広告代理・宣伝制作・PR (株)ディップス・プラネット

NEWS
COMPANY
INFORMATION
SERVICE
WORKS
CONTACT
HOME


NEWS

July 24,2020 (Fri)
配役発表

11月3日(火・祝)にIHIステージアラウンド東京で開幕するミュージカル『るろうに剣心 京都編』。先般より主なキャストは発表されていたが配役は未発表となっており、SNSなどでは誰がどの役を演じるかを予想するなど盛り上がりを見せていた。その大注目の配役を、7月23日(木)に主演の小池徹平をはじめ主要キャストが集結し、YouTubeのライブ配信にて発表。初々しくも和やかなやり取りや、これから始まる稽古に期待を馳せた楽しげな会見となった。

配役発表会ではまず、既に発表済みの緋村剣心役・小池徹平が登場。本作の劇場となる「IHIステージアラウンド東京」からの配信であることを明かし、「『るろうに剣心』は小学生の頃から読んでいた大好きな作品です。剣心を演じるのがめちゃめちゃ楽しみです。演出の小池先生には体幹を鍛えるように言われているので、殺陣が激しい作品になるんじゃないかなと思っています」と、本作で主演を務める喜びを語った。

待望の配役発表は各キャストがそれぞれの場所から配信。まず一人目は、本作で剣心の最大の敵となる志々雄真実役の黒羽麻璃央。「僕の中でナンバー1漫画であり、ナンバー1アニメである『るろうに剣心』に出演し、志々雄真実を演じられるのは……最高です!」とコメント。小池とは初共演となるが、黒羽は、自身の芸能界入りのきっかけとなった第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにゲストとして登壇していたのが小池だと言い、「先輩!」と感無量の様子。小池は「強烈なキャラクター。『るろうに剣心』の中でも代表的な悪役で、魅力的。絶対対決することになるので、どんな感じになるのかワクワクしかない」と楽しみにしている様子を見せた。
剣心を支えるヒロイン神谷薫役を演じるのは綺咲愛里。「立場ある役をさせていただけるということで光栄であるとともに、身の引き締まる思いです。薫らしい強さ、可愛らしさを表現していきたい」と話した。
剣心のもう一人のライバル・四乃森蒼紫役の松下優也は「人気キャラクターというプレッシャーはあります。でも、2020年上半期は空白の時間があったので、年末に向けて“吐くほど“頑張りたいです」と意気込む。
志々雄の右腕である瀬田宗次郎役の加藤清史郎は「宗次郎は志々雄さんに助けてもらって、志々雄さんに忠実な思いを持っている青年。そういう部分も出しながら、宗次郎の感情の葛藤も表現できたら」とコメントした。
蒼紫を想い続ける巻町操役の鈴木梨央は「人見知りなところがあるので頑張りたいです」と控えめ。蒼紫役の松下は「僕も人見知りです。一緒なので仲良くできますね!」と和ませる。斎藤一役の章平は、斎藤の必殺技“牙突“で登場してキャスト達を盛り上げ「早く劇場でやりたいです!ウズウズしています」と連打。キャストたちを笑わせた。
志々雄に寄り添う駒形由美役は仙名彩世。仙名は綺咲の宝塚歌劇団の先輩だが、綺咲が「仙名さんはいつも優しくて。今回ご一緒できるのがとても嬉しいです」と話すと、仙名は「私が2期上なんです。初めての共演です!」と喜んだ。剣心の師匠・比古清十郎役の山口馬木也は、IHIステージアラウンド東京で芝居の経験があり「今、徹平くんの後ろに見えている劇場を見るだけで汗が止まらない!」とコメント。本条鎌足役の奥野壮は「ジェンダーレスの役は初めてで、難しいとは思いますが、しっかり役作りをして頑張りたいです」と意気込んだ。そして、相楽左之助役の岐洲匠は、稽古中の別作品でコロナウイルス感染者が出た為に大事を取って欠席。「僕は元気です!自宅待機をしながらYouTube配信を楽しんでいます。ミュージカル初挑戦なので、不安もたくさんありますが、共演者の方々に助けてもらいながら、精一杯左之助を演じたいと思っています」とコメントを寄せた。

