広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
CONTACT
HOME


NEWS

田中哲司、松田龍平、笹本玲奈、石橋静河ら出演『近松心中物語』製作発表会開催!

July 26,2021 (Mon)
近松
(写真左から)長塚圭史(演出)、笹本玲奈、田中哲司、松田龍平、石橋静河

さる7月20日(火)、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『近松心中物語』製作発表会が行われ、同劇場の芸術監督で本作を演出する長塚圭史をはじめ田中哲司、松田龍平、笹本玲奈、石橋静河が登壇。それぞれ作品にかける意気込みを語った。

長塚圭史(演出)
今年芸術監督に就任し、シーズン制を導入しました。この秋からKAAT神奈川芸術劇場の初のメインシーズンがはじまります。この作品を幕開けに選んだ理由のひとつは劇作家の秋元松代さんがこの劇場の建つ、神奈川県横浜市出身であることです。また私がこの劇場で秋元さんの「常陸坊海尊」を演出した時、簡潔でありながら豊かで味わい深い台詞の魅力に大変惹かれました。「近松心中物語」を再読してみると、改めて非常に魅力的な戯曲だと感じたことがあります。身分制度が厳しく、お金がものを言う元禄という時代に、追い詰められて死を選ぶ忠兵衛と梅川の様、心中という“物語“に恋焦がれるお亀と、生に執着してしまう与兵衛の様は、格差を問われる現代に響くのではないかと思っています。
また、この作品を現代と通じさせたいという思いが強くあり、そう考えたときにスチャダラパーさんを思い浮かべました。彼らの音楽が現代に通じるトンネルになってくれるに違いないと思っています。
この作品は様式的で絢爛豪華なイメージがあると思いますが、僕は「肉体的」な戯曲だと感じています。物語のきっかけが「一目ぼれ」ということもそうですし、若者たちの時間は早く、その刹那の出来事であることもそう感じる所以です。
この作品は演劇界の金字塔とも称される作品です。今期の劇場のメインシーズンのテーマを「冒(読み:ぼう)」と掲げていることもあり、蜷川さんが80人ほどの出演者で作られた名作を19人でやろうという冒険もします。どうぞ楽しみにしていてください。

田中哲司(亀屋忠兵衛 役)
長塚さんが芸術監督という立場になっての新作は初めてとのことで、良い作品にしなければと思っています。ここにいるキャストの皆さんとは今日初めてお会いしたのですが日々の活躍ぶりをみても大変心強いですね。明後日から稽古で本読みから始まるのですが、毎回最初の本読みは楽しみの一つです。(自分と忠兵衛の共通点について)忠兵衛は勤勉なサラリーマン的で、あまり自分とは似ていません。さらに設定上は20代なんですね。それがもっとも似つかわしくなく、長塚さんには稽古で齢を感じたら注意して、と伝えてあります(笑) 
長塚さんは、何でも受け入れてくれるのでまずは飛び込んでやってみるべきです、と初めて参加される女優のお二人(笹本さん・石橋さん)にはお伝えしておきます。(物語のきっかけとなる「一目ぼれ」つながりの質問で)深刻な一目ぼれはありませんが、軽い一目ぼれみたいなものは、いっぱいあります。女性でも男性でも、モノでも、食べ物でも。昔より増えた気がしますね。

松田龍平(傘屋与兵衛 役)
長塚さんとは3度目となりますし、田中さんとも前回共演させていただいていますので、とても楽しみです。稽古が始まっていないので、台詞もまだこれからですが、稽古が進むうちに次第に与兵衛というキャラクターに近づいていけるのかなと思います。戯曲を読む限り、言葉を選ぶのが難しいですが、与兵衛は筋を通す人だなあと感じます。自分が本当にどうやって生きていきたいのかは分からない、でも自分の置かれている状況や、大切に思っている人に対して、筋を通していて。自分が死ぬ気はなくとも、大事な人がそうしたいならそうしよう、という人なんだなあと。
これから稽古をしながら、役を噛みしめていきたいと思っています。

笹本玲奈(遊女梅川 役)
先ほど長塚さんから演出プランをお聞きしたのですが、想像以上だなと感動しました。長塚さんの演出作品には初めて出演しますし、「はじめまして」のキャストの方も多いですし、和ものを演じるのも初めて。
この作品は何もかも初めて尽くしの経験ですので、頑張って皆さんについていきたいと思っています。(自分と梅川の共通点について)梅川は自分より相手のことを考えていて、人を気遣う優しさや可愛らしさを感じます。自分は割と何でも自分でしてしまうタイプなので、忠兵衛から見たら可愛げがないと思われてしまうかもしれません。梅川の持つ儚さや健気さをどう表現するかが課題だと思っています。

石橋静河(与兵衛の妻・お亀 役)
非常にボリュームのある戯曲なのに、読後感はなんてはかないんだという印象です。最初に感じた印象を大事にしたいと思います。お亀という女性についても非常に愛おしく感じたので、奇をてらうことなくまっすぐにお亀という女性に向き合いたいと思っています。他人に何を言われようとも自分の意思を通す強い女性で、そういう点もいいなと思いますし、もっといい点を探していきたいと思っています。(自分とお亀の共通点について)お亀と与兵衛が幼馴染という設定で、私も松田さんを子どものころから知っているので、そういう点での共通点はありますね。

【作】
秋元松代
【演出】
長塚圭史
【音楽】
スチャダラパー
【出演】
田中哲司/松田龍平、笹本玲奈/石橋静河

綾田俊樹、石橋亜希子、山口雅義、清水葉月、章平、青山美郷、
辻本耕志、益山寛司、延増静美、松田洋治、蔵下穂波
藤戸野絵 福長里恩/藤野蒼生 (子役Wキャスト)

朝海ひかる、石倉三郎

【神奈川】2021年9月4日(土)~20日(月・祝) KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
【北九州】2021年9月25日(土)~26日(日) 北九州芸術劇場 中劇場
【豊 橋】2021年10月1日(金)~3日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
【兵 庫】2021年10月8日(金)~10日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【枚 方】2021年10月13日(水) 枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール
【松 本】2021年10月16日(土)・17日(日) まつもと市民芸術館 主ホール

近松心中物語

PAGE TOP