広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

August 28,2019 (Wed)
神の子

12月15日(日)からの東京公演を皮切りに、地方6か所で上演予定のコムレイドプロデュース『神の子』。このたびビジュアルが完成、作・演出赤堀雅秋による以下文章とともに発表された。

 世田谷の狭い道をフェラーリが走る。自転車の老人が「うるせぇな」と呟きアスファルトに唾を吐く。駅前のロータリーで無職の中年男がすれ違った会社員を傘で刺す。すれ違った際に会社員のカバンがぶつかったと言う。2千万円の腕時計をチラつかせながら芸能人が田舎の老婆に涙を流す。政治家がツイッターで独り言を呟き、女子高生は爪を見る。冷房の効き過ぎる喫茶店でヤクザが少年ジャンプを熟読し、5歳の子供が汗だくで歩道を走る。「冗談じゃねぇよ」と何度も呟きながら子供が走る。風俗嬢が引退を決意し、高校教師が下着を盗む。警察官は証拠の下着をブルーシートに丁寧に並べ、冷房の効き過ぎる喫茶店でヤクザがカフェラテを飲む。小惑星が地球に接近。皆、等しく神の子。

2016年2月に上演された『同じ夢』以来、約4年ぶりの上演となる田中哲司、大森南朋、赤堀雅秋による演劇ユニット公演。かねてから親交を深めてきた3人の思いは、しがらみにとらわれず、俳優たちが真摯に物作りに打ち込める環境の中で舞台を創り上げること。今回も同じ思いの俳優たちが集まり、第二弾公演『神の子』の上演が実現する。チケットは10月12日(土)発売。ほか詳細は公式サイトへ。

【作・演出】
赤堀雅秋
【出 演】
大森南朋 長澤まさみ でんでん 江口のりこ 石橋静河 /
永岡佑 川畑和雄 飯田あさと / 赤堀雅秋・田中哲司
【東 京】
2019年12月15日(日)~30日(月) 本多劇場
【名古屋】
2020年1月7日(火)~9日(木) ウインクあいち
【福 岡】
2020年1月13日(月・祝) 福岡国際会議場
【広 島】
2020年1月16日(木) JMSアステールプラザ 大ホール
【大 阪】
2020年1月18日(土)・19日(日) サンケイホールブリーゼ
【長 野】
2020年1月23日(木) サントミューゼ
【静 岡】
2020年1月25日(土)・26日(日) 浜松市浜北文化センター

神の子

PAGE TOP
August 13,2019 (Tue)
神の子
(上段左から)大森南朋 長澤まさみ 田中哲司 赤堀雅秋
(下段左から)石橋静河 江口のりこ でんでん
赤堀雅秋の作・演出によるコムレイドプロデュース公演「神の子」が、12月15日(日)の東京公演を皮切りに、地方6か所で上演決定。田中哲司、大森南朋、赤堀雅秋の演劇ユニットが約4年ぶりに復活する。

そもそも田中哲司が光石研と舞台をやりたい、誰と何をやったら面白いか、そんな発想からスタートし、かねてから親交のあった田中、大森、赤堀が、真摯に物作りをできる場所を求めて演劇ユニットを結成。2016年2月に光石主演、麻生久美子など豪華な顔合せで、舞台「同じ夢」の上演が実現した。その後もそれぞれの熱や想いは冷めやらず、本作「神の子」の上演に至る。

時に無様な、時に滑稽な、愛すべきダメな人間たちを独自の観点で描き、独特のユーモアを交えながら観客を不思議な空間へと誘う劇作家・演出家・俳優の赤堀雅秋。近年では映画監督としても高い評価を得ている赤堀の最新作となる『神の子』は、「ヤクザだろうが、子供だろうが、警察だろうが、老人だろうが、女子高生だろうが、みな等しく‘神の子’である、という意味からタイトルを付けました」(赤堀談)。赤堀ならではの世界観にどっぷり浸かれる作品になることは間違いない。

出演は田中哲司、大森南朋、赤堀雅秋に加えて、ヒロインに長澤まさみ、更に、でんでん、江口のりこ、石橋静河、永岡佑、川畑和雄、飯田あさとと、実力も華も兼ね備えたパワフルな面々が、年末の本多劇場で濃密な芝居を作り上げる。チケットは10月12日(土)発売。ほか詳細は公式サイトへ。

