広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
RECRUIT
HOME


NEWS

August 30,2019 (Fri)
ドン・ジュアン
(左から)生田大和、蓮佛美沙子、藤ヶ谷太輔、鶴見辰吾

藤ヶ谷太輔、蓮佛美沙子、鶴見辰吾ら豪華キャストで贈るミュージカル「ドン・ジュアン」が本日開幕。9月18日(水)までTBS赤坂ACTシアター、その後愛知県の刈谷市総合文化センターで上演される。劇場では開幕を前に囲み取材と公開リハーサルが行われ、潤色・演出の生田大和をはじめ、藤ヶ谷太輔、蓮佛美沙子、鶴見辰吾が登壇。作品にかける意気込みを語った。

◆藤ヶ谷太輔
初めてのミュージカルは初めてのことだらけで、何もかもが良い刺激です。座長ではありますが、分からないことは素直に聞き、いろんな人と話しながら、稽古場で一から一生懸命に創り上げてきました。僕のファンで観に来てくださる方は、プレイボーイなドン・ジュアンの、女性とのたくさんの絡みには嫉妬してしまうかもしれませんが、すべてをちゃんと見て“私もドン・ジュアンに抱かれたい”と思ってもらえるように頑張ります。生田さんから、『一緒に冒険に出てくれませんか』の一言からすべてが始まった、チャレンジの作品です。カンパニー全員のエネルギーやパッション、冒険、そして愛を、楽しんでください。

◆蓮佛美沙子
藤ヶ谷さんはその場に立っているだけでセクシーで、そして稽古する中で、どんどんひどい男に見えてきました(笑)。元々持っている色気が昇華されプレイボーイに変わっています。マリアとドン・ジュアンの2人のシーンは、楽しみながらも色っぽく、また美しい見せ方を必死で作りながら、お互いを愛しているという気持ちを込めて演じています。

◆鶴見辰吾
真面目で純粋な藤ヶ谷さんが悪くてセクシーな役を演じています。誰よりも気を遣って周りを見ていて、稽古場での座長としての居方が素晴らしいです。僕が藤ヶ谷くんの年齢の頃は、それはもうリアル ドン・ジュアンでしたよ(笑)。自分とは違って、藤ヶ谷さんのドン・ジュアンは本当に素敵です。クライマックスのあるシーンでは、アンサンブルの全員が涙してしまうぐらい愛情を持って取り組んでいます。なにより自分もお客として観たい作品です。

◆生田大和(宝塚歌劇団)
藤ヶ谷さんは、歌や踊りもさることながら、彼の普段の真面目さ、素直さからかけ離れた生き方をしているドン・ジュアンを、のびのびと演じ、ドン・ジュアンとして舞台上で生ききってくれました。初ミュージカルが踊りも歌も多い、この作品でとても大変だったと思います。また姿の美しさと、衣装の着こなしが素晴らしくて、衣装も喜んでいると思います(笑)。“悪徳の街セビリア”が舞台で・・・内容はなかなか殺伐とした作品ではありますが、藤ヶ谷さんの座長としての求心力のおかげで、この座組のチームワークは素晴らしく、やる時はやる、楽しむ時は楽しむというまるで一つの大家族で過ごすような稽古期間でした。


ヨーロッパを中心に広く知られる「ドン・ジュアン伝説」を、フェリックス・グレイ作曲による情熱溢れる名曲でミュージカル化した本作。2004年にカナダで初演され、その後パリや韓国でも上演。フレンチミュージカルとして大好評を博し、2016年に宝塚歌劇で日本初上演された際も大きな話題を呼んだ。

舞台はスペイン。藤ヶ谷太輔演じる主役のドン・ジュアンは女と酒、そして快楽を求め続け、数多の女達を魅了するセクシーな色男。そして彼を取り巻く女性の中に、全く対照的な二人の女性が登場する。一人はドン・ジュアンが一瞬にして恋に落ちるヒロインで、蓮佛美沙子演じるマリア。彫刻家であり、過去に囚われず今を生きる「現在的」な女性であるマリアもまた、婚約者がいるにも関わらす、ドン・ジュアンに惹かれていく。マリアとは正反対に「古典的」な女性であるエルヴィラは、ドン・ジュアンに娶るからと拐かされ修道院を出てきた娘。この大役を恒松祐里がオーディションで勝ち取った。過去の愛の言葉を信じ切り、物語後半では屈折して行くエルヴィラが演じどころとなる。