また、キャストはフリップで意気込みを発表。
黒羽が書いたのは【悪の美学】「志々雄真実は原作の和月先生が『悪の美学の集大成』とおっしゃっているんですね。さまざまな悪役の中でも、ここまで悪に徹して自分を『極悪人』と言える男はなかなかいないなと思います。包帯で顔を隠している役なので、中身で勝負しないとけないなと思っています」
綺咲は【初舞台】「昨年、宝塚歌劇団を卒後業して以来、初の舞台となります。喜びも緊張もありますが、頑張りたいと思います」
松下は【剣の道】「『るろうに剣心』に出てくるキャラクターは何かを背負って“剣の道“を生きてる人ばかりなので、僕も含めて全員のそういうお芝居を楽しみにしてもらえたらと思います」
加藤は【瀬田宗次郎=加藤清史郎】「宗次郎と僕は、身長が同じで体重もほとんど変わらない。宗次郎はいつもニコニコしてるんですけど、僕もそういうところがあるので。あとは宗次郎の凄腕剣士という名を汚さないように殺陣を頑張ります」
鈴木は【体幹を鍛える】「初めてのミュージカルなので緊張していますが、体幹を鍛えて頑張ります!」
章平は【トイレでヨッシャ】「出演が決まった時、嬉しすぎてトイレに行き、ヨッシャ!と叫びました」
仙名は【華やかに、鮮やかに!!!】「由美の華やかな存在感。そして生き様が潔くてかっこいいので、その生き様がお客様に鮮やかに残ったらいいなと思っています」
山口は【若返り】「役の年齢は近いですが、バッキバキですし、剣心の師匠でしょう?なんとか若返らないとこの役はできないなと思っています」
奥野は【美しさ、強さ】「『るろうに剣心』ならではの大胆な殺陣の中で、鎌足ならではの美しさやしなやかさを表現したい。ただその中にも力強さがありますし、プラス志々雄真実への愛という強さを表現できればと思っています」

盛り沢山な配信に小池は「斬新な発表で楽しかったです。早く皆さんと直接会いたい」と感想を語り、最後に「キャスト一同劇場でお待ちしています!」と呼びかけた。若手からベテランまで個性豊かな実力派が顔を揃える本作に期待が集まる。配役発表会のアーカイブ動画やチケット情報など、詳細は公式サイトから。

■あらすじ
幕末の世、かつて最強と恐れられた“人斬り抜刀斎”緋村剣心。
明治維新後、剣心は<不殺(ころさず)の誓い>を立て、逆刃刀とともに放浪の剣客“流浪人”として全国を旅していた。訪れた東京で仲間たちと出会い、大切な人を守るため、動乱の時代を生き抜いた剣心の、新たなる戦いが始まるー。

【原作】
和月伸宏 「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)
【脚本・演出】
小池修一郎(宝塚歌劇団)

【出演】
小池徹平 黒羽麻璃央 松下優也 加藤清史郎
岐洲 匠 奥野 壮(男劇団 青山表参道X)
綺咲愛里 鈴木梨央
仙名彩世 章平 山口馬木也

吉田メタル 猪塚健太 松浦 司 キャッチャー中澤 梶原 颯 城妃美伶 阿部 裕

藍 実成 浅川文也 飯作雄太郎 伊藤寛真 鹿糠友和 黒沼 亮 笹川慎一朗 寒川祥吾
鮫島拓馬 柴原直樹 清水 錬 楢原じゅんや 西村 聡 早川一矢
熊澤沙穂 彩月つくし 杉浦小百合 美翔かずき 横関咲栄 吉田 繭


【日程・会場】
2020年11月3日(火・祝)~12月15日(火) IHIステージアラウンド東京(豊洲)

ミュージカル『るろうに剣心 京都編』

PAGE TOP
July 23,2020 (Thu)
ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」宣伝画像______
(C)東京グローブ座/ヴィレッヂ

