広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
INFORMATION
COMPANY
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

June 24,2022 (Fri)
文豪ストレイドッグス
撮影:田中亜紀

本日6月24日(金)、舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」が日本青年館ホールにて開幕した。27日(月)まで同劇場で、7月2日(土)~3日(日)には大阪市文化創造館 Dream House大ホールで上演される。
【オフィシャルレポート】
※作品の内容に触れるネタバレあり、ご注意ください

中原中也とは一体、“何”なのか。舞台『文豪ストレイドッグス』、通称「文ステ」はついに過去の真実の扉を開く――。

(2)場面

「異能」の力を持つ者たちを擁する「武装探偵社」と「ポートマフィア」がしのぎを削る架空の都市ヨコハマ。2017年の初舞台化以来5年、6作品という圧倒的なスケールで、途方もない物語を紡いできた「文ステ」。前作『太宰、中也、十五歳』ではのちに「双黒」と呼ばれる二人の少年、太宰 治と中原中也の出会いが描かれた。そしてシリーズ第7作となる今回の舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』。前作の1年後、ポートマフィアに加入した中原中也の前に中也の兄を名乗る暗殺王ポール・ヴェルレエヌが現れる。「お前の心に関わる人間を、全員暗殺する」というヴェルレエヌ。中也は欧州の人造知能捜査官・アダム・フランケンシュタインと手を組んで、彼の計画を阻止しようとするが……。
圧巻のアクションやプロジェクションマッピングを駆使し、ハリウッド映画さながらのスケールで物語を届けるが、そこで浮かび上がってくるのは「生きるとは何か、自分は何者なのか」という人間の根源的な命題。心が熱く燃える人間ドラマだ。

(1)植田圭輔(中原中也 役)
植田圭輔(中原中也役)
満を持して中原中也に挑む植田圭輔。2017年のシリーズ第1作から登場し、今作で中原中也役として5度目の出演となる。自分とは“何”なのか――全身全霊でこの問いにぶつかっていく中也に、植田が熱い魂を捧げて演じているのが伝わってくる。自分は人間なのか、それとも魂を偽造した人間の模造品なのか。自分のアイデンティティに悩みもがく姿が実は一番人間らしいのだと感じさせられた。荒ぶって見せながらも、心の芯の部分では「家族」への思いは強く、揺るぎない。植田の真摯な取り組みによって、中也の人物像が生き生きと色づく。さらに、これまでの上演作品を上回る肉体表現を見せて、物語を熱く躍動させている。

(2)佐々木喜英(ポール・ヴェルレエヌ  役)
佐々木喜英(ポール・ヴェルレエヌ役)
ポール・ヴェルレエヌ役を演じる佐々木喜英は「文ステ」初出演。アニメ化されていないキャラクターだけに役作りが難しいのでは? と想像したのだが、登場した瞬間からヴェルレエヌ以外にはありえない存在感で劇場を満たしたのがさすがだ。これまで数々の作品に出演してきた佐々木だけにキャラクターを立体化させる力が卓越していて、説得力あるヴェルレエヌを作り上げた。中也の兄を名乗るヴェルレエヌで、植田演じる中也と重なって感じる表現もあって印象深い。

(3)磯野大(アダム・フランケンシュタイン 役)
磯野大(アダム・フランケンシュタイン役)
同じく「文ステ」初登場の磯野 大が人造知能捜査官・アダムを演じる。人間でないアダムの行動はどこかコミカルなところもあって、中也との凸凹コンビぶりも本作の見どころのひとつ。磯野は膨大な台詞を淀みなく操って、人造知能らしさを体現。一方、アダムの人間よりも人間らしい一面を見せて、心を揺さぶった。

(4)伊崎龍次郎(白瀬 役)
伊崎龍次郎(白瀬役)
伊崎龍次郎が演じる白瀬は、かつて中也と未成年のみで構成された互助集団「羊」で一緒だった少年。前作では、身寄りのない中也を「羊」のメンバーとして迎え入れた一方、「羊」を守るために排除しようともした。その過程を経て、本作の中では白瀬の人間的な変化や成長を感じさせた。

(4)場面

(5)加藤ひろたか(広津柳浪 役)
加藤ひろたか(広津柳浪役)

(6)田淵累生(太宰治 役)
田淵累生(太宰治役)
太宰 治を演じるのは田淵累生。映画『文豪ストレイドッグス BEAST』を経て、キャラクターへのアプローチをさらに深めて臨んだ本作で、シニカルに振る舞いながらものちに中也と「双黒」と呼ばれる関係性を予感させる太宰を作り上げた。