◎赤堀雅秋(作・演出・出演)
最初は、哲司さん発信で、光石さん、南朋ちゃんで舞台をやろうという企画にお声がけいただいて、純粋に嬉しかったです。もともと哲司さんも南朋ちゃんも大好きな役者さんで、そういう人とどんな作品になるかもわからない所からモノ作りを一緒にできるなんてそんな幸せなことはないです。キャスティングは哲司さん、南朋ちゃんと話していく中で、ヒロインに長澤さんの名前が挙がって、まさか受けてもらえるとは夢にも思わず。僕自身の今までの作品を見てくれた上での信頼なのか、哲司さん、南朋ちゃんが顔を揃える安心感があるということもあって、大好きな役者さんたちばかり参加してくれて嬉しいです。本多劇場に豪華なキャストが集結して、あの距離感で生々しい芝居を目撃できるのは稀有なことだと思います。多分面白いものになると思うので、来てもらえたら嬉しいです。

◎大森南朋
「同じ夢」は、とにかくいろんなことを探りながら少しずつ組み立てて、すごく独特の世界を創り上げることが出来たという印象が残っています。いろんな仕事がありますが、こうやって定期的に哲司さん赤堀君と舞台を出来るのは楽しいですし、純粋に挑戦が出来る場所。そのうち大喧嘩するかもしれないですけど(笑)、仲が良い間はずっと続けたいですね。キャスティングでは、長澤さんにお願いしたいと思いまして。「お久しぶり、大森です、赤堀君の作品興味ありますか?」ってメッセージを送ったら、「はい、興味あります。」だけ返信が来ました。返事がすごく淡泊で、もし違う人だったらどうしようと思い、バッタリお会いした時に聞いたらちゃんとご本人だったので安心しました(笑)。赤堀君の作品は、どこか退廃している気持ちや絶望感など、僕らの世代の臭いが垣間見えて、切り取られている部分に共感出来ます。人を寄せ付けない空気もあるけれど、そこが観に来るお客さんには刺激なのではないかと思います。そんな赤堀君の作品にこれだけのキャストが集まり、すごく楽しみですし、大事な時間にしたいです。このメンバーが集まって、面白くないわけがない!みんなギリギリの芝居をして、アブナイ感じになると思いますので、ぜひ劇場まで足をお運びください。

◎長澤まさみ
『同じ夢』と『鳥の名前』を観に行っていて、どちらにも好きな先輩しか出ていなくて、しかもすごく好きな空気感の漂う作品で、赤堀さんの作るものが好きなんだろうなぁと漠然と感じていたんです。今回、南朋さんからメールを頂いたのはとても嬉しくて、以前共演した時からもう随分長い時間がたっているし、哲司さんも去年の夏の舞台を観に行った時に、一緒にお芝居したいなと思っていたので実現するのが嬉しいですし、とにかく好きな先輩方に囲まれてお芝居するのが楽しみです。赤堀さんの描く世界は日常の中に溢れているもので、観た人の心に住み着くものだと思います。私はそれにすごく惹かれていましたし、興味もあったので、演出を受けられることはとても楽しみです。まだどんな作品になるかは本当にわからないけれど、”感じられるもの”を届けたいと思います。頑張らないと!!と思っています。

◎田中哲司
もともとは、光石研さんと二人で飲んでいて、一緒に舞台をやりたいですね、という話から、光石さんには赤堀君が合うのではないかと思い浮かび、大森君も参加してくれることになって、「同じ夢」が上演されたんです。でも実際にやったら僕の方が楽しくなってしまって、今回実現することになりました。赤堀君の作品は、なんとなく地方都市で、人生に行き詰った人たちの小さな物語というイメージがある。僕も田舎育ちですごく懐かしいような世界を描くので、見るのも大好きです。僕自身、翻訳ものの舞台に出ることが多く、「同じ夢」の時は本当に楽しかった。ハキハキしゃべるようなセリフではなく、日常会話の様に話すせりふが多く、ミスしてもかんでもいい、あまり練習もしないようにしていました。普段舞台でできないような芝居を思う存分やらせてもらえる、映像との間というか、かといってやっぱり舞台、そういうところが楽しいですね。今回は完ぺきなキャスティング。まだどういう作品になるかわからないけど、素敵な役者が集まって、赤堀君テイストが出れば楽しい作品になると思います。

【作・演出】
赤堀雅秋
【出 演】
大森南朋 長澤まさみ でんでん 江口のりこ 石橋静河 /
永岡佑 川畑和雄 飯田あさと / 赤堀雅秋・田中哲司
【東 京】
2019年12月15日(日)~30日(月) 本多劇場
【名古屋】
2020年1月7日(火)~9日(木) ウインクあいち
【福 岡】
2020年1月13日(月・祝) 福岡国際会議場
【広 島】
2020年1月16日(木) JMSアステールプラザ 大ホール
【大 阪】
2020年1月18日(土)・19日(日) サンケイホールブリーゼ
【長 野】
2020年1月23日(木) サントミューゼ
【静 岡】
2020年1月25日(土)・26日(日) 浜松市浜北文化センター

神の子

PAGE TOP