そしてドン・ジュアンの父であるドン・ルイ・テノリオに鶴見辰吾。マリアの婚約者ラファエルを演じるのは平間壮一。語り部的な役割も担うドン・ジュアンの親友カルロに上口耕平。娘をドン・ジュアンに寝取られ決闘の上殺される騎士団長(亡霊)は吉野圭吾。ドン・ジュアンを囲む女の一人である“アンダルシアの美女”として大石裕香。ドン・ジュアンのかつての女であり、今は彼を見守る年上の女性イザベルは春野寿美礼が演じる。当日券情報ほか詳細は公式サイトへ。

◆ストーリー
ここはスペイン、セビリア……
数多の女たちを魅了し、快楽を求め、愛を貪るプレイボーイ、ドン・ジュアン。今宵もまた一人の乙女が彼の毒牙にかかる……
乙女の父親である騎士団長は娘を穢された怒りに駆られ、ドン・ジュアンに挑む。だが父親の怒りを嘲笑うかのように、ドン・ジュアンは非情にも騎士団長の命を奪ってしまう。それが後にドン・ジュアンを苦しめる「愛の呪い」の始まりだと、知る由も無く……
ここはスペイン、セビリア。生と死、そして愛が交錯する街。

【作詞・作曲】
フェリックス・グレイ
【潤色・演出】
生田大和(宝塚歌劇団)
【出演】
藤ヶ谷太輔 / 蓮佛美沙子
平間壮一 上口耕平 恒松祐里
吉野圭吾 大石裕香 春野寿美礼
鶴見辰吾

風間無限 鹿糠友和 仙名立宗 高瀬育海 俵和也
西田健二 MAOTO 宮垣祐也 渡辺崇人
弓野梨佳 小石川茉莉愛 島田友愛 鈴木百花
谷須美子 則松亜海 花岡麻里名 平井琴望 松島蘭


【東京】
2019年8月30日(金)~9月18日(水) TBS赤坂ACTシアター
【愛知】
2019年10月1日(火)~5日(土) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

2019年アーカイブ

PAGE TOP
August 28,2019 (Wed)
神の子

12月15日(日)からの東京公演を皮切りに、地方6か所で上演予定のコムレイドプロデュース『神の子』。このたびビジュアルが完成、作・演出赤堀雅秋による以下文章とともに発表された。

 世田谷の狭い道をフェラーリが走る。自転車の老人が「うるせぇな」と呟きアスファルトに唾を吐く。駅前のロータリーで無職の中年男がすれ違った会社員を傘で刺す。すれ違った際に会社員のカバンがぶつかったと言う。2千万円の腕時計をチラつかせながら芸能人が田舎の老婆に涙を流す。政治家がツイッターで独り言を呟き、女子高生は爪を見る。冷房の効き過ぎる喫茶店でヤクザが少年ジャンプを熟読し、5歳の子供が汗だくで歩道を走る。「冗談じゃねぇよ」と何度も呟きながら子供が走る。風俗嬢が引退を決意し、高校教師が下着を盗む。警察官は証拠の下着をブルーシートに丁寧に並べ、冷房の効き過ぎる喫茶店でヤクザがカフェラテを飲む。小惑星が地球に接近。皆、等しく神の子。

2016年2月に上演された『同じ夢』以来、約4年ぶりの上演となる田中哲司、大森南朋、赤堀雅秋による演劇ユニット公演。かねてから親交を深めてきた3人の思いは、しがらみにとらわれず、俳優たちが真摯に物作りに打ち込める環境の中で舞台を創り上げること。今回も同じ思いの俳優たちが集まり、第二弾公演『神の子』の上演が実現する。チケットは10月12日(土)発売。ほか詳細は公式サイトへ。

【作・演出】
赤堀雅秋
【出 演】
大森南朋 長澤まさみ でんでん 江口のりこ 石橋静河 /
永岡佑 川畑和雄 飯田あさと / 赤堀雅秋・田中哲司
【東 京】
2019年12月15日(日)~30日(月) 本多劇場
【名古屋】
2020年1月7日(火)~9日(木) ウインクあいち
【福 岡】
2020年1月13日(月・祝) 福岡国際会議場
【広 島】
2020年1月16日(木) JMSアステールプラザ 大ホール
【大 阪】
2020年1月18日(土)・19日(日) サンケイホールブリーゼ
【長 野】
2020年1月23日(木) サントミューゼ
【静 岡】
2020年1月25日(土)・26日(日) 浜松市浜北文化センター

