広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

April 22,2019 (Mon)
デルフィニア戦記
©茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・ 舞台 「デルフィニア戦記」 製作委員会2019
 シリーズ累計で335万部を突破し、第1巻の刊行から25年が過ぎた今でも新作が発表される作家・茅田砂胡の代表作「デルフィニア戦記」。2017年1月、2018年12月の舞台化での大好評を受けて決定した第三弾、舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』のビジュアルが完成、発表された。

 主演は、前作から引き続き松崎祐介(ふぉ~ゆ~)が国王ウォル役を、佃井皆美が王妃リィ役を演じる。人気キャラクターであるシェラ役を続投する林翔太(ジャニーズJr.)と共に、壮大な冒険ファンタジーが圧倒的スケールと細部にまでこだわった演出により観るものすべてを圧倒する。チケットは4月27日(土)10:00より一般発売。ほか詳細は公式サイトへ。

◆ストーリー
 国境を越えデルフィニア国内になだれ込もうとするタンガ軍。これを阻止すべく、結婚式を中断し駆けつけたウォルとリィはタンガ軍の総大将ナジェック王子を捕虜として危機を脱した。また開戦の理由のひとつであった“山賊一味の傍若無人な振る舞い”という言いがかりを、イヴンはタウの自由民を率いてタンガでも勇将の誉れ高いメッケル将軍を討ち取ることではねのける。
 そのイヴンから「タウの東峰を全て新たなデルフィニア領土としたうえで、タウの自由民による自治の継続」を申し出されたウォルはこの時、戦の早期終結をさぐっていた。この申し出がよい落としどころになると気づき、タンガに和睦を申し入れたのである。停戦後、改めてタウの自治を明言したウォルに、その礼として明かされたのはタウが金銀を産出する宝の山であるという事実だった。
 だがパラスト国王オーロンにはデルフィニア国王が“価値のない山岳”を領土に加えただけで戦を終結させた理由に思い至らない。そこに実体のない影が現れ、デルフィニア王妃を消し去る協力を申し出る。
 一方、シェラの元にファロット伯爵からの使いが訪れ、遥か北の地スケニアへの出立を告げられる。
 さらにタンガ軍が再度国境を破り、タウに向かって進軍を開始。西方域ではパラストの後ろ盾を得た地方領主たちの反乱が起きる。シェラを欠いたまま、両大国を相手に出陣するリィとウォル。その勝敗の行方は――。


【原 作】
茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)
【演出・脚本】
児玉明子
【出 演】
松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、佃井皆美、伊阪達也、石田隼、
横井翔二郎、大原康裕、小松準弥、林翔太(ジャニーズJr.) ほか
【日程・会場】
2019年6月19日(水)~6月23日(日) 東京ドームシティ シアターGロッソ

デルフィニア戦記

PAGE TOP
April 22,2019 (Mon)
「お気に召すまま」

本作の演出を手掛けるのは、気鋭の若手演出家・熊林弘高。彼はこれまで、小劇場規模の作品を主に演出し、2016年には800席超のプレイハウスでの初演出となったチェーホフ作の『かもめ』を上演、広い空間を効果的に使い、非常に挑戦的かつ魅力的な作品に仕立て、高い評価を得ました。熊林にとって2度目のプレイハウスで、初のシェイクスピア作品となる恋愛喜劇「お気に召すまま」に挑む。熊林は、物語の舞台となっている“アーデンの森”を、今回は人間のあらゆる性的欲望がうごめく暗闇と解釈しSTORYを展開、厳格な規範に縛られた宮廷生活を離れたこの森が、官能と性のカオスと化していく。

2016年に熊林と組んで臨んだ『かもめ』のニーナ役では、自分の中のありったけを集めて演じたいと語り、見事に舞台で輝いてみせた満島ひかり。今回演じるのは、坂口健太郎演じるオーランドーと恋に落ち、伯父である侯爵から追放されてしまうロザリンド。オーランドーの命を狙う実の兄オリヴァーに熊林作品で初舞台を踏み、4年ぶりに姉弟共演となる満島真之介、ジェイクイーズに2017年に「アザー・デザート・シティーズ」で熊林作品に初参加した実力派若手俳優の中村蒼、召使のタッチストーンに熊林作品初参加の温水洋一、ロザリンドの従妹で新公爵の娘シーリアを中嶋朋子が演じる。
またこの度の上演で、年齢や性別を大胆にひねったシェイクスピア上演史上にも珍しい大胆な配役となりました。萩原利久演じる羊飼いのシルヴィアスが恋するフィービーを演じるのは広岡由里子、そして、碓井将大演じるウィリアムが恋するのはなんと小林勝也が演じるオードリーと、予想もつかないカップリングです。存在感ある個性派から熊林作品初参加のフレッシュなメンバーで贈る。

