何かが変わりました。その頃に、白井さんからも「エリザベートらしくなった」と言っていただけて。稽古をしていく中でいろいろな発見があったり、白井さんからのヒントを頼りに役を作り上げてきた感じです。
照明や装置から音楽、キャストやスタッフの皆さんも含めてとても素敵な環境で作品に携わらせてもらっているなと思っています。こんなにセットの何もない舞台は初めてで、まるでリングに立たされているよう(笑) 子供時代の雪合戦のシーンから物語が始まるのですが、そこから私たちも全力なので、そして最後までそのエネルギーに満ちた状態で終える作品にしようと思っていますので、ぜひ劇場に足を運んでください。

柾木玲弥
■柾木玲弥(ポール役)コメント
(製作発表時には、これから本をよく読みこまないと……とおっしゃっていましたが、稽古場では普段もまるでポールのようだったとのお話があります。役をつかむことが出来たのでしょうか?)何かのきっかけがあってということではありませんが、稽古で皆さんと合わせていくうちにだんだん自分の中でポールができあがってきたと思っています。ぜひ劇場に、生の舞台を体感しに来てください。

松岡広大
■松岡広大(ジェラール役)コメント
今回、ストレートプレイに初挑戦ですが、一つ一つの言葉の意味を理解して、これまで以上にエネルギーを使って大切に演じていかないと、と感じています。これまでのミュージカルでも勿論大事にしてきましたが、より言葉の大切さを意識していかないと、伝えたいこと、この作品の良さがお客様に伝わらないのでは……と思っています。明日からのプレビュー公演で「表現の幅」をもっと広げて臨みたいです。

馬場ふみか
■馬場ふみか(ダルジュロス/アガート 二役)コメント
(二役演じることの面白さや難しさはどんなところ?)二つのまったく異なる視点から、この作品を考えられるこという面白さがあります。一方で、ワンシーンごとにその切り替えをしなくてはいけませんので、スイッチングの難しさを感じました。ぜひ二役の違いにも注目していただきながら、この作品全体を楽しんでもらえれば嬉しいです。


白井晃
■白井晃(演出)
「恐るべき子供たち」は、「春のめざめ」に続いて思春期にある人たちの心の状態を表現する作品です。ですが、大人になる途上での葛藤や苦悩を描いた「春のめざめ」に対して、この作品は大人になることを拒否している子供たちが、それでも大人にならざるを得ない自分を殺してしまうという、全く違うアプローチになっています。上演台本を小説から戯曲化してくださったノゾエ(征爾)さんは、ジェラールの目線で描いてくれて、そこが面白いと思いました。
今回のキャストの皆さんはとても大人に感じました。俳優としても真面目ですし、こちらの要求に対してレスポンスも早くて、むしろそれだけこちらの要求も多くなってしまって(笑) プレビュー公演を経て、もっとブラッシュアップしていきたいと思います。


あらすじ
美しくも残忍で傲慢な姉エリザベートと、青白い肌の美しい弟ポール。二人の母は病身でわがまま、父は姿を消している。ある日、ポールの学校で同級生たちが雪合戦をしていると、ポールが憧れるダルジュロスという男子生徒の投げた雪の玉がポールに命中。ポールは雪を赤く染めて倒れてしまう。ポールの友人・ジェラールはダルジュロスの投げた雪の玉に石が入っていたと主張するが、ポールは投げたダルジュロスをかばう。その怪我が原因で、ポールは学校に通うことが出来なくなり、家で自由気ままな日々を送るようになる。
やがて、病気の母が亡くなり、母の介護をしてきたエリザベートはモデルとして働き始め、そこで知り合ったアガートという娘を時折家に呼ぶようになる。彼女はポールが憧れていたダルジェロスにそっくりだった。密かにアガートに思いを募らせるポールだったが、姉に悟られたくないポールは、あえて彼女を邪険に扱う。やがて、婚約者に死なれたエリザベートが夫の莫大な遺産を継ぐと、エリザベート、ポール、ジェラール、アガートの4人の奇妙な生活が始まる。

