広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

July 16,2018 (Mon)
忍術学園学園祭
(C)尼子騒兵衛/NHK・NEP (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
本日7月16日(月・祝)に幕を閉じた『ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾 再演 ~忍術学園陥落!夢のまた夢!?~』。その大千秋楽のステージで『忍術学園 学園祭』大阪公演の開催が発表された。本編の楽曲から選りすぐりの曲を構成した、笑いあり感動ありのコンサート形式のステージで、先日発表された東京公演と同様に2018年10月の上演となる。

出演は、忍術学園五年生役の吉田翔吾、久下恭平、佐藤智広、山木透、栗原大河。さらにおなじみとなった六年生(反橋宗一郎・秋沢健太郎)、兵庫水軍(渡辺貴裕・小田川楓依)、ドクタケ城(進藤学・幹山恭市・高橋光)、さらに第9弾から新たに登場したドクササコ城(藤田遼平・東将司)の出演も決定し、ファンへの感謝を込めて企画されたこのステージを盛り上げる。チケットは9月22日(土)より一般発売。ほか詳細は特設ページより随時発表される。

【東京】2018年10月12日(金)~10月14日(日) 舞浜アンフィシアター
【大阪】2018年10月20日(土)~10月21日(日) NHK大阪ホール

ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾『忍術学園 学園祭』特設ページ

ミュージカル「忍たま乱太郎」

PAGE TOP
July 13,2018 (Fri)
トップハット
2018年11月に東急シアターオーブ、12月に梅田芸術劇場で上演される名作ミュージカル『TOP HAT』が明日7月14日(土)よりチケット一般発売。ビジュアルもいよいよ完成し、公式サイトもリニューアルされた。

『TOP HAT』は、ハリウッド・ミュージカル映画を代表するフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースが主演し、1936年に日本でも公開した映画「トップ・ハット」をもとに、ダンスや音楽、躍動感あふれる舞台版として2011年に英国で初演された名作ミュージカル。

出演には、V6のメンバーで舞台やミュージカルを中心に活躍し、確かな歌唱力とダンスパフォーマンスで観客を魅了する坂本昌行。ドラマ、映画、舞台と多方面で透明感のある存在感を放ち、今回が海外ミュージカル初挑戦となる多部未華子。さらに屋良朝幸、朝海ひかる、益岡徹、浅野和之をはじめとする実力派キャストが顔を揃えた。

2013年には、「英国ローレンス・オリヴィエ賞」で7部門にノミネート、新作ミュージカル賞、振付賞、衣裳デザイン賞の3部門を受賞し、その後、約1年半のロングラン公演と国内ツアーを経て2015年9月には初来日。大好評を博したミュージカル『TOP HAT』が、英国オリジナルスタッフと日本人キャストの組み合わせで上演される。チケットは明日7月14日(土)より一般発売開始。ほか詳細は公式サイトへ。

■ストーリー
ブロードウェイで活躍する大人気のミュージカル・スター、ジェリー・トラヴァース(坂本昌行)は、英国人プロデューサーのホレス(益岡徹)に招かれて、ロンドンの舞台に立つことに。ホテルに到着し、部屋でひとりタップダンスに興じていると、階下の部屋に泊まる美しいモデル、デイル・トレモント(多部未華子)が苦情を言いに上がってくる。
そんな彼女に一目惚れし、得意の歌とダンスで恋心を伝えるジェリー。やがて心を通わせていくふたりだったが、ひょんな行き違いから、デイルはジェリーのことを友人マッジ(朝海ひかる)の夫(=ホレス)と勘違いしてしまう。恋に落ちた相手が、実は友人の夫だったと思い込んだデイルは、ジェリーへのあてつけに、以前から熱烈なアプローチを受けていた衣裳デザイナーのアルベルト(屋良朝幸)と結婚してしまう!慌ててデイルの後を追い、美しい水の都、イタリアはヴェニスへと向かうジェリー。高級リゾート地・リド島に舞台を移し、繰り広げられるジェリーとデイルの恋の行方は、ホレスの浮気心や執事・ベイツ(浅野和之)の素人探偵行動も相まって更なる大騒動へ。果たして、二人の恋は…?

【作詞・作曲】
アーヴィング・バーリン
【原作】
映画「トップ・ハット」(RKO製作)
【演出】
マシュー・ホワイト
【出演】
坂本昌行 多部未華子 屋良朝幸 朝海ひかる 益岡徹 浅野和之
三井聡 加賀谷一肇 加賀谷真聡 工藤広夢 斎藤准一郎 高瀬育海 堀江慎也 萬谷法英 武藤寛 吉井一肇 岡本華奈 小島亜莉沙 彩月つくし 笘篠ひとみ 花岡麻里名 松田未莉亜 吉田理恵 脇坂美帆
【東京】
2018年11月5日(月)~11月25日(日) 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
【大阪】
2018年12月1日(土)~5日(水) 梅田芸術劇場 メインホール

ミュージカル「TOP HAT」

PAGE TOP
July 13,2018 (Fri)
メタルマクベス
今、話題沸騰中の 360°全方位に客席が回転する新劇場「IHI ステージアラウンド東京」。昨年から1年3ヶ月にわたり絶賛上演された劇団☆新感線「髑髏城の七人」花鳥風月極に続き、7月23日(月)からは ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc1 Produced by TBS が開幕する。

そして本日、「髑髏城の七人」でも好評を博した本公演の生中継《ライブビューイング》を『メタルマクベス』disc1でも8月9日(木)に開催することが決定、発表された。

「メタルにはマクベスが良く似合う」といういのうえの着想から生まれた『メタルマクベス』は、2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品。ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演された。その『メタルマクベス』が12年の時を経て、激しいリズムに突き上げられて瓦礫の中から復活。今回の公演の為に宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、いのうえが演出にアレンジを加えてdisc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演する。ライブビューイングの詳細は特設ページへ。

【作】
宮藤官九郎
【演出】
いのうえひでのり
【音楽】
岡崎 司
【振付&ステージング】
川崎悦子
【原作】
ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より)
【出演】
橋本さとし 濱田めぐみ / 松下優也 山口馬木也 /
猫背 椿 粟根まこと 植本純米 / 橋本じゅん / 西岡德馬 他
【公演】
2018年7月23日(月)~8月31日(金)
IHI ステージアラウンド東京(豊洲)

メタルマクベス

PAGE TOP