広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

April 20,2018 (Fri)
1
撮影:京介
池田純矢が自身の脚本・演出・出演により立ち上げた「エン*ゲキ」が贈るハイテンポ・ハイテンション・コメディ『ザ・池田屋!』が、本日より東京・紀伊國屋ホールにて開幕。初日公演を目前に控えた劇場では公開リハーサルや囲み取材が行われ、池田純矢、鈴木勝吾、松島庄汰、中島早貴、松尾貴史が登壇、意気込みを語った。

池田純矢の企画・脚本・演出による「エン*ゲキ」シリーズは、《演劇は娯楽であるべきだ》を信条に、全ての世代が楽しめ、笑い、感動できる王道エンタテインメント作品を追求する企画。第1回公演は2人芝居の朗読劇、第2回公演は本格的な演劇作品へと成長し、今回の第3回公演ではシリーズ初の地方公演(大阪)も上演する。

今作のテーマは、幕末に京都の旅館で起こった「池田屋事件」。新選組の視点で描かれることが多いこの事件が、襲撃された側である長州藩の志士、吉田稔麿(よしだ としまろ)を軸に、史実に基づきながら展開する。稔麿は様々な逸話が残っていながらも、それを裏付ける史料に乏しいという創作向きの人物。池田独自の解釈で新たな物語が誕生する。

2
3


出演は、着実に実力と経験を積み重ね、脚光を浴びている鈴木勝吾。舞台、映画、ドラマと幅広く出演する松島庄汰。『℃-ute』のメンバーとして活動、現在は女優やラジオパーソナリティとマルチに活躍している中島早貴。俳優だけでなくアーティストとしても活動する米原幸佑。人気上昇中の若手俳優河原田巧也。宝塚歌劇団退団後も確かな実力で活躍する透水さらさ。芸人だけでなく、俳優業でも独特の存在感が光るオラキオ。さらに、あらゆる分野で多芸多才ぶりを発揮する松尾貴史ら個性豊かなキャストが集結した。チケット情報ほか詳細は公式サイトへ。

4
5


◆池田純矢【作・演出 高杉晋作 役】
脚本の段階から約1年半かけて創り上げてきました。脚本を上げたときは、まだまだ先だと思っていましたが、あっという間に初日です。キャスト、スタッフの皆さんに助けられて、自信をもって劇場に持ち込んだ作品です。ドキドキと高揚感で胸がいっぱいです。すべての役それぞれが魅力的ですが、僕は新選組隊士に注目して欲しいです。一瞬だけ出てくるキャラクターにも、それぞれが過ごしてきた人生があるんです。その一瞬のキラめきをお見逃しなく!そして、「エン*ゲキ」は、どこまでもエンタテインメントでありたいと考え、企画しました。足を運んで観に来てくれた方に、2時間楽しんでもらい、幸せだったなと感じて劇場を出てくれたら嬉しいです。

◆鈴木勝吾【吉田稔麿 役】
毎日が初日だと思って、いい緊張感をもって頑張りたいです!僕には長ゼリフがあるのですが、毎回限界までやっています!千秋楽には安定してくるかなぁ(笑)。あとは稽古でやってきたことを出すだけです!稽古場では、演出の純矢のオーダーを聞きながら、役者として全力で戦ってきました。何回観ても楽しんでいただける作品だと思いますし、次の「エン*ゲキ」があったときに、また観にきたいと思って欲しいです。テーマパークに遊びに来るような気軽な気持ちで劇場にお越しください。

◆松島庄汰【沖田総司 役】
お客さんが実際に入ってみて、どう変わるかがとても楽しみです。笑いからシリアスに、また笑いにと、いい意味で安定していない舞台だと思います(笑)。時代物ではありますが、この斬新な舞台がどう皆さんに届くのかとても楽しみです。僕は殺陣がほぼ初めてなのですが、役どころは新選組最強の剣士です。周りにもすごく助けていただきましたし、またお客さんにパワーをもらいながら頑張ります!作・演出の池田さんは、稽古中に僕たちがちゃんと理解し納得のできるオーダーをしてくれます。ビシビシ指導いただく中にもちゃんと愛があって、尊敬できる方です。間違いなく、損はさせませんので、ぜひ観に来てください!

◆中島早貴【おつね 役】
舞台がとても華やかで、熱量が凄くて、魂が吸われてしまいそうになります。そして、実際の私は違いますが、舞台では言葉使いが激しく毒舌なので、初めての方はびっくりしてしまうかもしれません(笑)。
私は「エン*ゲキ」初参加なので、はじめはすごく不安だったのですが、稽古にはいってみたら、皆さんからたくさん話しかけてくれて、サポートいただいたので、この作品に参加できてとても幸せです。この作品は、歴史について詳しく知らなくても楽しめる作品です。何回も観に来れる方は、細部にも注目してみてくださいね!