【原作】
ジャン・コクトー
[コクトー 中条省平・中条志穂:訳「恐るべき子供たち」/光文社古典新訳文庫)
【上演台本】
ノゾエ征爾
【演出】
白井晃
【出演】
南沢奈央 柾木玲弥 松岡広大 馬場ふみか
デシルバ安奈 斉藤悠 内田淳子 真那胡敬二
【日程】
2019年5月18日(土)~6月2日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
※プレビュー公演 5月18日(土)・19日(日)

2019年アーカイブ

PAGE TOP
May 17,2019 (Fri)
ハムレット
シェイクスピア四大悲劇の一つである「HAMLET ―ハムレット―」を、本作が舞台単独初主演、初ストレートプレイに挑戦となるSexy Zoneの菊池風磨主演で上演することが決定、発表された。

菊池にとって、2015年9月に上演された「DREAM BOYS」以来約4年ぶりとなる舞台出演で、CDデビューから8年目となるSexy Zoneメンバー初の、待望の外部舞台への挑戦となる。映像作品への出演は数多く、その自然体な演技が各所で高く評価される菊池。Sexy Zoneのコンサートの演出をメンバーの中心となって手掛けるなど、見せ方を常に研究しており、今までの活動がハムレットを演じるにあたってどんな影響をもたらすか期待が高まる。

オフィーリア役には10代からジャンルを問わず幅広く活躍する実力派の南沢奈央。ボローニアス役には確かな演技力で舞台からテレビまで多くの作品に出演する大鷹明良。クローディアス役には、俳優としての活躍にとどまらず、演出家、更にはミュージシャンとしても活動する大谷亮介。ガートルード役には元宝塚歌劇団星組トップスターで注目作への出演が続く安蘭けいと、豪華な面々が顔を揃える。更に、宮崎秋人、章平、風間由次郎、小柳心、味方良介、末原拓馬、福原冠、冨永竜、森田甘路、駒井健介、天野勝仁、新垣ケビン、花王おさむと、若手からベテランまで個性あふれる顔合わせが実現した。

演出は『クレシダ』『The Silver Tassie 銀杯』『プラトーノフ』等、卓越した演出力で高い評価を得ている気鋭の演出家森新太郎が務める。2006年にマーティン・マクドナー作の『ロンサム・ウェスト』で演出家デビューすると、次々に翻訳劇を手掛け、所属している演劇集団「円」での演出や、自身が主宰する「モナカ興業」での活動だけにとどまらず、プロデュース公演などでも活躍。2014年には、読売演劇大賞の大賞、最優秀演出家賞をW受賞するなど、今や演劇界で引く手あまたな演出家となった。シェイクスピア作品には『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』『十二夜』に続き4作目の挑戦となる。

戯曲ができてから400年余り経った現在に至っても、世界中で毎年のように上演されている言わずと知れた不朽の名作「HAMLET」。主要な登場人物全員が最終的に死んでしまう、悲劇中の悲劇といわれるこの作品の主人公・ハムレットは、市村正親や内野聖陽、藤原竜也など、現代の演劇界に欠かせない多くの名優たちが演じてきた。役者の道を行く者なら誰もが一度は演じてみたいと思うこの難役を、初めて尽くしの挑戦となる菊池がどのように演じるのか、また、演劇界の第一線で活躍する森との初タッグによってどのような世界観が構築されるのか、注目が集まる。チケットは2019年7月28日(日)より一般発売。ほか詳細は公式サイトへ。

■菊池風磨
今回出演が決まって、まさか自分がハムレット役をやらせて頂く事になるとは思ってもみなかったので、とにかく驚いた次第でございます。もちろん、喜びもありましたが、何より驚きが大きかったです。「ハムレット」は、作品自体に歴史と伝統があり、国内外においても、様々な方々が演じられてきた由緒正しき役であることは私でも百も承知ですので、かなりのプレッシャーを感じていることは否めません。ですが、やりたいと思ってやらせて頂ける役ではないからこそ、この機会に全身全霊で向き合いたいと強く思っております。
ストレートプレイに対する意識は強く、恐縮ながら役者としても活動させて頂く以上、一度はストレートプレイの舞台に立ちたいと思っていたので、これ以上光栄なことはございません。Sexy Zoneの可能性を広げるきっかけになれればと思っております。
ハムレットという大役を、歴史と伝統に則り、真摯に演じて参りたいと思っております。その表現の中で現れる新たな菊池風磨をお見せすることを約束致しますので、是非ご覧ください。

