広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

November 15,2019 (Fri)
出演:佐藤隆太

海外で一大旋風を巻き起こした斬新な舞台『エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~』のチケットが11月16日(土)に発売される。

『エブリ・ブリリアント・シング』は2013年にイギリスで幕をあけ、翌年には演劇祭の最高峰の一つであるエディンバラ国際演劇祭に参加し、3年連続して同演劇祭で上演されるという快挙を成し遂げた作品。2014年以降、ニューヨークを始め、世界中で翻訳上演されている話題作の日本語初演となる。

『エブリ・ブリリアント・シング』が、世界中の人々を虜にしてきたのは、観客との距離が近いトークライブかのような、特殊でユニークな上演形態が挙げられる。登場人物は一人のみ。開演前から、出演者が観客に話しかけたり、番号のついた小さなカードを渡したり。観客が全員着席すると、リストを手にしたキャストが自分の子ども時代の話を語り始める。そのリストは、この世界にある「ありとあらゆるステキなこと」を書き連ねたリスト。
観客は、キャストから渡されたカードにある自分の番号が呼ばれたら、そこに書かれている言葉を読み上げたり、出演者によって促されて参加したりするうちに物語が進行していく。観客とキャストのやりとりは、アドリブのようでいて実は戯曲の段階でかなり計算されつくしたやりとりになっており、やがて観客も主人公を演じるキャストと共に、人生で「ステキなもの、ステキなこと」を探る旅が始まる、という舞台となっている。

『エブリ・ブリリアント・シング』の日本語初演に翻訳・演出として参加するのは、2019年夏に上演された『福島三部作』で注目される谷 賢一。谷は、劇作・演出のみならず『最後の精神分析』の翻訳で小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞しており、翻訳でも一目置かれた存在。
谷自身、ルーマニアのシビウ演劇祭で本作を観劇して以来、日本語上演を切に希望しており、今までにない上演形態に心惹かれ、早速、原作の英語台本の翻訳にとりかかった。

出演者は一人だけ。さらに、取り囲む観客を「自分が語る物語」に引き込む、という難役に挑戦するのは、今年がデビュー20周年となる佐藤隆太。

【作】
EVERY BRILLIANT THING
by Duncan Macmillan with Jonny Donahoe
(ダンカン・マクミラン + ジョニー・ドナヒュー)
【翻訳・演出】
谷賢一
【出演】
佐藤隆太
【東京】
2020年1月25日(土)~2月5日(水)東京芸術劇場シアターイースト
※2019年11月16日(土)チケット発売
【新潟】
2020年2月8日(土)~11日(火・祝)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
【松本】
2020年2月15日(土)~16日(日)まつもと市民芸術館 特設会場
【名古屋】
2020年2月18日(火)~ 19日(水)名古屋市千種文化小劇場
【大阪】
2020年2月22日(土)~ 23日(日) 茨木クリエイトセンター
【高知】
2020年2月29日(土)~3月1日(日)高知市文化プラザかるぽーと

エブリ・ブリリアント・シング

PAGE TOP
November 15,2019 (Fri)
50Shades

本日ミュージカル『50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』フォトコール及び囲み取材が行われ、河原雅彦(上演台本・訳詞・演出)、浜中文一、水崎綾女、シルビア・グラブ、野口かおる、青木さやか、福田転球が意気込みを語った。

全世界で1億冊以上が売れた大ベストセラー官能小説『50シェイズ・オブ・グレイ』をパロディにして作られたコメディミュージカル『50Shades(フィフティシェイズ)!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』。

オフ・ブロードウェイで上演されるやいなや話題騒然、「大人の娯楽」を求めて男女問わず多くの観客が劇場に押し寄せた。海を越える事は不可能と思われた型破りな世界観の「エロティックコメディミュージカル」を、‟クレイジーな下ネタには造詣の深い”演出家・河原雅彦がその手腕をいかんなく発揮し、2016年に日本初演が実現。センスも破壊力も抜群、クオリティの高いロックナンバーの数々にのせて繰り広げられるおバカ度MAXなミュージカルは、日本の劇場でも観客を爆笑の渦に巻き込んだ。
初演の熱狂から3年、2019年バージョンとして11月から東京・大阪・福岡で上演される本作。「エロ」をエンターテインメントに昇華させる魔術師・河原雅彦が令和の時代でも爆笑必至の官能ワールドを作り上げる。

主人公クリスチャン・グレイ役は初演に引き続き浜中文一が続投。初演時に初主演にして「若く有能だが心から人を愛せないサディストの青年実業家」という突飛なキャラクターを見事に演じきった。最近ではドラマ『初めて恋をした日に読む話』で注目を浴びるなど演技派俳優として活躍の場を広げる浜中の、この作品でしか観られない姿は必見だ。
2019年バージョンとして、新たなキャストの参加が決定。グレイにより未知なる世界に足を踏み入れるヒロイン・アナ役には初のミュージカル出演となる水崎綾女を迎えた。カンヌ映画祭審査員賞を受賞した『光』のヒロイン役など女優として高く評価される水崎が、新境地に挑む。
そして、圧倒的な歌唱力と存在感でミュージカル界を牽引するシルビア・グラブ、一度観たら忘れられない個性的なキャラクターで魅了する野口かおる、リアリティと迫力ある演技で定評のある青木さやか、独特のコメディセンスで河原からの信頼も厚い福田転球の出演が決定。アンサンブルキャストには女装パフォーマーのレディビアード、カイル・カード、パイレーツオブマチョビアンと、あらゆるボーダーを超えた強烈なキャスト陣が集結した。