◆松尾貴史【宮部鼎蔵 役】
僕は毎日が千秋楽のように悔いの残らないように頑張りたいですね(笑)。稽古場はすごく良い雰囲気でした。池田くんみたいに、すごく年の離れた方に演出してもらう経験はなかなか無くて、まさかこんなにあごで使われるなんて(笑)。舞台の本番中は、自分が出ていないシーンだと休んでいることが多いのですが、この作品はずっと袖で観ていたい作品なんです。隠しテーマのようなものを見つける面白さもあるかもしれません。今回出演している女性2人が、こんなことやるんですか!?というシーンがたくさんあって、精神力がすごいと思いました。ぜひそこにも注目してほしいですね。

6
左から池田純矢、中島早貴、鈴木勝吾、松島庄汰、松尾貴史


「お命、献上つかまつる!!!」
元治元年六月五日―。京は木屋町の旅館・池田屋に現れたのは、江戸幕府に叛旗を翻す長州藩士のひとり、その名を吉田稔麿!(鈴木勝吾)かつて神童と呼ばれ、後の明治維新に多大な影響を与えたこの男…どんな窮地に陥ろうとも毎回とんでもない悪運で生き残ってしまう”死ねない星の元”に生まれた男だった!
自らの命を絶つ計画の為に池田屋にやってきたはずが、過激な倒幕を目論む一味や、毒舌の若女将、謎の外国かぶれと、更には討ち入りにやってくる新選組!?
そのひとり、沖田総司(松島庄汰)は不治の病を患っていた。 「どうせ捨てる命なら僕によこせよ」
絶対に死ぬ男と、絶対に死なない男が相見える時、
勘違いが勘違いを呼び、複雑に絡み合う運命に翻弄される!

ハイテンポ・ハイテンション・コメディで贈る予測不能な笑いのるつぼ!
エン*ゲキの真骨頂【ザ・池田屋!】ここに開幕~ッ!



【作・演出】
池田純矢
【出演】
鈴木勝吾
松島庄汰 中島早貴 米原幸佑 河原田巧也
透水さらさ オラキオ 池田純矢
松尾貴史 ほか
【東京】
2018年4月20日(金)~30日(月・祝) 紀伊國屋ホール
【大阪】
2018年5月11日(金)~13日(日) ABCホール

ザ・池田屋!

PAGE TOP
April 18,2018 (Wed)
修羅天魔
360度全方位に客席が回転する新劇場「IHIステージアラウンド東京」で絶賛上演中の『劇団☆新感線「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」』。4月12日(木)に過去最大規模で行われたライブビューイングでの好評を受け、5月31日(木)の大千秋楽においてもライブビューイングを開催することが発表された。

本作はIHIステージアラウンド東京での約1年続いたロングラン公演、劇団☆新感線『髑髏城の七人』“Season花・鳥・風・月”を受けてラストを飾る“Season極”。

主演に天海祐希を迎え、新感線の看板俳優・古田新太が迎え撃つ、『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”が出来上がった。新たに紡ぐ物語を『修羅天魔(シュラテンマ)』と題し、作品世界の想像をかき立てる。

完全新作となる本作は、天海演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の<極楽太夫>、古田演じる<天魔王>の二人の愛憎劇。これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれる。大千秋楽ライブビューイングの詳細は特設ページへ。

【作】
中島かずき
【演出】
いのうえひでのり
【出演】
天海祐希 / 福士誠治 竜星涼 清水くるみ / 三宅弘城 山本亨 梶原善 / 古田新太 他

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極

PAGE TOP
April 16,2018 (Mon)
ハイ・ライフ1
(左から)細田善彦、ROLLY、古河耕史、伊藤祐輝
撮影:宮川舞子

いよいよ4月14日(土)にあうるすぽっとにて開幕した、男騒ぎの痛快舞台『High Life -ハイ・ライフ-』。

本作は、カナダの劇作家リー・マクドゥーガルの戯曲処女作で、1996年にカナダ・トロントで初演。その後、欧米で数多く上演されている人気作で、日本でも多くの劇団やプロデュース公演が行われている。

ハイ・ライフ2

過激かつ反社会的な四人― ディック、ビリー、バグ、そしてドニー。彼らが会すると、いつでも違法薬物と犯罪の臭気が立ち上る。生活も人生も行き詰まって根無し草のような彼らは、ある計略を強行して大金を得ようと手を組む。それぞれがそれぞれの思惑を胸に、仲間内で繰り広げる懐柔・牽制・挑発・脅迫...。社会と常識から完全に逸脱した過激なジャンキーの生き様をフリークショウのように見せながら、絆や敬意、対立や憎しみを描いて、人間の、生の本質の一面を浮かび上がらせるドラマ。止められない、でも、脱け出したい。渇き飢えた本能は、四人を何処へと奔らせるのか……?