STORY
青年オーランドー(坂口健太郎)は追放された前公爵の娘・ロザリンド(満島ひかり)と恋に落ちるが、 父の遺産を継いだ実の兄オリヴァー(満島真之介)に命を狙われていると知り、アーデンの森に逃げる。同じくロザリンドも、伯父である新公爵に追放されることに。 彼女はオーランドーを追って、従妹で新公爵の娘シーリア(中嶋朋子)と、召使のタッチストーン(温水洋一)を伴い森に向かう。 女道中では危険だからと、ロザリンドは男装して“ギャニミード”と名乗る。 森で暮らすオーランドーはロザリンドのことばかり想っている。 そこに”ギャニミード”が登場して彼の恋の悩み相談に乗る。 ついには「自分をロザリンドだと思って口説いてごらん」と言い、オーランドーは彼が実はロザリンドだと知らずに、思いのたけを告白。二人の恋愛ごっこは次第にエスカレートしていく……。

【作】
ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】
早船歌江子
【ドラマターグ】
田丸一宏
【演出】
熊林弘高
【出演】
満島ひかり 坂口健太郎 満島真之介 温水洋一
萩原利久 碓井将大 テイ龍進 Yuqi 広岡由里子 久保酎吉
山路和弘 小林勝也 中村蒼 中嶋朋子
【東京】
2019年7月30日(火)~8月18日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
【チケット】
2019年5月25日(土)発売

お気に召すまま

PAGE TOP
April 14,2019 (Sun)
バックビート
(後列左から)石丸さち子、夏子、尾藤イサオ、鈴木壮麻
(前列左から)上口耕平、辰巳雄大、戸塚祥太、加藤和樹、JUON
撮影:田中亜紀
戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~) JUON(FUZZY CONTROL) 上口耕平らのキャストで、ハンブルクで巡業をしていた時代の5人編成だったビートルズを描く「BACKBEAT」。本日都内のライブハウスで製作発表を行い、バンド生演奏を披露。さらに翻訳・演出の石丸さち子をはじめ、戸塚祥太、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、夏子、鈴木壮麻、尾藤イサオが登壇した会見では、それぞれが作品にかける意気込みを語った。

今作の翻訳・演出は、演出家・劇作家として様々な作品を手がけ、オリジナルミュージカルの創出にも高い評価を集める石丸さち子。音楽は、自身の音楽活動と並行して数々のアーティストへの楽曲提供を行い、石丸とタッグを組んだミュージカル「ボクが死んだ日はハレ」でも好評を博した森大輔が手がける。

結成時のベーシストで、絵画にも才能を発揮したスチュアート・サトクリフを演じるのは、舞台や映画、バラエティなどでマルチに活躍するA.B.C-Zの 戸塚祥太。スチュアートと学生時代からの親友であり、彼を敬愛していたジョン・レノンを、俳優・アーティストとして多彩なステージで無二の存在感を放つ加藤和樹が演じる。

二人とともにデビュー前のビートルズを構成するメンバーには、リードギターのジョージ・ハリスン役にふぉ~ゆ~の辰巳雄大、当時はギターを弾いていたポール・マッカートニー役にFUZZY CONTROL のギタリスト・JUON、ドラムのピート・ベスト役にミュージカルなどで活躍する上口耕平。そしてハンブルクでスチュアートと出会い恋に落ちる写真家、アストリッド・キルヒヘルを演じるのは、モデル・女優として注目を集める夏子。鍛治直人、田村良太、西川大貴、工藤広夢、さらには数多くの舞台作品に出演し、物語に奥行きと深みを与える演技巧者・鈴木壮麻、1966年にビートルズが初来日公演を行った際に前座を務め、彼らの生の演奏を体感している尾藤イサオ。

確かな実力と個性豊かな出演者が揃い、アートとロック、恋と友情、若者たちの青春群像を、熱くほとばしる初期ビートルズ・サウンドに乗せて奏でる。チケットは好評発売中。ほか詳細は公式サイトへ。


◆ストーリー
1960年、イギリス・リヴァプール。絵の才能を持つスチュアート・サトクリフ(戸塚祥太)は、同じ学校に通う親友ジョン・レノン(加藤和樹)に誘われ、ロックバンドにベーシストとして加入する。スチュアート、ジョン、ポール・マッカートニー(JUON)、ジョージ・ハリスン(辰巳雄大)、ピート・ベスト(上口耕平)ら5人の“ビートルズ”は、巡業で訪れたドイツ・ハンブルクの地で頭角を現してゆく。とある夜、スチュアートは彼らのライブに来ていた女性写真家のアストリッド・キルヒヘル(夏子)と運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。スチュアートはアストリッドとの出会いをきっかけに再び絵を描き始め画家の道を志すが、ビートルズは魅力的なナンバーを次々に打ち出し、評判は日に日に高まってゆく―――。

【作】
イアン・ソフトリー  スティーヴン・ジェフリーズ
【翻訳・演出】
石丸さち子
【音楽】
森大輔
【出演】
戸塚祥太(A.B.C-Z) 加藤和樹
辰巳雄大(ふぉ~ゆ~) JUON(FUZZY CONTROL) 上口耕平
夏子
鍛治直人 田村良太 西川大貴 工藤広夢
鈴木壮麻 尾藤イサオ

【東京】
2019年5月25日(土)~6月9日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【兵庫】
2019年6月12日(水)~6月16日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【愛知】
2019年6月19日(水) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【神奈川】
2019年6月22日(土)~6月23日(日) やまと芸術文化ホール メインホール

BACKBEAT

PAGE TOP