■森新太郎(演出)
そこに活劇としての魅力があるとはいえ、「ハムレット」が相当血なまぐさい復讐劇であることは確かです。主要人物のほとんどが残酷な死を遂げます。「復讐せよ」とハムレットに命じた父の亡霊もまさかこれほどの事態になるとは想像していなかったのでは。人間の理性を信じ “正義”や“名誉”というものを希求して止まなかったハムレット。そんな彼による凄惨な復讐劇だからこそ、この物語はいま上演する意義があり、現代にも通じる問題作として我々の前に立ちはだかるはずです。古典戯曲の金字塔に真っ向勝負で挑んでいけたらと思います。

■あらすじ
ハムレットの父であるデンマーク王が急死し、その跡を継いだのは王の弟・クローディアスだった。王の死後すぐに、ハムレットの母・ガートルードは、新国王となったクローディアスと再婚。父の死と、母の早すぎる再婚にハムレットは狼狽する。そんな彼のもとに、ハムレットの父に似ている亡霊が城壁に現れた、とホレイシオが知らせに来る。自ら真偽を確かめようと出かけたハムレットの前に現れた父の霊は「クローディアスに毒殺された」と告げた。復讐を誓ったハムレットは、狂気を装い機会を伺うことに。
そんな彼の変貌ぶりに周囲は驚くが、ポローニアスは自分の娘・オフィーリアへの実らぬ恋が原因だと言う。しかし、心配するオフィーリアをハムレットは冷たくあしらい、そんな彼の態度にオフィーリアは深く傷つく。
ある日ハムレットは、王の弟が王を殺害、王妃と結ばれ後に王になる、という筋書きの演劇を上演させる。それを観ていたクローディアスの動揺に、父を殺したのは彼だという確信を得て……。


【作】
ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】
松岡和子
【演出】
森新太郎
【出演】
菊池風磨
南沢奈央 / 宮崎秋人 章平 風間由次郎 小柳心 味方良介
末原拓馬 福原冠 冨永竜 森田甘路 駒井健介 天野勝仁 新垣ケビン
大鷹明良 ・ 花王おさむ / 大谷亮介
安蘭けい
【東京】
2019年9月8日(日)~10月6日(日) 東京グローブ座
【大阪】
2019年10月9日(水)~15日(火) 森ノ宮ピロティホール

ハムレット

PAGE TOP
May 16,2019 (Thu)
奇子
手塚治虫の漫画作品「奇子」が生まれたのは、戦後復興を遂げ高度成長期をひた走った日本社会が大きな曲がり角に差し掛かった1970年代前半。敗戦直後の東北の農村地帯で、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた、奇子。一族の体面のために土蔵の地下室に幽閉され、下界から隔絶して育てられた、言わば“純粋培養”の奇子は、やがて性に対して奔放な美しい成人女性として世に放たれていくことになる…。

「奇子」は、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな描写も巧みに取り入れ、人間の心の闇や犯罪、グロテスクで過激な表現などを描く、手塚治虫の「黒い」作品群の中でも、代表作ともいえる名作。
 
上演台本・演出を務めるのは中屋敷法仁。研ぎ澄まされた演劇感覚と、劇空間を効果的に使い手腕に定評のある中屋敷。どう「奇子」を表現するのか。血族という逃れることのできない、鎖のような「絆」で縛られた一族を、より鮮烈で演劇的に描き出す。

