広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

February 17,2017 (Fri)
ゲキ×シネ「乱鶯」
(C)2016年『乱鶯』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線
大人気の劇団「劇団☆新感線」が、36年目を迎えた際に初めて本格派時代劇に挑んだ、古田新太主演『乱鶯』(16)。江戸時代を生きる市井の人々の姿を生活感たっぷりに、立ち回りあり、サスペンス色もあり、ちょっぴり大人の恋模様もあり、と人情味溢れる人間ドラマとして上演された本作。ここ最近ではめったに見られなくなった王道時代劇を、エンターテインメントを追求する新感線が、江戸情緒漂うビターなハードボイルド時代劇へと昇華させ、舞台『乱鶯』は大好評を博した。
その『乱鶯』が劇団☆新感線の人気作を映画館で楽しむ《ゲキ×シネ》の最新作として登場、4月より上映がスタートする。

≪ゲキ×シネ≫とは
目の前で繰り広げられる舞台のライブを映像化。二十台近くのカメラで撮影、映画と同じ工程を経て製作される。ライブの迫力、臨場感、俳優の細やかな表情や目線、汗や涙などの普段観ることのできない舞台の魅力を満載。「演劇」を「映画」のように楽しめる。ジャンルが融合したハイブリッド・エンタテインメント。

『髑髏城の七人~アカドクロ』(04)から『蒼の乱』(15)まで、《ゲキ×シネ》でこれまで上映された計14本の作品を、毎月1回映画館で上映する企画《ゲキ×シネTIME》が、昨年4月のスタートし、上映作品とスケジュールが約2か月前に決定する観やすさもあり、現在、北は北海道、南は鹿児島まで全国21館において上映されている。
そして、昨秋、第29回東京国際映画祭(TIFF)の“特別上映作品”としてゲキ×シネ最新作となる『乱鶯』が全国に先駆けて上映。その『乱鶯』が≪ゲキ×シネTIME≫ラインナップに、最新作として登場する。


【作】
倉持 裕
【演出】
いのうえひでのり
【出演】
古田新太 / 稲森いずみ 大東駿介 清水くるみ
橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと / 山本 亨 大谷亮介 他
【公開日】
【北海道】 札幌シネマフロンティア / 6月3日(土)~
【東 京】 新宿バルト9 / 5月20日(土) ~
【東 京】 東劇 / 4月15日(土) ~
【神奈川】 横浜ブルク13 / 6月3日(土) ~
【愛 知】 ミッドランドスクエアシネマ / 6月3日(土) ~
【大 阪】 梅田ブルク7 / 4月29日(土・祝) ~
【京 都】 T・ジョイ京都 / 6月3日(土) ~
【兵 庫】 神戸国際松竹 / 6月3日(土) ~
【広 島】 広島バルト11 / 6月3日(土) ~
【福 岡】 T・ジョイ博多 / 6月3日(土) ~
【鹿児島】 鹿児島ミッテ10 / 6月3日(土) ~

ゲキ×シネ「乱鶯」

PAGE TOP
February 09,2017 (Thu)
春のめざめ

5月5日(金・祝)よりKAAT神奈川芸術劇場で開幕する舞台『春のめざめ』。本日製作発表が行われ、演出の白井晃をはじめ、キャストの志尊淳、大野いと、栗原類が登壇。作品にかける意気込みを語った。

◆志尊淳(メルヒオール役)
今回、初ストレートプレイで初主演という中で、さらに初めて白井さんとご一緒できることをとても嬉しく思っています。僕自身久しぶりの舞台なので、プライドは捨て、白井さんの胸に飛び込むような気持ちで挑戦したいです。作品で描かれている思春期の葛藤について考えながら、自分の内側から掘り下げていく準備をしておきたいと思います。誰しもが通る道であり、同世代で共通する感情や、親世代は性についてどう対応したらいいかなど、人それぞれ、環境によってもこの舞台の感じ方は違うと思います。白井作品に出たことのある知り合いの方から、白井さんは上品だけれど演出は厳しいと聞いていますが、なんとか距離を詰めたいと思っていますし、稽古が楽しみです。皆さんにも是非劇場に足を運んでいただき、この作品を感じで欲しいです!

◆大野いと(ヴェントラ役)
春のめざめは、120年前に性について取り扱った作品で、この作品に出演できることに誇りをもって挑みたいと思います。ドイツの当時の文化や、どういった生活を送っていたのかをまず理解し、14歳の女の子が悩むこと、親との関係性などにも理解を深め、自分の中に落とし込み、納得して作り上げていきたいです。前回の白井さんの演出作品(注『マハゴニー市の興亡』)を観させていただいたとき、演出にユーモアがあり、お会いした白井さん自身もとても魅力的でした。ご一緒できることをとても嬉しく思います。志尊さんも栗原さんも、役にピッタリの方だと思うので素敵な舞台になると思います。足を引っ張らないよう、頑張ります!