劇団☆新感線旗揚げ39周年にあたる2019年に“39サンキュー興行”と称して上演された生田斗真主演舞台「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」。大阪、金沢、松本公演を行い、明けて2020年に東京、福岡公演を予定していたものの、コロナ禍により残念ながら東京は一部中止、福岡は全公演中止となった本作が、ゲキ×シネとなってスクリーンに登場。

「偽義経冥界歌」のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経は、歴史上の一大事に大きく関わっているというだけではなく、その後、数多なる物語に登場しており、実は偽物説、影武者説等、ドラマティックな謎を多く抱えているという魅力的な人物でもある。その義経が実際に奥州に匿われていたという史実をベースに、奥州三代の盛衰の行方も絡めつつ、中島脚本ならではのファンタジーも散りばめたストーリーが展開。主人公の偽義経、<源九郎義経・みなもとのくろうよしつね>を演じるのは、新感線に4度目の出演となる生田斗真。繊細でナイーブな演技から、すべて振り切った強烈におバカな役柄までを完璧に演じ切る生田が、新感線の本格的な時代劇のど真ん中でも、華やかで魅力的な源九郎として、そして座長としても作品を牽引する。
今作は、主人公の偽義経を中心としながらもまるで群像劇のような、それぞれの人間ドラマをも堪能できる味わいの作品であり、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメント。《ゲキ×シネ》版では映像・音声ともにスクリーン用に編集・ミックスし、洗練されたクオリティと臨場感溢れる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができる。他では決して観られない極上のエンターテインメント時代劇を映画館の大スクリーンで楽しむことができる。

【作】 中島かずき  演出:いのうえひでのり
【出演】 生田斗真 / りょう 中山優馬 藤原さくら /
粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴 / 三宅弘城 / 橋本さとし 他
【時期】 未定
【会場】 新宿バルト9他、全国にて公開。
【配給】 ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
【著作】 東京グローブ座/ヴィレッヂ


ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」公式サイト

2020年アーカイブ

PAGE TOP
July 19,2020 (Sun)
4
撮影:木村直軌

安田顕主演『ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~』が18日、シアターコクーンで開幕した。今後は仙台、札幌、大阪公演を経て、なかのZERO大ホールでの東京凱旋公演まで上演される。劇場からは初日公演を前に、通し稽古での様子と演出の白井晃、主演の安田顕からのコメントが届いた。

2

Q. 初日開幕ですが、お二人から意気込みをお願いいたします。

◎白井晃:
50%とはいえ、やっと観客の皆さんに劇場で作品を見ていただくことができます。
出演者と観客の皆さんが一緒にいる、この劇場の空気感を味わえることを楽しみにしています。

◎安田顕:
困難な状況の中、まずは初日を迎えるにあたって、関わってくださった皆様に感謝申し上げます。全身全霊で、マイケルという役を務めさせて頂きます。

Q. 演出の白井さんに、これまでも何度か日本でも上演し続けられてきた作品ですが、今回の作品の大きな違いはどこでしょうか。

◎白井晃:
今までの上演は二幕ものでしたが、今回は一幕通しになっています。私は、青井先生の演出での上演を拝見できていないので、残念ながら比べることができません。ただ、50年前に初演されたこの作品が、今の日本にも通じる問題であることを大きく意識して創っています。

Q. 稽古前にも大変な下調べをされていたようだと白井さんも舌を巻かれていたそうですが、主人公を演じるにあたっては何か特別な思いがございましたか?

◎安田顕:
自分が役を演じるからには、その人物のことを愛したいのですが、マイケルに関して並べる言葉は、実はマイナスな部分が多かったんです。孤独で、雄弁で、傍観者で、自分が傷つきたくないから人を傷つけてしまう。でも、なんだか憎めない人だなと。この人間臭いところが、共感できるところであり、不思議と愛せるところでもありました。