ハイ・ライフ3

ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに幅広く評価を受けている谷賢一が本作で演出・上演台本を担う。音楽にはOpen Reel Ensembleから吉田悠・吉田匡、そしてドラムに山口元基(moltbeats)が参加。映像をDRAWING AND MANUAL 清水貴栄が担当し、谷賢一と4名のみのキャストと共にかつてない不協和音をステージで奏でる。

出演には、保護観察中で4人のリーダー的存在であるディック役に古河耕史、女性関係で追い込まれているビリー役に細田善彦、1週間前に出所したばかりのバグ役に伊藤祐輝、そして気弱で腎臓が一つしかないものの、コソ泥の才覚に長けるドニー役に、今回が初のストレートプレイ参加となるROLLYと、個性豊かなキャストが集まった。

ハイ・ライフ4

自由勝手な、どん詰まりでドラッグまみれのおバカな中年男たちが、ドラッグほしさに企む一攫千金。いくら失敗しようと、それでも懲りずに安易な明日を夢見てしまうオトナたちが、破滅的でありながらどこか豊かで自由にも見え、哀れでありながらも、真っ当な人たちからもうらやましく見えてしまう……そんな男騒ぎの痛快作品『High Life -ハイ・ライフ-』に注目だ。
チケットは好評発売中! ほか詳細は公式サイトへ。公演は4月28日(土)まで同劇場にて。

ハイ・ライフ5


●古河耕史(ディック役)コメント
なにかしら、どこかしら、なぜだか、気になって下さるのなら、どうかご自身の目と耳で、確かめに来て頂きたい。
数ある舞台、数ある演劇、数あるエンターテイメントの中で、私はこの芝居と歩む四月を、愛しています。
身を粉にしています。楽しんでいます。評判・評価もございましょうが、ひととき、「クダラネェ」と共に呟いて頂けたなら、実はそれこそ恐悦至極な作品なのであります。

●細田善彦(ビリー役)コメント
注)これは、青春モノです!
が、汗水流して追い求めるモノは青空のもと追う白球ではなく、暗闇を掻き分けて掴む白い粉!そんな、我々ジャンキーたちが一世一代の大仕事、銀行強盗をする。そんな、夢の扉を開ける瞬間!この謎の疾走感を劇場で体感して欲しい。

●伊藤祐輝(バグ役)コメント
稽古では、谷さん、キャストの皆さんと、役や作品についてじっくり話し合う機会を多くとっていただき、とても幸せな時間でした。
今は初日を迎える嬉しさと緊張で、落ち着きません。
全身全霊でぶつかり合う4人の姿を見て頂けたらと思います。

●ROLLY(ドニー役)コメント
男子四人だけのお芝居、歌も歌わない(ほんとはちょっとだけ歌うかも)ギターも弾かない、50歳をとうに過ぎての大きなチャレンジですが、必ずやROLLYの歴史に残る作品になるはずなので、皆様!見逃すと後悔致しますよ!是非マヌケなニューキャラ、ドニーを応援して下さいね!!!


●ストーリー
集まった男4人は孰れもジャンキー。保護観察中のディック(古河耕史)、出所したばかりのバグ(伊藤祐輝)、女性関係で追い込まれているビリー(細田善彦)、そして腎臓が一つしかないドニー(ROLLY)…… 人生に行き詰まった彼らは、一発逆転を狙って大金を手に入れようとディックが思いついた「ある計略」に乗って、銀行のATMを襲うために渋々手を組む。
ディックの期待、バグの苛立ち、ドニーの緊張、ビリーの高揚……盗難車の中で息を潜める四人のテンションが極限まで張り詰めて、一触即発の事態が。

※この物語は、違法薬物の使用等についての反社会的な思想や行為を容認するものでは決してありません。


【作】
リー・マクドゥーガル
【翻訳】
吉原豊司
【演出・上演台本】
谷賢一
【出演】
古河耕史、細田善彦、伊藤祐輝、ROLLY
【東京】
2018年4月14日(土)~28日(土) あうるすぽっと

High Life

PAGE TOP