(7)根本正勝(森鴎外 役)
根本正勝(森鴎外役)
ポートマフィアの首領、森 鴎外を演じるのは根本正勝。「ポートマフィアは家族」という中也を懐深く受け止める森を根本がひょうひょうとした持ち味で演じた。森の存在感の大きさが他の「文ステ」シリーズ作品との繋がりを連想させて、作品をより奥深いものにする。

(8)久保田悠来(N 役)
久保田悠来(N役)
N役は「文ステ」初登場の久保田悠来が演じる。科学者として、アダム同様膨大な専門用語を繰りながら、その素性はミステリアス、かつ老獪な印象を感じさせる。中也の出自の秘密を握る人物として、中也との迫真のやり取りがドラマを盛り上げる。

(5)場面
注目されるのは、今回朝霧カフカの小説『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』を初めてクロスメディア化したのが本作である、ということ。しかも500ページにも及ぶ長編を2時間15分の舞台に。実際に舞台を観て感じたのは、決してダイジェストにならず、しかも重要なポイントを漏らさないで物語を紡ぎ、スピード感あふれる展開で劇的な昂揚を高めた中屋敷法仁の作劇の確かさだ。シリーズ第1作より全作品の演出を担当し、『文豪ストレイドッグス』の世界を熟知する中屋敷だからこそなせる業というべきか。中屋敷演出が大事にしているのは「人間力」。演じている人のパワーを前面に生かした演出で見せて、「人間の心を動かすのは人間なのだ」という演劇の持つプリミティブな魅力を実感させる。

そして、舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』を観て、中也の、ヴェルレエヌの、アダムの「生きた」姿を体感した後には、小説『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』を読みたくなる。舞台と小説の相乗効果によって、より奥深く『STORM BRINGER』の世界に触れることができるだろう。

ライター:大原 薫


(9)場面
■あらすじ
太宰治とともに『荒覇吐(アラハバキ)事件』を終息させ、ポートマフィアに加入して1年。
幹部の座を狙う中原中也の前に現れたのは、中也を弟と呼ぶ暗殺王ポール・ヴェルレエヌだった。
「お前の心に関わる人間を、全員暗殺する」
彼の計画を阻止するため、中也は欧州の人造知能捜査官・アダムと手を組む。
それは横浜を再び飲み込む嵐の予兆。
中原中也とは一体“何”なのか。
射干玉(ぬばたま)の闇に包まれた過去の真実が今、明らかになる――。
【原作】角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」
【脚本・演出】中屋敷法仁
【協力】朝霧カフカ・春河35
【出演】中原中也役:植田圭輔
ポール・ヴェルレエヌ役:佐々木喜英 アダム・フランケンシュタイン役:磯野大 白瀬役:伊崎龍次郎
広津柳浪役:加藤ひろたか 太宰治役:田淵累生 森鴎外役:根本正勝
N役:久保田悠来
岡村樹/黒須育海/山中啓伍/小林らら/美守桃/よし乃
声の出演 蘭堂役:細貝圭 芥川龍之介役:橋本祥平
■公演日程
【東京】2022年6月24日(金)~27日(月)日本青年館ホール
【大阪】2022年7月2日(土)~3日(日)東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
■ライブ配信公演
【東京】
(1)6月26日(日)12:00公演
 ※全景配信:カメラ1台による定点収録映像
(2)6月26日(日)17:00公演
 ※スイッチング配信:複数カメラによる切り替え映像

【大阪】
(3)7月3日(日)12:00公演
 ※スペシャル“兄弟”配信:複数カメラによる特殊演出映像
(4)7月3日(日)17:00公演
 ※大千穐楽スイッチング配信:大千穐楽公演オリジナルの、複数カメラによる切り替え映像

詳細は公式サイト

2022年アーカイブ

PAGE TOP
June 24,2022 (Fri)
1
撮影:岡千里

本日6月24日(金)から7月10日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場、7月13日(水)から15日(金)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、ほか福岡・愛知で上演する舞台『M.バタフライ』。初日公演を目前に控えた劇場から、舞台写真や出演者からのメッセージが届いた。

4

あるフランス人外交官が国家機密情報漏洩という大罪を犯すほど愛に溺れた相手は、性別を偽った中国のスパイだった。本作は、この驚愕のニュースに触れた劇作家・デイヴィット・ヘンリー・ファンがその事実をヒントに、オペラ『蝶々夫人』を劇中に取り入れながら創作した物語。ブロードウェイで上演されると、京劇のもつエキゾチシズムや興味深い登場人物たち、そして、重層的な戯曲の構成が絶賛され、1988年トニー賞最優秀演劇賞を受賞。世界30ヵ国以上で上演されてきた。日本では1990年に上演されて以来、32年ぶりの上演となる。