Q. 今回の環境下では、ソーシャルディスタンスを意識して、演出的な部分でどういった部分に配慮されましたか?

◎白井晃:
キスなどの行為は無しにしました。また、ハグも顔を離しての軽めのものにしたり、対面の演技の場合、出来うる限り向き合う時間を無くすように心がけています。また、パーティーシーンでの食事は全てフェイク物で、タバコなども本火は使わず、口にはつけずに食べたり吸ったりしているように見える形で演技をしてもらっています。さらに、舞台美術を通常より、舞台面奥に設定し、観客席との距離を取るように図っています。

Q. 演じる側として、現在の環境に配慮せざるをえない状況で演技をするやりにくさを克服するためにキャスト陣でしていること、または個人的な心構えなどがありましたら教えてください。

◎安田顕:
キャスト陣、そして個人的な心構えも含めてですが、白井さんの演出をとにかく信じて、実直に演じるということを心掛けております。

Q. これからご覧になられる方々へ、お二人が感じる作品の見どころを教えてください。

◎白井晃:
50年前、LGBTを扱った作品としては画期的なものだった本作は、社会の中でマイノリティとされた人々の苦しみと悲しみに満ちています。誰がマイノリティになるかは、その線引き次第でいつでも変化します。安田さん演じる主人公の切なさを、自分たちの問題として考えていただけたらと思います。全く個性の異なる9人の男優たちによる、舞台上での化学反応を楽しんでいただけたらと思います。

◎安田顕:
お客様には、役者同士のぶつかり合いの芝居の中で出てくるエネルギーや思いを生で感じていただければと思います。

3

51年前に初演され、演劇界のみならず社会にも大変な衝撃を与えた本作。昨年ブロードウェイで新たに構築し直し、トニー賞の演劇リバイバル作品賞を受賞した。主演のマイケル役にTEAM NACSの安田顕。マイケルの恋人ドナルド役に馬場徹、真面目な数学教師のハンク役には川久保拓司、誕生パーティーのプレゼントとして派遣されてくる男娼のカウボーイに富田健太郎。インテリアデザイナーのエモリーに浅利陽介、ファッションカメラマンのラリーに太田基裕、アフリカ系米国人のバーナードに渡部豪太。マイケルの友人である弁護士で、メンバー内では唯一のストレート、アラン役に大谷亮平。そしてこの夜の誕生パーティーの主役でもあるハロルド役に鈴木浩介。豪華キャストたちが白井晃演出とのタッグで新たな『ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~』に挑む。ほか公演の詳細は公式サイトへ。

1

◆ストーリー
真夏のニューヨーク。アッパー・イーストサイドにあるマイケルのアパートでは、ゲイ仲間のハロルドの誕生日を祝う 準備が進められていた。次第に仲間たちが集まりパーティーが始まろうとしている時、マイケルの大学時代の友人、 アランがやってくる。唯一のストレートであるアランの存在はマイケルたちの感情に変化をもたらし、雰囲気が徐々に険悪になりつつある中、パーティーの主役であるハロルドが現れる。パーティーは更に荒れ、マイケルは強引に「告白ゲーム」を始める。それは、心から愛している、または愛していたと思う相手に電話をかけ、直接「愛している」と告げると言うものだった。これをきっかけに、それぞれの過去や本音が暴露されていく。

果たして、それぞれは誰に電話をかけ、どんな告白をするのか。そして、マイケルにゲイであることを隠していると責められるアランは一体誰に告白の電話をかけるのか。
やがてパーティーの宴が終わったあと、男たちはどこへ向かうのか……。

【原作】
マート・クローリー
【演出】
白井晃
【出演】
安田顕
馬場徹 川久保拓司 富田健太郎 

浅利陽介 太田基裕 渡部豪太
大谷亮平 鈴木浩介

【東京】
2020年7月18日(土)~7月28日(火) シアターコクーン
【仙台】
2020年8月8日(土)~8月9日(日) 東京エレクトロンホール宮城
【札幌】
2020年8月15日(土)~8月16日(日) カナモトホール(札幌市民ホール)
【大阪】
2020年8月21日(金)~8月23日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【東京凱旋】
2020年8月27日(木)~8月30日(日) なかのZERO大ホール

ボーイズ・イン・ザ・バンド

PAGE TOP