主演を務めるのは、A.B.C-Zのグループでの活動のほか、舞台「シェイクスピア物語~真実の愛~」をはじめ精悍な佇まいで俳優としても注目を集める五関晃一。単独での主演は、今作が初となる。共演には、三津谷亮、味方良介、駒井蓮、深谷由梨香、松本妃代、相原雪月花といったフレッシュな感性と個性豊かな面々。さらに、独自の存在感で深みを増す中村まこと、硬軟自在の演技力が魅力の梶原善が顔を揃えた。実力派揃いの魅力的なキャスト陣が、人間の隠された欲望、誇り、絶望、憎しみが渦巻く「奇子」の世界に注目が集まる。水戸公演(プレビュー公演)は5月4日(土)、東京・大阪公演は5月18日(土) よりチケット発売開始。

■中屋敷法仁(上演台本・演出)
『奇子』…逃れられない血の「絆」
「絆」は尊いものである。「絆」を大切にすべきである。

誰しもが当たり前のように「絆」の必要性を説く。
人間関係の希薄化が騒がれる現代では、それも当然なのだろう。
我々は、もはや幻想と化した、誰かとの濃密な「絆」を求めている。

しかし、決して忘れてはならない。
そもそも人との「絆」とは、互いの自由を冒す、危険なものではなかったか。
逃れることの出来ない、恐ろしい呪縛ではなかったか。
そして、その忌々しい「絆」は、目にははっきりと見えないだけで、
現代にも空気のように漂い、我々を静かに縛り続けている。

手塚治虫「奇子」は、そんな絆のおぞましさが痛々しいまでに描かれている。
青森の名家・天外一族が犯してきた罪が、奇子という命として誕生する。
そこで初めて、劇中人物たちは気がつく。
互いを侮り、軽蔑しているが、結局は皆、
血族という「絆」で縛られた同じ穴のむじなであるということに。
そして、その「絆」は鎖のように心身に深く食い込み、
自分たちを土地と時代に縛り付けているということに。

東京オリンピック開幕も近い。
日本人であること、日本人同士で繋がり合う素晴らしさが、さらに叫ばれていくだろう。
安易な「絆」を求める時代に、手塚治虫が昭和に生み出した、愛おしくもおぞましい「絆」の物語を生身の俳優たちの身体で蘇らせたい。
我々が、心の奥底の座敷牢に閉じ込めてしまった数々の罪科を
血の「絆」をたぐり寄せ、この地上に引きずり出したいのだ。

■ストーリー
青森県で500年の歴史を誇る大地主・天外一族。村では絶大な富と権力を誇っていたが、終戦後の農地改正法により、その勢いは静かに衰えつつあった。
太平洋戦争から復員した仁朗が帰ると、家には奇子という妹が生まれていた。それは父・作右衛門と兄嫁・すえの間に生まれた私生児だった。兄の市朗が、遺産ほしさに妻であるすえを差し出したというのだ。

「うちは異常な家だ!狂ってるんだ!」

そんな仁朗も、しかし、GHQのスパイとして仲間を売って生き延びて来た。
組織の命令により、さらなる陰謀に加担して行く仁朗。
仁朗の犯した罪、一族の犯した罪=奇子が複雑に絡み合い、やがて奇子は土蔵の地下に閉じ込められ、死んだことにされる。それから十一年後、末弟・伺朗は強く反発している。

「うちの家系はまるで汚物溜だ。犬か猫みてぇに混ざり合って、そのつど、金と権力でもみ消したんだ…」

さらに十一年後、地下で育てられ続けてきた奇子は、伺朗により地上へと出される。隠蔽した罪や過去が、次々に暴かれ、
やがて一族を滅ぼすことになる。地方旧家の愛欲、戦後歴史の闇を描く因果の物語。


【原作】
手塚治虫
【上演台本・演出】
中屋敷法仁
【出演】
五関晃一(A.B.C-Z)
三津谷 亮  味方良介  駒井 蓮
深谷由梨香  松本妃代  相原雪月花 /
中村まこと  梶原 善
【水戸公演】
※プレビュー公演 2019年7月14日(日)・15日(月・祝) 水戸芸術館ACM劇場
【東京公演】
2019年7月19日(金)~7月28日(日) 紀伊國屋ホール
【大阪公演】
2019年8月3日(土)~4日(日) サンケイホールブリーゼ

奇子

PAGE TOP