3

主人公、ルネ・ガリマールを演じるのは、徹底した役の掘り下げに裏付けされた演技力と圧倒的な存在感を放つ内野聖陽。物語では、投獄されたルネが観客に、自身の「正しさ」を『蝶々夫人』と対比させながら観客に説いていくうちに、やがてその全貌が浮かび上がる。エネルギッシュでありながら細やかに丹念に人物を表現する内野の、まさに真骨頂が発揮される。

毛沢東のスパイでありながら、京劇女優に身分を偽るソン・リリンは、岡本圭人が務める。アメリカ最古の名門演劇学校であるアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツへ留学。帰国後に主演した舞台「Le Fils 息子」では、思春期の絶望と不安に苛まれながら必死でもがく青年を見事に演じ切り称賛を受けた。この度演じるソンは、性別も身分も、そして京劇女優の立ち振る舞いも表現することが求められ、また新たな挑戦に挑む。

6

そして、ルネの妻ヘルガは、凛とした佇まいが魅力の朝海ひかる。ソンの監視役の共産党員、チン同志に占部房子。ガリマールの浮気相手役に藤谷理子。ルネの駐在中の上司、トゥーロン役に三上市朗。ルネの幼馴染、マルクにみのすけといった実力派が揃う。

演出を手がけるのは、劇団チョコレートケーキの座付き演出家、日澤雄介。歴史的・社会的なテーマを掲げた作品を手がけることを得意とする。会話を中心に丁寧に人物を描き出す手腕は演劇界から高く評価されており、第49回紀伊國屋演劇賞 団体賞、第29回読売演劇大賞 優秀演出家賞など、受賞も多数。硬派なテーマを含みつつ、生々しい人間ドラマ、愛の物語をどのように展開させていくのか、こちらも大きな挑戦となる。上演スケジュールほか詳細は公式サイトへ。

7

◎日澤雄介(演出)
「M.バタフライ」を演出できること、とても光栄です。この作品は『蝶々夫人』を下敷きに、内野さん演じるルネ・ガリマールという何の変哲のない男が、葛藤を抱えながらソン・リリンに出会うことで、変化していく…。ルネの頭の中にお客様をどう連れていけるか、共有できるかを軸に演出しました。どういう結末を迎えるか、楽しみにしていただければと思います。

◎内野聖陽
数年前にプロデューサーからこの作品のお話をいただき、あまりにもよくできた戯曲で、ぜひ挑戦したいと思いました。翻訳の吉田美枝先生から編み出された日本語の美しさに、満場一致で気付かされました。30年前に翻訳されたものなので、言葉の言い回しなど、日本語にうるさい私を筆頭に…(笑) 訳を微調整しました。英語が堪能な圭人君からもアイデアをもらいながら、言葉に磨きをかけました。自信だけでなく不安にも満ちていますが、作品の素晴らしさや、ガリマールの脳内で起こる“脳内劇場”を楽しんでもらいたいです。この壮大な作品を小さな劇場でできる喜びを噛みしめながら、日々演じたいと思います。どうぞ温かい目で見ていただければと思います。

◎岡本圭人
僕にとって本当に挑戦的な役で、やることがとてもいっぱいでした。セリフの言い方を内野さんから指導いただいたり、所作・京劇・メイクさん・衣装さん・スタッフの皆様…たくさんの方々に支えていただいて、ソン・リリンを演じることができます。舞台はお客様がいて完成するので、これからたくさんのお客様に観ていただいて、どのように完成するのかとても楽しみです。一生懸命ソン・リリンを演じますので、楽しみにしていてください。


【原作】デイヴィット・ヘンリー・ファン
【翻訳】吉田美枝
【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
【出演】内野聖陽 岡本圭人 朝海ひかる 占部房子 藤谷理子 三上市朗 みのすけ
【東京】2022年6月24日(金)~7月10日(日) 新国立劇場 小劇場
【大阪】2022年7月13日(水)~7月15日(金) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【福岡】2022年7月23日(土)、24日(日) キャナルシティ劇場
【愛知】2022年7月30日(土)、31日(日) ウインクあいち 大ホール

「M.バタフライ」公式サイト

2022年アーカイブ

PAGE TOP
June 24,2022 (Fri)
1

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作、河原雅彦演出、古川雄輝主演で贈る舞台『室温~夜の音楽~』。開幕を明日に控えた劇場から、舞台写真とメッセージが届いた。