神の子

PAGE TOP
August 27,2019 (Tue)
“新感線39(サンキュー)イベント《博多の陣2019》”


今年39周年を迎える劇団☆新感線がお届けする話題作・いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』が、満を持して9月6日(金)より博多座に初見参。この上演を記念して、応援イベント“新感線39(サンキュー)イベント《博多の陣2019》”開催が決定した。

『けむりの軍団』やゲキ×シネ作品のパネル展やプロデューサーによるトークショー、ゲキ×シネ上映やプレゼント企画など新感線のエンターテイメントを様々な形で“しゃぶり尽くせる”キャンペーンだ。

◎イベント1:新感線39パネル展
9月6日開幕の、いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』と、T・ジョイ博多で上映予定のゲキ×シネ『髑髏城の七人』Season月《上弦の月》、《下弦の月》、『修羅天魔』の貴重な舞台写真やポスターを展示するパネル展を開催!
場所:TSUTAYA天神ショッパーズ福岡
期間:2019年9月2日(月)~23日(月祝) 8時~23時
※入場無料。会場では新感線DVDや関連書籍の販売も予定

◎イベント2:劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕トークショー
1980年代の小劇場ブームを牽引した「第三舞台」出身で、現在は「劇団☆新感線」エグゼクティブプロデューサーとして同劇団の快進撃を支える細川展裕(ほそかわのぶひろ)のトークショーを開催!昨年、自叙伝『演劇プロデューサーという仕事「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか』を出版した細川氏が、同本の内容に触れながら、演劇のウラ側とオモテ側、新感線のあんな話・こんな話をお届けします!
場所:TSUTAYA天神ショッパーズ福岡 新感線39パネル展会場
期間:2019年9月2日(月)18時30分より(30、40分程度予定)
※入場無料。『演劇プロデューサーという仕事』ご本人サイン会の予定あり

◎イベント3:ゲキ×シネ最新作『髑髏城の七人』Season月《上弦の月》が9/13(金)公開!
話題のゲキ×シネ最新作『髑髏城の七人』Season月《上弦の月》が同時期にT・ジョイ博多にて上映開始!生の舞台で新感線の醍醐味を味わうも良し、映画館の大スクリーンで興奮と感動を味わうも良し、この機会にぜひ両方体験してみて下さい!
場所:T・ジョイ博多
期間:2019年9月13日(金)~19日(木)
料金:2,000円
※スケジュール・チケットの詳細はゲキ×シネ公式サイト 

◎イベント4:ゲキ×シネ『乱鶯』特別上映実施!
『けむりの軍団』の脚本家である倉持裕氏が初めて劇団☆新感線とコラボした作品、いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK『乱鶯』(2016年上演)のゲキ×シネ特別上映が決定!一夜限りのスペシャル上映となります!舞台とゲキ×シネを“ハシゴ”することもできるよう上映時間も18時からに設定!『けむりの軍団』と併せて、倉持×新感線ワールドを映画館の大スクリーンでご堪能ください!
場所:T・ジョイ博多
日時:2019年9月12日(木) 18:00
料金:1,800円
※詳細はT・ジョイ博多

◎特別プレゼントキャンペーンのお知らせ
博多座で公演する『けむりの軍団』と、T・ジョイ博多で上映するゲキ×シネ『乱鶯』又はゲキ×シネ『髑髏城の七人』Season月《上弦の月》の半券(またはそのコピー)を所定の用紙に貼って博多座、TSUTAYA天神ショッパーズ福岡に設置してある応募箱に投函、またはT・ジョイ博多のスタッフに直接お渡しいただけると、抽選で10名の方に劇団☆新感線のDVDが当たるプレゼントキャンペーンを開催!
(『けむりの軍団』は博多座公演、ゲキ×シネ『乱鶯』、『髑髏城の七人』Season月《上弦の月》はT・ジョイ博多上映分に限る)

期間:2019年9月2日(月)~23日(月祝)
※応募方法などの詳細は、博多座、T・ジョイ博多、TSUTAYA天神ショッパーズ福岡に設置のポスター・チラシをご参照ください。

けむりの軍団公演情報はこちら

2019年アーカイブ

PAGE TOP