公演は、11月15日(金)から11月24日(日)まで東京・新宿FACEにて、11月29日(金)~12月1日(日)まで大阪・Zepp Nambaにて、12月3日(火)~12月4日(水)まで福岡・ももちパレスにて上演される。

【STORY】
週に一度、「本を読む会」を開催している主婦三人組パム、ベブ、キャロル。マンネリ化した性生活を送る彼女たちが選んだ本は、女子大生のアナが若き企業家のグレイに惹かれていく恋愛小説、いやその実、官能小説。
小説で描かれるのは、これまで平凡に生きてきた純真無垢な女子大生・アナと、リッチで色男、だけどとんでもない性癖を持った青年実業家・グレイの、どこまでも歪んだ愛のカタチ…。
果たしてアナの心のビッグ・ホールは、グレイのビッグ・ラブによって埋められるのか?
惹かれ合う二人の行方やいかに?!


【上演台本・訳詞・演出】河原雅彦
【出演】
浜中文一 水崎綾女 シルビア・グラブ 野口かおる 青木さやか 福田転球
/ レディビアード カイル・カード パイレーツオブマチョビアン
【東京】
2019年11月15日(金)~11月24日(日) 新宿FACE
【大阪】
2019年11月29日(金)~12月1日(日) Zepp Namba
【福岡】
2019年12月3日(火)~12月4日(水) ももちパレス

50Shades!

PAGE TOP
November 15,2019 (Fri)
阿呆浪士

2020年1月8日(水)から24日(金)まで新国立劇場 中劇場にて上演される舞台『阿呆浪士』のメインビジュアルが解禁された。

本作は、喜劇作家・鈴木聡の代表作であり、『赤穂浪士』の物語をベースに大胆に翻案したエンターテイメント時代劇。演出にラサール石井、主演に戸塚祥太(A.B.C-Z)を迎え、本作のもつ“青春物語”の側面をフィーチャーして上演される。武士道でもなく意地でもないけれど、友達のためのみならず、他人様のために命をも掛けて闘う“馬鹿な”男たちの生き様を描く。
今回解禁されるビジュアルは、浮世絵風のデザインをバックに戸塚祥太演じる魚屋・八、福田悠太演じる赤穂浪士・田中貞四郎、小倉久寛演じる大石内蔵助が討ち入りの扮装をしている粋でポップな姿。八の扮装は、ねじり鉢巻きをした魚屋の普段着の上に討ち入り用の陣羽織という“なんちゃって赤穂浪士”の、粋ながらユーモアのある姿。

主役の八を演じるのは、A.B.C-Zのメンバーで、バラエティや映画などジャンルを問わず活躍、ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」や舞台「BACKBEAT」での好演も記憶に新しい戸塚祥太。笑いたっぷり、泪ちょっぴりのエンターテインメント時代劇を謳う本作で、戸塚はコメディ作品への挑戦は今回が初めてとなる。そして本当の赤穂浪士の一人、田中貞四郎にふぉ~ゆ~の福田悠太、八が惹かれている長屋こまちのお直に南沢奈央、大石内蔵助の娘・すずに伊藤純奈(乃木坂46)。さらに、本作には欠かせない浪曲、三味線を担う浪曲師の玉川奈々福、ドラマ、舞台とジャンルを問わず幅広く活躍中の竹内都子、大石内蔵助には時代劇もコメディも硬軟自在に演じる小倉久寛と、幅広い世代の個性豊かな出演者が顔を揃えた。
チケットは11月16日(土)一般発売。
ほか詳細は公式サイトへ。

■ストーリー
時は元禄。とある⾧屋に住む魚屋の八(はち)は、ある日ひょんな取り違いから赤穂浪士の血判状を手にしてしまう。お調子者の八は、⾧屋小町のお直の気を引きたい一心で、自分が本物の赤穂浪士だ、と嘘をついてしまう。
一方、大石内蔵助は、風車売りに身をやつし、飄々と暮らしている。大石内蔵助の娘・すずは、いつまでも討ち入りを決行しない父に業を煮やして赤穂から江戸に乗りこんで来る。すずは、お調子者の八を利用し、集まってきたニセモノの赤穂浪士たちと討ち入りを決行しようとするが・・・。

赤穂浪士は赤穂の殿様に忠臣したが、阿呆浪士は阿呆の神様に忠臣する。
武士道でもない、意地でもない。
ノリよく、楽しく、正直に、あっぱれ散った、花の元禄。
乞御期待、『阿呆浪士』。



【脚本】
鈴木 聡
【演出】
ラサール石井
【出演】
戸塚祥太(A.B.C-Z)
/福田悠太(ふぉ~ゆ~)/ 南沢奈央 伊藤純奈(乃木坂46)/ 小倉久寛 ほか
【東京】
2020年1月8日(水)~24日(金) 新国立劇場 中劇場
【大阪】
2020年1月31日(金)~2月2日(日) 森ノ宮ピロティホール
【チケット】
11月16日(土)一般発売

阿呆浪士

PAGE TOP