広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

October 13,2017 (Fri)
ドラムタオ1
©DRUM TAO
世界23ヵ国・500都市で上演され、世界観客動員700万人を突破した和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」。2017年春に誕生したロックをテーマに掲げた新作での全国ツアー「ドラムロック 疾風」、さらに海外での公演を経て、いよいよアーティスト総出演の『ドラムロック 疾風 総出演』で最大規模の凱旋公演を行う。

「ドラムロック 疾風」は、“ROCK”のビートを美しくも圧倒的な和太鼓パフォーマンスで表現する新感覚のステージ。TAOのパフォーマンスと映像クリエイティブ集団「ZERO-TEN」によるプロジェクションマッピングの融合、コシノジュンコが手掛ける衣装がTAOの舞台を最先端のモードに彩り、一時代を画すエンターテイメントとして誕生。世界中の観客に、舞台を駆けぬける疾走感と総合芸術としての完成度の高さで衝撃を与えた。まさに世界に通用するエンターテイメントを創り上げてきたTAOの2017年。その総集編ともいえる凱旋公演に期待が集まっている。チケットは好評発売中。ほか詳細は公式サイトへ。

ドラムタオ2
©DRUM TAO
DRUM TAOとは
1993年に結成され、大分県の竹田市久住町を拠点に活動する「DRUM TAO」は、世界に類のない圧倒的な音表現を持つ「和太鼓」で、世界に通用するエンターテイメントを実現させてきた。2004年には初の海外公演を果たし、2017年5月時点で、世界23ヶ国・500都市にて上演、世界観客動員は700万人を突破。また、2016年のオフ・ブロードウェイ公演の成功を受け、ブロードウェイに常設ステージを始める企画も始まっている。
国内では、全国各地でツアーを行うほか、様々なジャンルからの熱いオファーを受けて、歌舞伎(片岡愛之助、市川染五郎 など)、J-POP(EXILE USA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人によるユニット「DANCE EARTH PARTY」)、アイススケート(髙橋大輔 など)とのコラボレーションが実現している。2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づく今、言語を使わない"ノンバーバル"で和の心を響かせ、世界中を沸かせているDRUM TAOに、エンタメ界から熱い注目が集まっている。

【演出・制作】
フランコドラオ
【衣装デザイン】
コシノジュンコ
【出演】
DRUM TAO(フルメンバー)
【東京】
2018年1月18日(木)~1月20日(土) Bunkamuraオーチャードホール

DRUM TAO

PAGE TOP
October 06,2017 (Fri)
近松心中物語

秋元松代原作、蜷川幸雄演出で1979年の初演以来上演の度に話題を呼び、現代演劇の伝説的作品となった『近松心中物語』。この不朽の名作に、日本で一番の観客動員数を誇る演出家、劇団☆新感線のいのうえひでのりが新演出で挑む。常に冒険的な創作に挑み続けた蜷川幸雄氏も熱望したという、いのうえ版『近松心中物語』に注目が集まる。

出演は、共演の度に男女のさまざまな愛の姿を演じ、観客を魅了してきた堤真一と宮沢りえ。一瞬にして雷に打たれたように恋に落ちる<忠兵衛と梅川>を演じる。可笑しみをまといながら、人間の等身大の哀しみや苦悩を背負った二人<与兵衛とお亀>には池田成志と小池栄子。さらに歌舞伎界から市川猿弥、演劇界の尊敬を集める大ベテラン・立石涼子、小野武彦、銀粉蝶の盤石の布陣に加え、群像劇のパワーを担う多彩な俳優陣が世界観を支える。チケットは11月12日(日)より一般発売。ほか詳細は公式サイトへ。

◆ストーリー
時は元禄。大坂新町と言えば、一夜の悦楽を追い求める男たちが集まる廓街。そこに、小道具商傘屋の婿養子・与兵衛(池田成志)が、折り合いの悪い姑お今(銀粉蝶)に追い出され、ある廓に身を沈めていた。
もともと気弱で、うだつのあがらない亭主だが、女房のお亀(小池栄子)に
とっては、所帯をもってもなお、恋い焦がれる相手。行方知らずのダメ亭主を案じ悲しむ娘をみかねて、姑お今が自ら与兵衛を連れ戻しに新町にやってくる。「二度とこの男を廓に近づけないでくれ」と周囲に念押ししながら、連れ戻される与兵衛。そんな与兵衛とは対照的に、廓に縁のなかった飛脚屋亀屋の養子忠兵衛(堤真一)は、店の丁稚が拾った封書に一分の金が入っていたため、親切心から、その差出人の槌屋平三郎(小野武彦)を訪ねて新町に足を踏み入れてしまう。そこで偶然出会った飛脚仲間の八右衛門(市川猿弥) の強い誘いも振り切り、店を立ち去ろうとする忠兵衛。だがその時、店には、出先から戻って来た遊女・梅川(宮沢りえ)が…!