人間が潜在的に秘めたる善と悪、正気と狂気の相反する感情を恐怖と笑いに織り込んだ本作は、ホラー・コメディとして絶賛され第五回鶴屋南北戯曲賞を受賞した。

記録にも記憶にも残る傑作戯曲の誕生から21年、数々の話題作を世に送り出した、奇才・河原雅彦の手により新演出版として上演!音楽は新しい時代のディープファンクバンドである在日ファンクを河原がたっての希望で指名。全編Funky Deepな生演奏で届ける。

2
3
4
5
6

▼河原雅彦
21年前に初演を拝見してからずっと頭の片隅に残っていた作品に、こうして素晴らしい俳優さんたちを迎えられました。音楽も“この人たちが引き受けてくれなかったら上演はできない”と思っていた在日ファンクさんが、浜野さんに至っては役者とボーカリストを兼ねながらバンドまるごと参加してくださり、実現できてとても嬉しいです。個性的でオリジナリティあふれる舞台になると感じています。

▼古川雄輝
以前に出演した舞台(『イニシュマン島のビリー』2016年)の劇場がこの世田谷パブリックシアターだったので、劇場に入った時にとても懐かしさを感じました。また、3年振りに舞台上からの景色をみて、ワクワク感と緊張もあります。とにかく早く、たくさんのお客さんに楽しんで観ていただきたいと思っています。
河原さんも仰っていましたが、ケラさんの台本は人間の二面性を描いているので、自分の役も、誰とお芝居しているかで性格やお芝居のテイストが変わるような役柄になっています。在日ファンクさんの音楽もとてもかっこよくて、好きな曲が流れると思わずノリたくなるんですが、舞台上でじっと我慢していなければならないので、たまにチラ見しています(笑)。
ホラーコメディというジャンルなので、怖さと思わずクスっと笑ってしまう面白さの両面を劇場で楽しんでいただきたいです。

▼平野綾
最近はミュージカルに多く出演させていただいて、ストレートプレイは3年振りになるのですが、稽古の取り組み方が違っていてとても新鮮な気持ちでした。今回私が演じているキオリという役は、かなり感情の振り幅が大きく、感情を露わにするシーンもあるので、どういう声を出したらよりお客さんに効果的に届くのかなど表現を模索しながら演じています。また、この作品はミュージカルではありませんが、これだけふんだんに音楽を使っている作品に今まで出会ったことがないので、新しいジャンルが生まれている瞬間に立ち会えている気がして嬉しいです。きっと観てくださるお客様にもそれを感じていただけると思います。

▼浜野謙太
思ったよりもあっちこっちで出番があるので“またあいつ出てるよ…”と、うざく思われないように演じています(笑)演出の河原さんには“ハマケンくんが下で出てきて、また早着替えして上に出てきて、また下から出てきて…その変わり目が面白いよ”と言われました。また、舞台上での在日ファンクの見せ方もすごく派手で、映像が激しく歌詞がでてきたりもするのでメンバーも楽しんでいます。ぜひ観に来てください。

▼あらすじ
田舎でふたり暮らしをしているホラー作家・海老沢十三(堀部圭亮)と娘・キオリ(平野綾)。12年前、拉致・監禁の末、集団暴行を受け殺害されたキオリの双子の妹・サオリの命日の日に、様々な人々が海老沢家に集まってくる。巡回中の近所の警察官・下平(坪倉由幸)、海老沢の熱心なファンだという女・赤井(長井短)。タクシー運転手・木村(浜野謙太)が腹痛を訴えて転がり込み、そこへ加害者の少年のひとり、間宮(古川雄輝)が焼香をしたいと訪ねてくる。偶然か…、必然か…、バラバラに集まってきたそれぞれの奇妙な関係は物語が進むに連れ、死者と生者、虚構と現実、善と悪との境が曖昧になっていき、やがて過去の真相が浮かびあがってくる…。


【作】ケラリーノ・サンドロヴィッチ  
【演出】河原雅彦  
【音楽・演奏】在日ファンク
【出演】
古川雄輝 平野綾 坪倉由幸 浜野謙太 長井短 堀部圭亮 ・ 伊藤ヨタロウ ジェントル久保田

【東京】2022年6月25日(土)~7月10日(日)世田谷パブリックシアター
【兵庫】2022年7月22日(金)~24日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

https://www.ktv.jp/shitsuon/

2022年アーカイブ

PAGE TOP