広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

October 14,2018 (Sun)
まさに世界の終わり
(左から)那須佐代子、内 博貴、大空ゆうひ

兵庫公演を皮切りに、名古屋・藤沢での上演を経た舞台『まさに世界の終わり』の10月13日(土)~11月6日(火)までの東京公演がついに幕を開けた。劇場では囲み取材が行われ、内博貴、大空ゆうひ、那須佐代子が登壇。それぞれに作品にかける思いを語った。

本作は1995年に38歳の若さで亡くなったフランスの劇作家・ジャン=リュック・ラガルスが、1990年にベルリンで執筆した戯曲。18歳からブザンソン国立演劇学校(コンセルヴァトワール)で演劇を学び、逝去するまでの20年に満たない期間で25本の戯曲を執筆した。没後には大いに注目を集め、作品が多数上演されるなど高い評価を受けている。

物語の主人公は34歳のルイ。長く帰郷していなかったが、不治の病を得て実家に戻ってくる。家族に病を打ち明けられずにいる中、家族が言い争いをしたり、互いを気遣ったりする情景が会話劇として描かれる。家族の愛や葛藤を確固たるメッセージとして提示するのではなく、家族との噛み合わない会話や遠回しな表現から、沈黙をも印象的に魅せ、その描写の一つ一つから《家族》とは何なのか、観客の心に語り掛ける。2016年には同戯曲をもとに、グザヴィエ・ドラン監督が「たかが世界の終わり」というタイトルで映画化し、第69回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞、アカデミー賞外国語映画賞カナダ代表作品に選ばれた。

今作では齋藤公一翻訳の戯曲を石丸さち子が上演台本化し、演出も石丸が手掛ける。石丸は早稲田大学演劇専攻を卒業後、蜷川幸雄演出作品に俳優・演出助手として多数参加、現在では演出家・劇作家として多彩に活躍。作・作詞・演出のオリジナルミュージカルを手掛けることも多く、注目を集めている。

不治の病に侵されたルイ役を務めるのは内博貴。2010年より出演している堂本光一主演舞台「Endless SHOCK」への出演や、ブロードウェイ・ミュージカル「コメディ・トゥナイト!」など、音楽劇やミュージカル作品に多数出演、今作が「グレイト・ギャツビー」(2016)以来2年ぶりの主演舞台となる。共演には、元宝塚歌劇団トップスターで多彩な演劇、ミュージカル、コンサートなどで活躍する大空ゆうひ。常に抜群の演技力で評価の高い那須佐代子と鍛治直人。そして新鮮な魅力にあふれる島ゆいか。当日券ほか公演情報の詳細は公式サイトへ。

◆内博貴
「まさに世界の終わり」は、とても芸術的で文学的な作品で、このようなタッチの作品は初めてです。全てを理解するまでが、今まで出させていただいた作品の中で、一番難解でした。セリフ量がとても多く、長セリフで10ページぐらいある部分もあります。会話劇ではありますが、全員に長セリフがあるので、一人が話しはじめたら、ぶわーっと話し続けるので、なにかあったときにフォローができない、個人戦のようです(笑)。
東京公演は、公演期間も長くて、1日に2公演を行うのも初めてなんです。神経を研ぎ澄ます繊細なお芝居なので気を引き締めて頑張ります。ぜひ皆さま劇場にいらしてください!

◆大空ゆうひ
内さんは、キャッチ力が凄いんです。ダメ出しが入っても、すぐに自分の中に取り込んで演じられていてすごいなと思いました。初共演ですが、この家族には、こんな素敵な(義理の)弟がいるんだと、自然に感じることができました。

◆那須佐代子
ルイが実家に帰ってきて、18年ぶりに会うという設定なんですが、いやぁ…、こんなきれいな息子になって。本当にきれいですよね。兄は乱暴もので、弟はとても繊細。稽古中も、演出の石丸さんから「かっこよすぎる!」というダメ出しも出るくらいでした(笑)。


【原作】
ジャン=リュック・ラガルス
【翻訳】
齋藤公一
【上演台本・演出】
石丸さち子
【出演】
内 博貴 大空ゆうひ 島ゆいか 鍛治直人 那須佐代子
【東京】
2018年10月13日(土)~11月6日(火) DDD青山クロスシアター

まさに世界の終わり

PAGE TOP
October 14,2018 (Sun)
文豪2
文豪1
文豪3
©舞台「文豪ストレイドッグス」製作委員会
©舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」製作委員会

9月より東阪で上演を続けてきた舞台『文豪ストレイドッグス 黒の時代』が、大阪・森ノ宮ピロティホールにて大千秋楽を迎え、そのステージ上で2019年夏の第三弾公演が発表された。詳細は公式サイトにて順次発表される。

「文豪ストレイドッグス」は、2013年にヤングエースにて朝霧カフカ(原作)・春河35(漫画)によりコミックス連載が開始された、架空の都市[ヨコハマ]で繰り広げる異能力アクションバトル漫画。コミックスは現在15巻まで刊行され、シリーズ累計500万部を突破する大人気作となっている。

これまでにTVアニメ化、ソーシャルゲーム化、劇場アニメ化、と、次々とメディア展開の場を広げ、初の舞台化は2017年12月。TVアニメの第1シーズンのエピソードをもとに上演し、全席完売の大ヒットを記録した。アンサンブルのダンスを効果的に配した演出や、映像を駆使して立体的に奥行きのある劇空間を具現化し、舞台ならではの表現が高い評価を受けている。今後ますます勢いを増す舞台「文豪ストレイドッグス」に注目が集まる。


舞台『文豪ストレイドッグス』公式サイト

文豪ストレイドッグス

PAGE TOP
October 14,2018 (Sun)
第10弾
©尼子騒兵衛/NHK・NEP ©ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

本日『ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾 忍術学園 学園祭2018』東京公演が舞浜アンフィシアターで幕を閉じ、そのステージで新作となる第10弾、"これぞ忍者の大運動会だ!"の開催が発表された。2019年5月、東京ドームシティ シアターGロッソにて上演される。

"忍ミュ"の愛称で親しまれる本作は尼子騒兵衛著作の漫画「落第忍者乱太郎」、及びそれを原作としたアニメ「忍たま乱太郎」をミュージカル化。ギャグや殺陣、アクションなどで展開される“2.5次元ミュージカル”として2010年に誕生し、初演以来順調に公演を重ね、着実に成長を続けてきた。出演キャストやスケジュールなど、公演情報等の詳細は公式サイトにて順次発表される。


『ミュージカル「忍たま乱太郎」』公式サイト

ミュージカル「忍たま乱太郎」

PAGE TOP