何かに打たれたように、立ちすくみ無言で見つめ合う二人…。
その瞬間から、忠兵衛は憑りつかれたように梅川を追い求め、店の中へと消えて行く。ある日、幼馴染の与兵衛のもとに、忠兵衛がやってくる。愛する梅川の見請け話が持ち上がっていて、養子の自分には自由になる金もなく、与兵衛に手付の金だけでも貸してくれと泣きついてきたのだった。同情した与兵衛は、なんと店の金箪笥をこじ開けて、そこにあった大金を忠兵衛に渡してしまう。喜びいさんで新町に戻り、手付金を支払い安堵する忠兵衛と梅川だったが、運命は二人には微笑まず、更なる難題が…。

そして、店の大金に手を付けたことで家を出た与兵衛と、それでも夫を慕い追いかける妻・お亀。 <忠兵衛・梅川><与兵衛・お亀>の崖っぷちの男女二組の運命は…?
あてのない逃避行へと向かう二組の男女の情念の行く末は…?

【作】秋元松代
【演出】いのうえひでのり
【出演】堤真一 宮沢りえ 池田成志 小池栄子 市川猿弥 立石涼子 小野武彦 銀粉蝶 ほか
【東京】2018年1月10日(水)~2月18日(日) 新国立劇場 中劇場

『近松心中物語』公演情報

近松心中物語

PAGE TOP
October 06,2017 (Fri)
舞台「クローズZERO」
左から千綿勇平、安井一真、二葉 勇、松本大志、堂本翔平、菊池修司
個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆(げきだんばんちょうぼーいずふぁいぶ)」の第10回本公演として、舞台『クローズZERO』が上演される。本日注目の第一弾ビジュアルが公開され、併せて配役も発表された。

本作は累計発行部数4,600万部、カリスマ的人気を誇る伝説のコミック「クローズ」(髙橋ヒロシ/秋田書店少年チャンピオンコミックス刊)で描かれた世界の1年前のエピソード。2007年に公開された実写映画「クローズZERO」は、ワルくてカッコいい男たち=悪メンブームを巻き起こし、観客動員190万人、興行収入25億円のビッグヒットを記録した。舞台『クローズZERO』はこの映画作品を原作とする舞台となる。

「劇団番町ボーイズ☆」メンバーのほか、名古屋を拠点とする「劇団ヘラクレスの掟」から鶴田亮介、そして福岡の「10神ACTOR」からは三岳慎之助・坂田隆一郎・松島勇之介の参加が決定しました。さらに、映画「クローズZERO」に三上豪役で出演していた伊﨑央登、ベテラン実力派俳優のモロ師岡の参加も決定。「クローズZERO」の世界を、再現性の高いライブエンターテインメントに昇華させられるキャストが出揃った。チケットは10月25日(水)発売。ほか詳細は「劇団番町ボーイズ☆」公式サイトへ。

◆ストーリー
この街に住む者なら誰も近づかない学校がある。
近づくとしたらよっぽどのバカか……よっぽどのバカだ。

その学校の名は……鈴蘭男子高校。別名「カラスの学校」と呼ばれている。ヤクザでも、半端者は近づきゃしない。腹をくくった奴にしか、この門はくぐれない。群雄割拠の悪ガキ甲子園。腕に覚えのある猛者が集い、日々その覇権を激しく争っている。しかし、いまだかつて番長として全校をまとめあげた者は存在しない。自分を怪物と信じていた者も、更なる怪物に敗れ下につく。知略ある者は数を求めて群れをなす。虎視眈々と情勢を注視する者もいる……そうこうしているうちに派閥や一匹狼が出来上がり、互いに牽制していく中で勢力が均衡していくのだ。そんな風にして繰り返されてきた長い歴史の中で、いつしか街の不良達もこう噂するようになった。

「鈴蘭を統一するのは……絶対に不可能だ」

しかし、不可能と言われている鈴蘭制覇を本気で目指す男が1人……門を叩いた。
舞い降りたはぐれ鴉……その男の名は、滝谷源治。
滝谷の登場により、鈴蘭はかつてない速さで動いていく。

最凶の不良たちの最高の物語が、生の迫力を伴って舞台上で躍動する!

【原作】
映画「クローズZERO」(©2007髙橋ヒロシ/「クローズZERO」製作委員会)
【脚本・演出】
山田能龍(山田ジャパン)
【出演】
松本大志 堂本翔平 坂田隆一郎 三岳慎之助 藤岡信昭 二葉 勇
コーシロー 千綿勇平 安井一真 菊池修司 鶴田亮介 砂原健佑
西村涼太郎 籾木芳仁 木原瑠生 織部典成 松島勇之介 西原健太
ただのあさのぶ 伊﨑央登 いとう大樹 モロ師岡
【東京】
2017年11月30日(木)~12月3日(日) CBGKシブゲキ!!

舞台「クローズZERO」

PAGE TOP