◆栗原類(モーリッツ役)
2014年に『春のめざめ』の朗読劇をやらせていただいたことがあります。でも、今回ストレートプレイでの上演キャストという、自分でも初めての関わり方になるので、不安は大きかったです。オーディションの時も、はたして自分の作品解釈で合っているのかどうかとても不安でしたので、役をいただけて本当によかったと思っています。モーリッツ役は、観に来ていただく皆さんに最も近い、思春期・成長期にぶつかる”普通”の男の子です。子供らしい仕草や表情など、過去の自分を振り返りつつ、動きを作っていきたいです。不安はありますが、挑戦の作品だと思っていますので、1つ1つの積み重ねを大事にしたいです。僕のすべてをこの舞台にささげて、観に来てよかったと思っていただけるよう頑張ります。

◆白井晃(構成・演出)
昨年から芸術監督に就任させていただき、2017年第1弾の作品が「春のめざめ」となります。若者がどうやって社会と対峙しながら生きていくのか、現代の視線に置き換えて、若者たちの姿を描き読み解いていきます。ストレートプレイでの上演ですが、音楽とともに肉体を使う表現なども取り入れようと考えています。KAAT神奈川芸術劇場の大スタジオという、この濃密な空間を利用して、社会の見えない壁、人間の成長などを描いていきたいと思います。3人に稽古までに準備しておいてほしいことは、原作をまず3回は読んでもらって、自分の役について十分考えておいてほしいです。この本を3回も読むのは大変ですけどね(笑)技術は努力すればついていくものなので心配していません。今だからこそ、3人だからこそできる表現をしてもらえると嬉しいと思っています。

春のめざめキャスト

『春のめざめ』は白井晃がかねてから上演を熱望していたドイツの劇作家、フランク・ヴェデキント作の名作戯曲。新たな才能の発掘と育成を目指し、主要キャストには注目を集める若手俳優を起用するとともに、昨夏から秋にかけて実施したオーディションからも複数の若手俳優を選抜した。自身が芸術監督を務めるKAAT神奈川芸術劇場ほか、京都・兵庫・北九州での公演が決まっている。

チケットは2月18日(土)より発売開始。ほか詳細は公式サイトへ。

◆ストーリー
ドイツの中等教育機関で学ぶ優等生のメルヒオール、友人で劣等生のモーリッツ、同級生のヴェントラ。ある日の帰り道、メルヒオールはモーリッツに『子供の作り方』を図解で説明すると約束する。成績のさえなかったモーリッツは、学校での過度な競争にたえられず米国への出奔を企てるものの果たせず、将来を悲観して自殺する。一方、メルヒオールは半ば強姦のようにヴェントラと関係し、ヴェントラを妊娠させてしまう。自殺したモーリッツの遺品からはメルヒオールのメモが見つかり、ヴェントラとの事も発覚。自殺の原因とされたメルヒオールは親に感化院に入れられてしまい・・・。

【原作】
フランク・ヴェデキント
【翻訳】
酒寄進一
【構成・演出】
白井晃(KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督)
【出演】
志尊淳 大野いと 栗原類
小川ゲン 中別府葵 北浦愛 安藤輪子 古木将也 吉田健悟 長友郁真 山根大弥
あめくみちこ 河内大和 那須佐代子 大鷹明良

春のめざめ

PAGE TOP
February 04,2017 (Sat)
舞台版ドラえもん「のび太とアニマル惑星(プラネット)」
(c)Fujiko-Pro

「ドラえもん」ファンを自認する鴻上尚史の演出により、2008年に舞台化された本作は、「こんな時に、隣にドラえもんがいてくれたらな」と心の底でひそかに願ったことのある世界中の子供たち、そしてドラえもんに出会えないまま大人になってしまった元・子供たちに向けて、ひとときの夢を提供したいという想いから企画された。
9年ぶりの再演となる今回は、のび太役に小越勇輝、しずかちゃん役に樋口日奈(乃木坂46)、ジャイアン役に皇希、スネ夫役に陳内将らの出演が決定。

本公演の原作は、「大長編ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)」(1989年 月刊コロコロコミック掲載)。ドラえもん大長編シリーズのなかでも、環境問題をクローズアップするなど、大人もハッとさせられる心に響く強いメッセージ性が込められたストーリーだ。

登場人物が動物に変身する身体的な面白さなど、演劇的に追求できる可能性を存分に秘めている、エンターテイメント性溢れるこの壮大な作品を、脚本・演出の鴻上尚史がどのように舞台上で表現するのか!?

2月4日(土)よりチケット一般発売が開始。同時に公演ビジュアルも解禁された。

あらすじ
ある夜、のび太はピンクのもやをくぐって見知らぬ森にもぐりこむ。そこは、なんと動物が人間の言葉を話すアニマル惑星だった!
のび太とドラえもんは、チッポというイヌの少年に出会い、友だちになる。
しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫も誘い、みんなでアニマル惑星の新年を祝う。
楽しい時間をすごして地球に戻ったのび太たちに、チッポからのSOSのメッセージが届く。
再びアニマル惑星に到着したのび太たちが見たのは、廃墟と化した街だった。
のび太たちはアニマル惑星を守るために、チッポたちとともに空から来た悪魔たちに立ち向かう!

【原作】
藤子・F・不二雄
【脚本・演出】
鴻上尚史
【作詞・音楽プロデュース】
森雪之丞
【出演】
小越勇輝  樋口日奈(乃木坂46)  皇希  陳内将
佃井皆美  嶋村太一  澤田育子
声の出演:水田わさび
小野川晶 杉浦一輝 森田ひかり 木村美月 梅津瑞樹
木村悟 北村海 原田康正 皆川良美 伊藤まりこ 稲葉美優

【東京】
2017年3月26日(日)~4月2日(日) サンシャイン劇場
※2017年2月4日(土)発売
【福岡】
2017年4月7日(金)~9日(日) キャナルシティ劇場
※2017年2月18日(土)発売
【愛知】
2017年4月14日(金)~16日(日) 刈谷市総合文化センター 大ホール
※2017年2月4日(土)発売
【宮城】
2017年4月21日(金)~23日(日) 多賀城市民会館
※2017年2月25日(土)発売
【大阪】
2017年4月29日(土)~30日(日) 森ノ宮ピロティホール
※2017年2月26日(日)発売

舞台版ドラえもん「のび太とアニマル惑星」

PAGE TOP